>
>
>
人見知りの原因「完璧主義」の対処法!人付き合いを良好にしよう

人見知りの原因「失敗過敏」「公的自己意識」とは③

コラム①では、人見知りについて概観していきました。コラム②からポイントを絞って人見知りについてより深く解説しています。少しおさらいすると、「①遺伝と気質の関係」「②なぜ人と話せないか」「③診断チェック」でしたね。

今回は、①人見知りの原因についてご紹介します。

人見知りは失敗過敏?

齋藤(2009)は、大学生474名に対して、完璧主義と心理的な影響について調査を行いました。

その結果、消極的完璧主義(正確には失敗過敏)のある方は
「人間関係の当惑に影響する」
ことがわかりました。

これに対して、積極的完璧主義(高目標設定)を持つ方は、
「幸福感が高まる影響がある」
ことがわかりました。

以下の図をご覧ください。

上記の図の数字は相関係数と呼ばれるものです。簡単に説明すると、AとBはどれぐらい関連しているかという数字で、心理学的には0.4~0.6の数値はある程度関連していると解釈していきます。人見知り傾向が強い方は「ミスをしてはいけない」「嫌われたくない」と考えるあまり、ますます人見知りを増幅されている可能性もあります。

公的自己意識と人見知り

人見知りのように周りからの視線に意識が向いてしまうことを「公的自己意識」呼びます。「公的自己意識」が増大すると、対人不安が起こりやすいと考えられています。キム(2005)の研究では、522名を対象に調査票を用いて、「公的自己意識がメンタルへルスにどんな影響を与えるか?」について調査を行っています。

その結果、上記の図のように公的自己意識は「対人不安」や「同一性確立(自分らしさの欠如)」に影響することが分かりました。他人の目を気にしすぎると、人とコミュニケーションを取るのが怖くなったり、自分らしく振る舞うことが難しくなってしまうのですね。

他人の評価は、人によって毎回変わるため、日常生活のなかで、あなたのことをよく思っている人もいれば、そうでない人もいるでしょう。例えば、あなたの趣味に関心を持っている人もいれば嫌いな人もいます。また、あなたの地元が好きな人もいれば嫌いな人もいます。

その都度変わる評価に毎回付きあっていては、常態的に不安にさいなまれることになります。もちろん公的自己意識は社会的に必要なものですが、意識しすぎは注意が必要です。

男性特有のプレッシャー

人見知りだと「対人関係でいつも損をしてしまう…」と考える人が多いかもしれません。しかし人見知りには別の側面もあるようです。石田(1998年)が大学生を対象に行った、友人関係の親密さとシャイとの関連を調べた研究を見ていきましょう。

調査では、大学へ入学して8か月経過した新入生を対象に「大学へ入学してから最も仲良くなった人」を思い浮かべてもらい、その人との関係について回答してもらいました。その結果、シャイな女性はシャイでない人と同じくらい、友人と親密性を築くことができることが分かったのです。

この調査では「親密性」について、以下の3つの視点で分析を行っています。

①関りの多さ
自分や相手からコミュニケーションをとる

②相手からの親密性の推測
相手が自分のことを好意的に感じていると推測する

③相手に対する親密性
自分が相手のことを好意的に感じている

まずは女性のテスト結果を見ていきましょう。
女性の場合、シャイな人とシャイでない人とに親密性に差はないことが分かります。

人見知りな女性親密度のテスト結果

つまり女性の場合、シャイな人もシャイでない人と同じくらいの割合で友人と親密な関係を築くことができると感じているのです。

一方、男性のテスト結果は以下の通りです。男性の場合、シャイな人とシャイでない人とに親密性で明確な差が出ていることが分かりますね。

人見知りな男性親密性のテスト結果この調査では「親密性テスト」と合わせて「シャイネステスト」も実施しました。そこで2つのテスト結果を詳しく分析してみたところ、特定の男性について次のことが分かりました。

男性は
「相手からの関わり」が多い場合でも、
「相手からの好意」は低いと推測をする。

つまり男性は、コミュニケーション機会が多い相手に対しても好かれていないと捉えてしまうことがあるのです。このような認知には「シャイのレベル」が関与していると考えられています。

この結果から、シャイで人見知りな男性は人間関係において相手との仲の良さを過小評価してしまうと推測できます。

このような男性の特性は、日本人の文化が影響しているのかもしれません。日本では昔から「謙虚」や「奥ゆかしさ」が重んじられ、自分を過大評価するより過小評価する方が、良い印象を持たれる側面もあります。人見知り傾向がある男性は、相手からの好意を小さく見積もって、謙遜してしまうのかもしれませんね。

人見知りの原因を理解しよう

周りの目を気にする傾向や完璧主義は、人見知りの原因であることをお伝えしました。自分ができる限りのコミュニケーションができばOKと柔軟に考えることが大切です。また、男性は「自分は人見知りだ!」と感じやすいので、自己認識の問題も関わってきます。

次回は、「人見知り診断」の対処法をご紹介します。

★失敗OK!の姿勢で、思考を柔らかくほぐし、人見知りに対処しよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

目次

①人見知りの対処法-概観
②遺伝と気質の関係とは
③「失敗過敏」「公的自己意識」
④人見知り簡易診断でチェック
⑤公的自己意識」を和らげる
⑥完璧主義を前向きに改善
⑦改善する考え方「あるがまま」
⑧「社会的スキル」を学ぼう

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

出典・参考文献
自己志向的完全主義の特徴 : 精神的不健康に関する諸特性との関連から 2009 齋藤, 路子; 今野, 裕之; 沢崎, 達夫 対人社会心理学研究. 9 P.91-P.100
キム(2005)韓国と日本の大学生における対人不安と同一性,公的自己意識,相互依存的自己との関係 パーソナリティ研究 14(1), 42-53, 日本パーソナリティ心理学会
石田靖彦 (1998) 「友人関係の親密化に及ぼすシャイネスの影響と孤独感」. 社会心理学研究 , 14 (1) , 43-52.