>
>
>

笑顔の作り方「感情と表現のバランス」について臨床心理士が解説

笑顔,作り方


笑顔の作り方「過剰な笑顔は要注意」-臨床心理士監修④

笑顔の作り方のコツを知ろう

コラム③では、笑顔トレーニングの目標達成に活用できる「スモールステップ計画表」についてご紹介しました。例題を元に自分用のトレーニングメニューを作ってみてくださいね。今回は「笑顔の割増は2割まで」について解説します。

感情労働とは?

まず最初に、心理学の分野で最近研究されている「感情労働」について紹介させてください。

感情労働とは、本来の感情を抑えて行う職場労働の事です。社会学者A・R・ホッシールドが提唱した理論で「Emotional Labor」という言葉からきています。

感情労働労働が起こりやすいのが
・看護職
・接客業
・クレーム担当
・秘書業務
・集金関連
などの仕事です。

これらの仕事では、感情をコントロールして仕事を行うため「本当の感情」と「実際に表現する感情(表層演技・深層演技)」に乖離(かいり)が生じる事が増えます。このような状態が続くと、人間は精神的な疲労を覚えるため、肉体疲労以上のストレスを貯めてしまう事にもなります。感情労働の問題

感情の乖離は、日常生活でも多かれ少なかれあるでしょう。しかし、無理をしすぎると大きなストレスになってしまうため、自分の感情も大切にして過ごすことが大切です。

過剰な笑顔は注意

感情の乖離が問題になるケースは「マイナスの感情」にも関わらず、笑顔を作るなど「プラスの表現」をしなくてはならない時です。

例えば、
・大切なペットが亡くなった・・・
 次の日は笑顔で出社しなくてはならない。

・上司から叱られて落ち込んだ・・・
 数分後に笑顔で接客をしなくてはならない。

・恋人と別れてとても悲しい・・・
   今夜は笑顔で発表会に挑まなければならない。

こんな時でも笑顔になるというのはとても疲れてしまいます。

このように辛い心理状況でも笑顔で過ごさなければならない事は少なからずあります。しかし、これを絶えず続けていると疲れ果ててしまい、人と関わること自体に苦痛を覚えてしまいます。特に過剰な笑顔を要求される仕事や環境の方で、笑顔を作る事に疲れているなと感じているなら要注意です。

笑顔の割増は2割まで

では、マイナスの感情にも関わらず笑顔が必要な場面でマイナスの感情が強い時にどのような対処をすると良いでしょうか。

基本的には「バランスをとる」ことを考えたいですね。

どちらかの感情だけに重きを置くのではなく、自分が許容できる範囲の精神的な疲労度とその環境を天秤にかけて判断していきます。

目安は
笑顔の割り増しは2~3割程度に抑える
です。

2~3割以上の笑顔だと会話に疲れてしまいますが、2~3割程度ならなんとか楽しんで会話ができます。「笑顔になれないな…」という時は、”笑顔は2割増しでよい”と心がけてみてくださいね。感情労働ストレスからバランスの良い笑顔づくりについて解説しています

練習問題!ストレスを貯めない笑顔

それでは、ここでマイナスの感情がある時に笑顔を作っていく、気持ちの持ち方をトレーニングしてみましょう。

問題1
あなたはデパートに勤務しています。昨日、自分のミスでクレームが発生しとても落ち込んでいるため、今朝も憂鬱な気分です。とても笑顔で接客する気持ちになりません。どんな気持ちで仕事に挑むと良いでしょうか?

 

解答例
→仕事だから笑顔は大切だが、自分の気持ちを抑えすぎるとストレスがたまってしまう。今日は、ほほえむ程度の笑顔で乗り切ってみよう

 

問題2
友人の誘いで飲み会に行く事になりました。人見知りなため、初対面の人と笑顔で話せる自信がないため、心理的な負担になっています。どんな心構えで飲み会に望むと良いでしょうか?

 

 

解答例
→せっかくの誘いだからお付き合い程度で参加してみよう。無理に笑顔でいる必要はない。雰囲気に合わせて少し笑顔になれればOkとしよう。場の雰囲気に合わなくても、自分の感情を大事にしよう。笑顔の作り方をトレーニングしよう

本当の感情を大切に!笑顔を作ろう

感情に添わない過剰な笑顔は、自分自身のストレスが溜まってしまうのが分かりましたか。精神的なストレスをおさせるためにも、笑顔は2割増し程度と心がけることです。過度に感情を抑えると、メンタルヘルスにも悪影響を与えかねません。自分に無理なく感情労働のバランスをとって楽しく過ごす様に心がけましょう。

次回は、自然な笑顔の作り方「笑顔体操」をご紹介します。

★本当の感情に合わせた 笑顔づくりを心がけよう!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。



本当の感情も大切にバランス良く表現しよう