>
>
>
シンパシー得るためのポイント!

シンパシー得るためのポイント!程よい距離感で気持ちが分かる⑤

程良い距離感でシンパシーを

コラム④では、シンパシーを感じるための方法として『「感情」と「考え方」を分ける』をご紹介しました。相手の気持ちを理解できないとあきらめるのではなく、まずは「考え方」から共感できる部分を探すことで「感情」も自然に理解できるようになるという方法でしたね。

今回は、シンパシーを感じるための方法4つ目「程よい距離感で共感する」について解説していきます。

距離感が心地良いシンパシーを作る

相手も自分もお互いに心地良い、そんな雰囲気が作れれば理想的ですね。しかしなかなかそのさじ加減が難しいものです。過剰に相手の気持ちに合わせる癖をつけると

「過剰適応」

につながってしまいます。過剰適応とは、相手や環境に自分を合わせすぎることで、ストレスが増えてしまうことを意味します。

相手のシンパシーを感じることは人間関係を作る上で大切ですが、自分を犠牲にしてしまっては元も子もありません。心地良い雰囲気には、これまでご紹介した方やポイントを実践すると同時に、相手と程良い距離感を保つことも大切です。

例えば、自分とは異なる価値観の人に対して「なるほど、そういう考え方もあるのか」という程度で共感するイメージです。「少しだけ受け入れる」ぐらいの距離感で共感できれば、「共感疲れ」も軽減することができます。

 

程良い距離感を作る練習!

それではここで、程よい距離感を確認するために、練習問題をやってみましょう!

練習問題
① まずは次の文章を読んでみましょう。

「納豆にケチャップをかけると、すごくうまいんだよね〜!」

② あなたは納豆にケチャップをかけるのはNGと感じています。さて、どんな反応をするか考えてみましょう

 

考えてみましたか?

 

解答例
次のうちどれが一番近いでしょうか?

A:「いや、ありえない」「それは無理」

B:「へ〜、美味しいんだね〜!」

C:「ちょっと食べてみようかな!」

あなたの解答は、A、B、C、どちらの反応に近かったですか。詳しい解説を見ていきましょう。

解答例A
「いや、ありえない」「それは無理」に近い反応の方は、注意が必要です。Aは、相手の考え方を完全に否定していますよね。もちろん、ベースとして信頼関係がしっかりと築けていれば、少し否定的なことを言っても受け入れられるかもしれません。

ただ、毎回自分の好きなものを否定されると誰でも不快な気持ちになってしまいます。否定することが普段から多いかも…という方は、意識して注意してみてください。

解答例B
「へ〜、おいしいんだね〜!」に近い反応の方は、程よい距離感が保てているでしょう。Bは、相手の言葉をシンプルにオウム返しをしているリアクションです。オウム返しの使える点は、自分の意見は必要ないという点です。

「おいしいんだね」というのは相手が主語なので、実際は自分の意見は言っていないのです。反応に困ったらとりあずオウム返し!と頭に入れておくと程よい距離感を保てるでしょう。

解答例C
Cは好きでもないものを食べようとしているので「過剰適応」に当たります。こういったリアクションが癖になると心にストレスが増加してしまいます。間違っても、無理してケチャップ入りの納豆を食べて本当はマズいのに「おいしかったよ!」と自分を偽らないでくださいね(^^;

気持ちを尊重して共感を示そう

練習問題はスムーズに回答できましたか。相手の価値観を受け入れるための程よい距離感を掴めていただけたら幸いです。

シンパシーを感じるために、相手に全力で感情移入しなければ!と考え方もいるかもしれません。しかし、力が入り過ぎては自分も相手もストレスになってしまうので注意しましょう♪

次回は、シンパシーコラムのまとめとしてご紹介してきたポイントの振り返りをします。一緒に確認していきましょう!

★シンパシーは程よい距離が大切!反応に困ったらオウム返しを使おう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。



程よい距離感を保とう