>
>
>
スマイルが苦手で意識しすぎは要注意!

スマイルが苦手!意識しすぎでストレス過多にならないために④

「スマイル」が「ストレス」になる時

コラム③では、スマイル練習で目標達成をするための「スモールステップ計画表」についてご紹介しました。例題を参考に自分に合わせたの目標を立ててみてくださいね。今回は「スマイルは少し増やすだけでOK」について解説します。

過剰なスマイルで「感情労働」になる

まず最初に、心理学で近年研究が盛んに行われている「感情労働」について紹介させてください。

感情労働とは、本来の感情を抑えて行う職場労働の事です。社会学者A・R・ホッシールドが提唱した理論で「Emotional Labor」という言葉からきています。

感情労働労働になりやすい職業は、
・看護職
・秘書業務
・集金関連

・接客業
・クレーム担当
などの仕事です。

これらの仕事では、本来とは違う感情を作りだして仕事を行うため「本当の感情」と「実際に表現する感情(表層演技・深層演技)」に乖離(かいり)が生じる事が多くなります。こうした心理状態が長い間つづくと、精神的な苦痛を感じるため、肉体疲労以上のストレスを溜め込でしまう事にもなります。

感情の乖離は、普段の生活でも多少なりともあるはずです。しかし、それが大きくなりぎると多大なストレスを抱えてしまうため、自分本来の感情を大切にして過ごすことが大切です。

スマイル意識しすぎは注意!

感情の乖離の大きな問題点は「本来はネガティブの感情」であるのにも関わらず、スマイルを意識なければならないなど「ポジティブな表現」する必要がある時です。

例えば、
・長年連れ添った愛犬が亡くなった・・・
 翌朝、元気なスマイルで出社しなくてはならない。

・上司から怒鳴られて気分が沈んでいる・・・
 数分後にスマイルで接客をしなくてはならない。

・恋人にフラれてひどく悲しい・・・
   今夜はスマイルを大切に発表会に挑まなければならない。

こんな状況でもスマイルを意識するというのは、かなりストレスフルであると想像できるでしょう。

辛い心理状況でもスマイルを崩してはならない事は誰しもあるかと思います。ただ、この状態が長期化すると、人と会うことにも苦痛を感じてしまいます。特に常に最高のスマイルを要求される職業についている方や、そういった環境で生活している方で、スマイルすること事に疲れを感じている場合は要注意です。

スマイルを増やすのは20%まで

では、ネガティブな感情が強い状況であるにも関わらずスマイルを求められる場面では、どのような対処をすると良いでしょうか。

基本として、「バランスをとる」ことを考えたいですね。

どちらかの感情だけを重視するのではなく、精神的な疲労度といまの環境を踏まえて、本来の感情と外に出す感情のバランスを取っていきます。

目安は
スマイルを増やすのは20%~30%程度にする
です。

普段の30%以上、スマイルを増やすと人との会話に疲れてしまいますが、20%増しぐらいなら、心のウエイトも少なく会話ができます。「今はスマイルなんて…」という時は、”笑顔は2割増やすだけでよい”と考えてみてくださいね。

適度なスマイルを身に付ける練習!

それでは、ここでネガティブの感情の時に適度なスマイルを作る、気持ちの切り替え法をトレーニングしてみましょう。

問題1
あなたは百貨店で働いています。30分前、自分のミスで大きなクレームを起こしてしまい、上司からひどく叱られてしまいました。とても憂鬱な気分です。笑顔で接客できるほど心に余裕がありません。この時どんな気持ちで仕事に取り組むと良いでしょうか?

 

解答例
→仕事だからスマイルは重要だが、気を張りすぎて気持ちを病んでしまったら元も子もない。長い目で見て、今は少しスマイルを意識するだけに留めて、心を休めることに集中しよう。元気がもどった時にまた頑張ればいい。

問題2
友達の誘いでパーティーに参加する事になりました。人見知りが激しいので、初対面の人とスマイルを保ちながら話ができる自信がありません。「参加するって言わなきゃよかった・・・」と後悔し、ネガティブな気分になっています。どんな気持ちでパーティー望むと良いでしょうか?

 

 

解答例
→せっかくの機会だから人見知りを治すためにも参加してみよう。無理でスマイルを作る必要ない、その場の流れで自然とスマイルになれればOkとしよう。もし、スマイルができず表情が硬くなっても、そのパーティーが自分に合わなかっただけと考えれば受け止められる。

少しのスマイルで本来の感情を大切に!

感情を押し殺して、スマイルを意識しすぎると自分自身のストレス過多になってしまうことがわかりました。心理的な負担を軽くするためにも、スマイルは20%増しほどにしておくことが大切です。感情を偽りすぎると、いずれメンタルへルスも不健康なものになってしまいます。本来の感情と「感情労働」のバランスをとって本音と建て前を上手く使い分けるように心がけましょう。

次回は、自然にスマイルができるようになる「スマイル体操」をご紹介します。

★「スマイル」を「ストレス」変えないように20%増しを心掛けよう!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。