>
>
>
シンパシー得るためのポイント!

シンパシーを示すコツ!共感を示す「質問の作り方」⑤

コラム①ではシンパシーについて概観していきました。シンパシーを鍛える方法としては、「①基本のオウム返し」「②感情の明確化」「③質問の作り方」「④非言語の読む」「⑤いったん相手になる」「⑥考え方を発見⇒共感法」「⑦励まし方のコツ」「⑧自分の話しをする」の8つでしたね。

今回は、③質問の作り方について解説していきます。

 

距離感は共感力を伸ばすために必要

質問を作るとシンパシーUP

シンパシー得る時に注意しなければならない点は、自分の「主観」で考えないことです。想像だけで相手の気持ちを捉えると、「決めつけ」「固定概念」に支配されて逆にシンパシーが得られないことがあります。そこで、出来るだけ相手に質問をして、なるべく差を少なくすることがポイントです。

今回はシンパシーを高めるための質問の作り方を2つご紹介しましょう。

1.5W1Hの質問
相手の話をより細かくに掘り下げる質問テクニックです。5W1Hとは、以下6つの質問の頭文字をとって名付けられています。

・いつ(When)
・誰と(Who)
・どこで(Where)
・なぜ(Why)
・なにを(What)
・どうやって(How)

これらの質問を活用すると、話題を深堀りすることができるため、相手の気持ちが明確に分かりシンパシーを感じやすくなります。例えば、「昨日を北海道に行ってきて、すごく楽しかったんだよね」と言われたとします。この時、「えー、何を(What)やってきたの?」という質問をすると、楽しかったポイントが具体的になり、深く相手を理解することができます。

2.不安ヒアリング
これは相手が否定的な発言をしたときに、深く相手の気持ちを汲み取るための質問です。ポイントとしては、ネガティブなの感情を入れながら質問するのが原則となります。

悲しい、つらい、しんどい、疲れている、苦しい、元気がない、退屈、めんどくさい、後ろ向きになっている、つまらない、興味がない、困惑している、イライラする

これらの言葉を使いながら質問するように意識していきましょう。


・どれくらいの期間悲しい状況が続いているの?
・いつから疲れているの?
・いつもつまらない感じ?
・結構いま困惑してるの?
・いまイライラが続いているのかな?

共感力のトレーニング

練習問題

それでは、先ほどの2つの質問の作り方を参考に練習問題にチャレンジしていきましょう。以下の相手の言葉に対して、質問を作ってみてください。

問題1

「GWはせっかく休みをとったのに台風になりそう。。
あ~あ・・・ついてないなあ」

5W1Hの質問

不安ヒアリング

問題2

「昨日友人から自分の大好きな趣味をけなされてしまって、
かなりムカムカしちゃってるんだ。別に人の好みじゃん・・・」

5W1Hの質問

不安ヒアリング

 

解答例

問題1

「GWはせっかく休みをとったのに台風になりそう。。
あ~あ・・・ついてないなあ」

5W1Hの質問
⇒どこか(Where)行くはずだったの?
 なに(What)するはずだったの?
 なぜ(Why)連休をとったの?

不安ヒアリング
⇒いますごく落ち込んでる感じ?
 台風だと残念なの?
 どれくらいショック?

問題2

「昨日友人から自分の大好きな趣味をけなされてしまって、
かなりムカムカしちゃってるんだ。別に人の好みじゃん・・・」

5W1Hの質問
⇒誰に(Who)けなされたの?
 なんで(Why)バカにされたの?
 何を(What)趣味を言われちゃったの

不安ヒアリング
⇒すごくカチンと来ているの?
 結構ショックなのかな?
 じゃあ今混乱している状態なの?

共感力を高める方法

不安を読んでシンパシー力⬆︎

練習問題をやってみていかがでしたか。非言語を受け取るための距離感が、なんとたくお分かりいただけましたか。

シンパシーを感じるためには、相手の気持ちを想像しなくちゃと思う方がいるかもしれません。しかし、具体的な状態がわからないままだと、思い込みに左右されて検討違いな方向になってしまうので注意しましょう♪

次回は、シンパシーを感じるためのいったん相手になる法をご紹介します。

★シンパシーは非言語の読み取りで感じよう!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

目次

①シンパシー‐概観
②簡易診断でチェック
③「オウム返しの基本」
④「感情の明確化」
⑤「質問の作り方」
⑥非言語の読み取り
⑦いったん相手になる
⑧考え方を発見⇒共感法
⑨「励まし方のコツ」
⑩「自分の話をする」

 

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→