>
>
>
シンパシー感じる方法!

シンパシー感じる方法!人間関係を円滑に④

「感情」と「考え方」を分けよう

コラム③では、シンパシーの4つのポイントを紹介しました。可能な範囲から取り入れてみてくださいね。今回は、シンパシーを得るための方法の3つ目「感情と考え方を分ける」について解説していきます。

考え方を理解すると感情が分かる

コラム1でもご説明をしましたが、振り返りをすると、心理学の研究では、人間の感情は考え方に影響されることがわかっています。例えば、「宝塚のチケットが当たった!一緒に見に行かない!」と友人から誘われたとします。みなさんは、どのように感じるでしょうか。

大きく分けると、

「うれしい」
「嫌だ」

のどちらかに分かれると思います。

「うれしい」と感じた方は、
・宝塚の演劇を見てみたい
・普段見れないものを見れる
などの考え方があると思います。

「嫌い」と感じた方は、
・舞台なんて興味ないし
・少しめんどくさい
などの考え方があるのかもしれません。

このように、人間の感情は考え方によって大きく左右されるということをまずは抑えておきましょう。

シンパシーを感じるには「考え方」に注目!

相手にシンパシーを感じて、相手の気持ちに寄り添って物事を考えることはとても大切です。そうは言っても、なかなかシンパシーを感じられない!という方は、「考え方」狭くなっている可能性があります。

実は、「感情だけに共感する」のはかなり難易度が高く、考え方も合わせてはじめて強く相手に共感することできるのです。

シンパシーを感じる時のポイントは、相手の話を「考え方」「感情」に分けて、まずは考え方から理解することです。少しピンと来づらいと思いますので、練習問題でチェックしてみましょう!

練習問題

次の文章を読んで、「考え方」と「感情」に分けてみましょう。

「実は、いま会社でいじめに遭っていて、すごくつらいの。だって仕事って、同じ仲間と協力して楽しく進めるものでしょ。」

「考え方」⇒

 

「感情」⇒

 

解答例

「考え方」⇒仕事って、同じ仲間と協力して楽しく進めるものでしょ。

「感情」⇒すごくつらい

まずは「考え方」に焦点を当てます。仕事って、同じ仲間と協力して楽しく進めるものでしょ。…この点はいかがでしょうか。一つの考え方ではあると思いますが、完全にそう言い切れるものではありません。

「仕事の目的はなれあうことであなく、成果を上げることだ!」

このように考える方もいるでしょう。ただし、この考え方では周りとシンパシーを感じられず、衝突してしまう恐れがあります。確かに仕事の目標は成果を上げることですが、「楽しく進める」というのも必要なことではないでしょうか。

特に会社では、周りの人の協力が大事です。職場の仲間で楽しく充実して仕事に取り組むことは、間違えではないはずです。

考え方を「部分肯定」をする

多くの場合、考え方が全て誤っていることはありません。人の考えには一定の理由が必ずあるものです。その一部分を理解することができればシンパシーは感じられると考えましょう。

少しの部分でも相手を認められれば、感情も自然と分かってきます。具体的には、私であれば

「確かに仕事は楽しく進められた方がいい(考え方)ですよね。険悪なムードのなかで毎日働くのはちょっと参ってしまいます(感情)。」

という形で返していきます。相手の考え方を確認をすると→自然と参ってしまいますよね・・・と感情も理解することができます。

全てに共感しているわけではないですが「考え方に一部共感できることがあるよ」と伝えるイメージですね。つまり、シンパシーを感じるのが苦手な方・共感力に自信がないと感じる方は

①考え方から共感できる部分を見つける
    ↓
②部分的でOkなので考え方を理解する
    ↓
③そこから得られた感情とセットで返す

と覚えておくと良いでしょう。

広い考え方がシンパシーをもたらす

100%相手の「考え方」を共感を示すのではなく、一部分で十分です。まずは、考え方の中で理解できる部分を見つけることが大切です。相手の気持ちに寄り添い、「そうなんだね」と考え方を受け入れる言葉が伝えられれば、自然と感情にも共感することができます。自分のペースで、できることから少しずつ試ししてみてください。

次回は、シンパシーを感じるため4つ目の方法「程よい距離感を保つ」についてご紹介します。

★シンパシーは広い考え方から!相手の共感できる部分を探そう!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→