>
>
>
束縛彼氏とスムーズに話し合う「アサーション」とは

束縛彼氏とスムーズに話し合う「アサーション」とは③

コラム①では、束縛について概観していきました。解決策としては、「①限界設定」「②アサーション」「③アイメッセージ」の3つでしたね。

今回は「②アサーション」について解説していきます。

自己表現3つの特徴

コラム①でも少し解説しましたが、自己表現には3つのタイプがあります。まずはおさらいをしていきましょう。アメリカの心理学者ウォルピィ(Wolpe,J.)によれば、以下の3つの自己表現があるとしています。

① 攻撃的タイプ
(アグレッシブ)
ドラえもんでいえばジャイアンタイプです。このタイプは、自分の気持ちを一番に考えます。そして時には他人を傷つけたり、迷惑をかえりみない行動をします。自分の主張ははっきりと伝えるが、相手の気持ちはスルーの状態です。束縛する彼氏は攻撃的タイプなことが多いです。

② 非主張的タイプ
(ノン・アサーティブ)
ドラえもんでいえばのび太タイプです。このタイプは、自分より相手を優先し、自分のことを後回しにします。自分の気持ちや意見を抑えて周りと協調したり、流されやすいタイプです。束縛されてしまう傾向にあります。

③ アサーティブなタイプ
(攻撃的・非主張的の黄金率)
ドラえもんでいえばしずかちゃんタイプです。 自分の気持ちや考えを率直に、その場に適した方法で表現できます。 そして相手が自分と同じように、発言できる空気感も作っていきます。

つまり、束縛されやすい方はなるべくアサーションに自己表現していくことが大切です。相手の意見を受け入れ、自分の意見もしっかり伝えることで、束縛を緩めて行きましょう。

「アイメッセージ」とは何か?

アイメッセージは、「アサーション」の分野で活用されるテクニックで、自分の気持ちを相手に伝える時に「私は…」を主語にしたメッセージを使っていく方法です。例えば、以下のような表現がよく使われます。

・(私は)もう少し自由になりたい
・(私は)そう言われると悲しい
・(私は)そう言われて辛かった

重要なのは、主語を「私」にすることです。主語を私にすることで、相手のテリトリーを守りつつ、柔らかい表現ができるようになります。アイメッセージのコツはあくまで、自分の感情を相手に表現するだけで、判断はいったん相手に任せることが特徴と言えます。

〇〇してほしい!と相手の行動に対して発言するのではないんです。あくまで判断をゆだねている点で、相手を尊重した伝え方になります。

「YOUメッセージ」とは?

アイメッセージとは反対に、主語を「あなたは…」とするテクニックをYOUメッセージと言います。例えば、以下のような表現がよく見られます。

・(あなたは)束縛が激しいよ
・(あなたは)なんでそんなこと言うの?
・(あなたは)なんでわかってくれないの?

このように、相手のテリトリーに踏み込んでいくような表現方法はYOUメッセージよりになってきます。「あなたは…」を主語にすると、相手をコントロールする表現になり、言い方が厳しくなります。どうしてもというときは、YOUメッセージを使うこともありますが、角が立ちやすいというデメリットがあります。

アイメッセージ、YOUメッセージはそれぞれ短所長所がありますので、場合に応じて使い分けるようにしましょう。ちなみに筆者はアイメッセージが多く、緊急時や信頼関係ができる仲間であれば、YOUメッセージを使うこともあります。

アイメッセージの使い方

アイメッセージを実践する際は、まずはさりげなく自己表現することが大切です。具体例を用いて解説していきます。

例文

ミツコさんは、3年間お付き合いしている彼氏がいます。ミツコさんは最近、リノベーション業界の会社に転職し、男の職人さん達と一緒に仕事することが多くなってきました。そのせいか彼氏の束縛が激しくなり、休日もひっきりなしに連絡がかかってきます。ミツコさんは仕事の疲れもあり、もう少し彼と会う頻度を落としたいと考えています。

レベル1さりげなく伝える
⇒疲れがたまっている素振りを見せる。

レベル2アイメッセージ
⇒(私は)最近、仕事が変わってバタバタしてるんだよね。

レベル3ユーメッセージ
⇒(あなたは)もう少しデートの回復を減らそうよ。

このように、急にアイメッセージで伝えるのではなく、第一歩としてさりげなく相手に気がついてもらうという方法を取ります。そして、アイメッセージを伝えて、それでも相手が対応してくれない場合は、最後の手でユーメッセージの強い表現で伝えます。

レベルを3ステップほどに分けることで、柔らかい言い回しになりトラブルをさけつつ、自分の率直な気持ちを伝えることができるのです。

アイメッセージを実践!

アイメッセージとユーメッセージの使い分けについて練習を行っていきましょう。さっそくですが問題に入ります!以下の状況で2つの伝え方を考えて見てください。

練習問題
ハナコさんの彼氏は束縛がキツく、ラインの友達に男性を入れてはいけないというルールを課しています。しかし、ハナコさんは新しく始めたバイトの関係で、先輩の男性にラインに教えてなくてはならない状況にあります。なんとか、彼氏を説得したいと考えています。

レベル1さりげなく伝える

レベル2アイメッセージ
⇒(私は)

レベル3ユーメッセージ
⇒(あなたは)

解答例
レベル1さりげなく伝える
⇒実は最近始めたバイトが、連絡を密に取らなくちゃいけない感じなんだよね。

レベル2アイメッセージ
⇒(私は)先輩の男性にライン聞かれたちゃったんだ。

レベル3ユーメッセージ
⇒(あなたは)このルールは少し厳しすぎると思う。

ユーメッセージで束縛解除!

練習問題はいかがだったでしょうか。まずは、さりげなく相手に自己表現することで、さらに柔らかい印象で自分の意見を伝えることができます。束縛を抜け出すためにも、アイメッセージを活用して自分の状況や感情を伝えていきましょう。

次回は、束縛から抜け出すための「ソーシャルサポート」について解説していきます。

★アサーティブは自分を主語にして伝えよう!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

人間関係講座

目次

①束縛する彼氏-概観
②「限界設定」のコツ
③「アサーション」とは
④「ソーシャルサポート」

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→