>
>
>
シンパシーを得るための4つ技術

シンパシーを得るための4つ技術ー心理学のプロが教える心の読み方③

コラム②では、シンパシーを得るための1つ目の方法「「一度」相手になってみる」について考えました。一度の考えを脇に置いて相手の立場を考えることで、徐々に考え方を改善することが大切でしたね。

今回は、シンパシーを得るための2つ目の方法「4つの技術でシンパシー得る」について解説します。

4つの技術で共感的理解をしよう

コラム①でもお伝えしたように、私たち精神保健保健福祉士は、大学院で徹底的に共感(シンパシー)についての訓練を受けます。共感的理解ができない精神保健福祉士は、一人前として仕事ができないからです。

このトレーニングが厳しくて厳しくて…という愚痴は置いておいて。今回は、共感的理解を鍛えるトレーニングとして、4つのポイントをご紹介します。

 

①表情をよく観察する
シンパシーの基本は相手の表情を観察ことです。

・楽しそうか?
・悲しんでいるか?
・何か言いたそうか?
・機嫌が悪そうか?
・嬉しそうか?
・緊張しているか?

などなど、表情から相手の気持ちを想像してみるようにしてください。「口では前向きなことを言ってるのに、表情は辛い顔をしている」「嬉しいといっているのに話なのに、怒った顔をしている」など、話の内容と表情に違いある時は、要注意です。

言葉だけで相手の感情を判断していると、シンパシーを感じることはできません。共感がないコミュニケーションになってしまいます。何を話しているかだけでなく、表情を観察して話の内容と照らしあわせるという作業が重要になります。

 

②相手の表情を真似にする
嬉しい話をしている時は、相手も嬉しそうな表情になってほしいですよね。逆に辛くて泣きながら話しているのを、相手も悲しい顔をして話を聞いてもらえると、「理解してくれた」という気持ちになります。

専門家は、相手の表情と自分の表情を合わせることを心がけています。慣れていないとぎこちない表情になってしまうため、少し高度なテクニックになります。意識しすぎず、「ナチュラルに可能な範囲内で表情を合わせる」くらいに考えてみてください。

 

③相手に質問を投げかける
「表情から相手の感情が読めない」
「想像しきれない…」

こうした時は、ストレートに相手の気持ちを質問してみましょう。もちろん、本音を話してくれないシュチュエーションあるため、タイミングは、時と場合、聞く相手は重要です。ただ、相手に関心をもって質問を投げかけることは、シンパシーを感じるための一つの手段です。質問の仕方を、このあとの練習問題で考えてみましょう。

 

④相手の言葉を繰り返す
シンパシーを相手に示す方法として「相手の言葉を繰り返す」という簡単な方法があります。共感を相手に伝えるためには必要不可欠となりますから、しっかり習得していきましょう。

例えば、相手が「やった!うれしい」と言ったら、自分も「うれしいんだn」と、相手の感情をくり返します。「あなたの気持ちは私に伝わっています」という感情を言葉にして伝えることが大切です。

シンパシーを得るための練習問題

ここで、先ほどご紹介した4つのポイントを抑えた上で、共感的理解の練習問題に取り組んでいきましょう。

練習問題1
あなたの親友が「実は学校でいじめられていて、辛い状況なんだ」と話してくれました。親友にとって、AとB、どちらの方が共感が伝わるでしょうか。

A:安心感を与えるために笑みを浮かべながら聞く

B:つらい表情で相手の顔を見ながら聞く

⇒考えてみよう!

 

 

解答例
親友からすればBの方が気持ちを分かってもらえたと感じます。「つらい話題」に対して「つらい」表情で話を聞いてもらえると、それだけでシンパシーを感じるものです。

共感的理解のポイント②「相手の表情を真似する」というテクニックですね。同じテクニックを活用した問題をもう一問やってみましょう。

 

練習問題2
あなたの同僚が、「実は昇進が決まったんだ。これから頑張らないと(^^)」と話しています。AとB、どちらの方が共感が伝わるでしょうか。

A:「そっか!これからもっと努力しなよ」
  と真面目な表情で励ます

B:笑顔で「よかった!すごいじゃん(^^)」と喜ぶ。

⇒考えてみよう!

