>
>
>
束縛を解消する心理テクニック「限界設定」とは

束縛を解消する心理テクニック「限界設定」のコツ②

コラム①では、束縛について概観していきました。今回は対処法の1つ目「限界設定」について解説していきます。

対象となるお悩み
・自己犠牲してしまう
・限界を超えて相手に尽くす
・彼氏,夫といると正直疲れる

 

  • 全体の目次
  • ①束縛とは何か?
  • ②限界設定とは
  • ③アサーションとは
  • ④ソーシャルサポートとは

彼氏や夫による束縛が辛くなる原因として、相手に適応しすぎてしまうこと挙げられます。この状態を放置すると、いずれ我慢の限界が訪れ、心身に悪影響を及ぼします。

束縛は心理的に悪影響

束縛されている状態で我慢が続いている場合、「過剰適応」という状態が疑われます。過剰適応とは、必要以上にその環境に自分を合わせてしまう状況を意味します。

以前相談を受けたAさんは過剰適応で悩んでいました。

Aさんは同棲している彼氏に夜21時以降は外を出歩いてはいけないと束縛をうけていました。Aさんは、門限に対して不満を持っていましたが、それも彼氏の愛情だと思って受け入れていました。

しかし、彼氏と付き合ってからというもの、人づきあいが激減。飲み会にも呼ばれなくなり、昔の異性の同級生とも疎遠になってしまいました。
協調性を高めるには想像力が必要
こういった状況は過剰適応の可能性があります。束縛されている時は、時間を失ったり、心理的なストレスとなることがあります。彼氏の気持ちに寄り添うのは、自分の余裕の範囲内で、健康的に行うものなのです。

では適度に相手の要求を受け入れるには、どのような事を心がけると良いのでしょうか?

健康的に彼氏・夫と付きあう

健康的に彼氏と付き合うには以下の3点が重要です。

①相手の気持ちを考える
まずは相手の状況や気持ちを考える

②限界設定を考える
自分がどこまで適応できるか考える

限界設定をする

③気持ちよく手伝う
一度決めたらその範囲内は気持ちよく手伝う

このようなステップで行います。ポイントは、「限界設定」です。限界設定とは「自分には、ここまでは適応するけど、ここから先は適応をしない」という基準の部分になります。

この部分をハッキリさせておくと、自分ができる範囲内で付き合うことができるので、束縛の心理的負担も少なくなります。

Aさんの例で考えてみましょう

①相手の気持ちを考える
「〇〇君、私が居なくならないか心配なんだよね。」

②限界設定を考える
「でも、夜19時以降に出歩けないのは厳しい。限界は21時以降まで。」

③気持ちよく手伝う
「私のことを心配してくれてありがとう。不安だよね。でも、門限が19時は早すぎて辛い。早くても21時までは自由にさせてもらたい。」

こんな形で「限界」をしっかり相手に示すのです。

協調性を高める方法

束縛に長く苦しんでいる方は、自分の限界があいまいになっています。必要以上に我慢をしてしまって、結果的に自分の首をしめてしまいます。

自分ができる範囲内で付き合う行う。そして、一回限界を決めたらそこまでは気持ちよく応じる!ということを心がけましょう。

練習問題

あなたは彼氏の束縛が激しくて悩んでいます。ラインの返信を少しでも遅らせると、彼氏から電話やラインが何件も入ってきて、少し恐怖を感じています。あなたは、もう少し彼氏に柔軟になってほしいと感じています。以上のような状況で以下の3つのステップについて考えてみましょう。

長文になっているので

箇条書きをつかって読みやすくしてみてください

①相手の気持ちを考える

②限界設定を考える

③気持ちよく手伝う

 

 

解答例

①相手の気持ちを考える
ラインが帰ってこないことを不安に思っているんだろうな。

②限界設定を考える
すぐに返信したい気持ちは山々だけど、仕事もあって現実的に難しい。少なくとも、仕事の時間だけはすぐには返せないことを伝えてみよう。

③気持ちよく手伝う
私のことを心配してくれてありがとう。でも、朝8時〜夜18時までは会社に行っているから、すぐには返信できないの。それ以外の時間帯なら、なるべくすぐに返信する。

束縛から抜け出そう

このように、彼氏と付き合う時に限界設定をしておけば、相手も自分も距離感を取りやすくなり、柔軟な関係を築きやすくなります。

まったく相手に応じなかったり、逆に協調しすぎもNGです。健康的な範囲内で、お互いがリラックスして付き合えるように、助けあいましょう。

視点を変えて協調性を高めよう

次回は、束縛への対処法2つ目「アサーション」についてご紹介します。

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→