>
>
>
人見知りを克服する方法「社会的スキル」を学ぼう⑧

人見知りを克服する方法「社会的スキル」を学ぼう⑧

コラム①では、人見知りについて概観していきました。コラム⑤からは、具体的な人見知りの克服方法を解説しています。少しおさらいすると、「①公的自己意識を和らげる」「②失敗OKな気持ちを増やす」「③あるがまま森田療法」「④社会的スキルを学ぼう」でしたね。

今回は、④社会的スキルを学ぼうについてご紹介します。

3つのスキルで人見知り克服

ここからは、具体的な社会的スキルの高め方を解説していきます。人見知りを克服するための社会的スキルを高める方法、は大きく分けて以下の3つがあります。

ただ、全てご紹介すると長くなってしまうので、ここでは導入の部分のみを解説していきます。より具体的に知りたい場合には、各コラムへのリンクがありますのでクリックして参照ください。

①アサーティブを学ぶ

アサーティブとは、自分も相手も大切にする自己表現のことで、自他自尊の自己表現ともいわれています。

・自分の考えや気持を正直に伝える
・相手の意見や気持ちも大切にする

これら2つについて、状況に応じてバランスよく取り入れことが大切とされています。まずは自分のことを考え、他者にも配慮するという自己表現がアサーティブです。

人見知りな人は、相手の意見や気持ちを優先するあまりで、自分がないがしろになりがちです。積極的にアサーティブな自己表現を身に付けていきましょう。

自分の意見を伝えられない…という方は、アサーティブを学ぶとお互いを尊重したコミュニケーションができるようになります。

アサーティブをより深く知りたい方は下記をご覧ください。
・非主張的タイプとは
・攻撃的タイプの特徴
・Iメッセージで伝えよう
アサーティブとは?意味やトレーニング方法をチェック!①

②会話スキルを磨く

このように会話は人生を決定づけると言っていいほど、私たちが生きていくうえで本質的なものだと言えます。人見知りを克服するうえでも会話がスキルは要となります。では、会話を築く力を高めるにはどうすればいいのでしょうか?

私たちの会話は、極論すると「傾聴」「発話」のどちらかをしています。そのため会話上手を目指すなら、傾聴スキルと発話スキルの2つをしっかりできるようになればいいのです。

それぞれ以下のようなスキルがあります

①傾聴スキル
・相槌の技術
・事実・感情のオウム返し
・感情のオウム返し
・言い換えのオウム返し
・かなり言い替えたオウム返し
・適切な自己開示
・5W質問
・感情の質問
・名詞的肯定返し
・人間性肯定返し

②発話スキル
・5W1H発話
・自分へ質問法
・感情表現法
・繰り返し表現
・~ぐらい法
・ウイキペディア発話法
・3×3発話法

え!これ全部マスターするの?と思われるかもしれないですが、とりあえずは重要なものをクリアできればいいと思います。会話スキルを身に付けることで、人見知りな方が苦手とする初対面の会話もスムーズ出来るようになります。

会話が苦手…という方は会話スキルを磨くことで、人見知り克服に大きく近づくことができます。

会話スキルをより深く知りたい方は下記をご覧ください。
・1日の会話量とは
・会話と死亡率
・スキルを高める方法
会話入門コラム①精神保健福祉士が徹底解説

③専門機関を利用する

社会的スキルを独学で学ぶことに不安がある場合は、専門家の元でしっかり学ぶこともお勧めしています。 私たち臨床心理士・精神保健福祉士は、人見知りの克服、雑談力の向上、深い関係の構築などを目指し、人間関係講座を開催しています。独学に限界を感じた方、コミュニケーションを体系的に勉強されたい方のご参加をぜひお待ちしています。

執筆者も講師をしています(^^)
 ・会話力を高める
 ・傾聴・発話の習得
 ・話しが続くコツ
初学者向けコミュニケーション教室を開催しています

社会的スキルで人見知りを克服!

今回は、人見知りを克服するための社会的スキルの高め方を3つご紹介しました。会話の能力は人間関係を構築していく上で、もっとも大切になります。

特に初対面が苦手という…人見知りの方には、会話テクニックを知ることで、コミュニケーションの不安を取り除くことができます。まずは、1つだけもご自身で試してみてくださいね。

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「人見知り」コラムにお付き合いしていただき、ありがとうございました!これからの人生、自分の中の人見知りと上手に付き合っていくことができれば、仕事でもプライベートでも、よりコミュニケーションのチャンスが広がります。

人と関わることの楽しさや充実感も得られるはずです。まずは、ご紹介した対処法や練習問題をやりながら、日常生活の中で意識してみてください。

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★社会的スキルを高めて人見知りを克服!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

目次

①人見知りの対処法-概観
②遺伝と気質の関係とは
③「失敗過敏」「公的自己意識」
④人見知り簡易診断でチェック
⑤公的自己意識」を和らげる
⑥完璧主義を前向きに改善
⑦改善する考え方「あるがまま」
⑧「社会的スキル」を学ぼう

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→