>
>
>

人見知りの特徴・原因・対処法!上手に付き合おう

人見知り


人見知りの特徴や原因!3つの対処法で人見知りな性格と上手に付き合おう⑤

人見知りと上手に付き合う方法

今回が「人見知り」コラムの最後です。ここまで4回のコラムでお伝えしたことをおさらいしていきます。一緒に確認していきましょう。

 

3つの原因と対処法

コラム①人見知りの特徴・原因では、人見知りになってしまう3つの原因をご紹介しました。

・自意識過剰
・完璧を求めてしまう
・目標が高すぎる

人見知りの原因や特徴を知ることは、人見知りの気持ちと上手く付き合うための第一歩です。自分はどのタイプの人見知りに当てはまるのか考えて、対策していきましょう。

人見知りと上手に付き合う3つの対策

人見知りの対処法人見知りコラム②③④では、3つの原因を解決する具体的な方法をご紹介しました。

1:「事実集め」で考え方を修正
人見知りになってしまう1つ目の原因「自意識過剰」の対処法です。

今ある「事実」に注目して、冷静な目で客観的に自分を見ることが大切でしたね。コラム②でご紹介したように、コミュニケーションを避ける原因になってしまっている自分の思い込みが、単なる気にしすぎだったと気付くことができれば、人見知りへの苦手意識が軽減されるはずです。

2:思考パターンをほぐす
人見知りになってしまう2つ目の原因「完璧を求めてしまう」の対処法です。

・「○○しなければならない」
→「○○できたらいいな」

・「○○に違いない」
→「○○かもしれない」

というように、完璧主義な考えを柔らかい表現で言い換えることが大切でした。コラム③にあるような練習を繰り返すことで、自然と柔らかい考え方ができるようになりますよ。

3:小さな目標を達成する
人見知りになってしまう3つ目の原因「目標が高すぎる」の対処法です。コラム④でご紹介したように、小さな目標を立てる時のポイントは

・現実的であること
・具体的であること

の2つでした。このポイントを意識して、小さな成功体験を積み重ねることで、人見知りの特徴である「失敗するのが嫌だ」という気持ちもだんだんと薄れていくはずです。

人見知りの特徴を知って人生を楽しもう

人見知りの特徴

「人見知り」コラムでは、人見知りで悩んでいる方、初対面から良い関係を築きたい方、コミュニケーション能力に悩んでいる方向けに、正しい知識を解説してきました。

コラムを読み終えて、人見知りと上手く付き合うコツを理解し、やってみよう!と思っていただけたら嬉しいです。

最初にお伝えしたように、人見知りは人間の本質的な感情で、無理になくそうとしなくても大丈夫です。ただ、人見知りを理由に人間関係を避けるのではなく、自分の中の人見知りを受け入れ、上手に付き合っていくことで、メリットがたくさん生まれるということも知っておいてくださいね。

 

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「人見知り」コラムにお付き合いしていただき、ありがとうございました!これからの人生、自分の中の人見知りと上手に付き合っていくことができれば、仕事でもプライベートでも、よりコミュニケーションのチャンスが広がります。

人と関わることの楽しさや充実感も得られるはずです。まずは、ご紹介した対処法や練習問題をやりながら、日常生活の中で意識してみてください。

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★人見知りも個性の一つ。上手に付き合って、人との関わりを増やそう



3つの対処法を実践しよう