 

解答例
Bの方が共感を伝わりますね。相手は、自分の喜びに対して「笑顔」で返してもらえると、この人は「自分のことのように」喜んでくれていると感じることができます。「共感」を示すには、相手と表情をシンクロさせることが大切だとわかります。ナチュラルに表情を真似することが前提となりますが、可能な状況であれば表情を相手に合わせるようにしましょう。

 

練習問題3
あなたには、始めての部下ができました。部下は実家でご両親の介護をしているようです。新人さんが入ってきた時は親睦会を開くのが会社の恒例行事です。

しかし、今回は少し状況が違うため、忙しそうな部下に飲み会に行きたいかどうかを質問しました。部下は「親睦会ですが、なるほど・・・」と無表情で解答しました。

部下は普段からクールで表情から気持ちが読み取りづりいタイプです。そこであなたは部下に対して、質問をすることにしました。どんな質問をするといいでしょうか。

⇒考えてみよう!

 

 

解答例

感情表現が得意ではない人との会話の場合、共感を示すことは難しいものです。この場合はストレートに質問をしてしまうのも1つの手段となります。ただし質問をするにしても内容によってNGとOKがありますので注意が必要です。

NGな質問

・やっぱり介護、大変?
・正直めんどくさい?
・いつなら飲み会やれそう?
こうした質問はよろしくありません。「最初から相手が介護を嫌がっている」前提で質問すると、「どうせお前は介護なんてしたくないんだろ」と言っていることとイコールになります。

相手からしてみれば、この人は私の状況をネガティブに捉えているんだなと感じさせてしまうことになります。これは、相手の意思で介護をしている可能性もあるからです。また、いつなら飲み会やれそう?という質問も少し強制的なニュアンスがあるため、配慮が足りないと思われる恐れがあります。十分に信頼関係が構築できてから行うようにしましょう。

OKな質問

・飲み会は参加する方なの?
・お酒は強い方?
・特に親睦会は開催してもしなくてもOkなんだけど、どうかな?

このような質問であれば相手への気遣いを示すことができます。真意がわからない場合にはいくつかの質問をしてみて、細かな感情の動きやフレーズから手がかりを得ることができます。この状況は少しレベルが高いですが、1回の質問でわからない場合はコミュニケーションの数を増やしながら考えていきましょう。

 

練習問題4
あなたの親友が「実は学校でいじめられていて、辛い状況なんだ」と話してくれました。親友にとって、AとB、どちらの方が共感が伝わるでしょうか。

A:「いじめられるのは辛いね。」

B:「そうだったんだね、それはひどく落ち込んでしまうな。」

⇒考えてみよう!

 

解答例
勘の良い方は気づいたかもしれませんが、これはひっかけ問題です。どちらも正解です。ただし、Aは親友の言葉をシンプルに短く繰り返しただけなので、初級向けです。プロの場合はBを使うことが多いです。多少を言いかえて相手の言葉をオウム返しをするわけですね。よりナチュラルな会話になるので参考にしてみてください。

シンパシーは努力で鍛えられる

共感的理解の練習問題はいかがでしたか。「配慮が足りない」と周りから言われたり、周囲とぶつかることが多い方は、適度に挑戦してみてください。

今回のコラムでは、シンパシーを表現するための技術について解説しました。一つ注意点として抑えておきたいのは、これらのトレーニングは、本来プロが行うものです。

必ず日常生活で意識しなくてはならないと考えると「不自然な」受け答えになり、逆に共感を示すことができなくなる可能性があります。できる範囲内で、活用してみてくださいね。

次回は、シンパシーを感じるための3つ目の方法「「感情」と「考え方」を分ける」についてご紹介します。

★シンパシーは「表情の観察」「表情の真似」「質問」「繰り返す」で鍛えられる

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。



心の読み方を学ぼう