>
>
>

信頼関係を築く3つの方法!正しい知識を臨床心理士が解説

信頼関係


信頼関係を築く3つの方法!正しい知識で上手に構築-臨床心理士が解説⑤

信頼関係を築いて幸福度UP!

今回が「信頼関係」コラムの最後です。ここまで4回のコラムでお伝えしたことをおさらいしていきます。一緒に確認していきましょう。

信頼関係を築けない3つの原因

信頼関係が築けない原因コラム①では、信頼関係を築けない3つの原因をご紹介しました。

・信頼する習慣がない
・信頼するための知識不足
・信頼される振る舞い方ができていない

信頼関係が築けないと、親密な協力的関係の形成を阻害し、孤独感を強めてしまうので注意が必要でしたね。その結果、気分や思考力が低下してしまうこともありますので、しっかりと対処していきましょう。 

3つの解決策で信頼関係を築こう

信頼関係を築く具体的な方法コラム②③④では、信頼関を築けない3つの原因を解決する具体的な方法をご紹介しました。

1:信頼する習慣を身に付ける
信頼関を築けない1つ目の原因「信頼する習慣がない」を解決するための対処法です。信頼とは基本的に根拠のないことです。しかし、普段から相手を信頼しようとする人の方がしっかりと相手を見抜くことができる傾向があると、お伝えしましたね。以下がコラム②の3つのポイントです。

・安心と信頼の違いを覚える
・信頼には根拠がないことを受け入れる
・失敗を恐れず、信頼する習慣を作る

根拠もなく信じるのは難しいかもしれませんが、その方が良い結果が得られるのです。ぜひ、相手を信頼する習慣を身に付けてくださいね。

2:信頼するための知識を身に付ける
信頼関を築けない2つ目の原因「信頼するための知識不足」を解決する方法です。囚人のジレンマゲームというシンプルな構造を例として、どのような基準で相手を信頼したら良いかを解説しました。ポイントは

・互いの利益になる関係かを見極める
・裏切られるまで信頼しつづける

でしたね。ただ、信頼関係を築くには、相手からも信頼される必要があります。コラム③でご紹介した内容を参考に、信頼できそうな相手を見つけ、あなた自身も信頼される人を目指してください。

3:自分の振る舞いで信頼度UP
コラム④では、信頼関を築けない3つ目の原因「信頼される振る舞い方ができていない」を解決するための4つのポイントをご紹介しました。

・互いの類似性(共通点)
・互いの相補性
・外見的魅力
・自己開示

これらを少し意識することで、あなたの印象はきっと良くなりますよ。相手から信頼してもらえる振る舞い方を心がけてくださいね。

信頼する勇気を持とう

上手な信頼関係の築き方

「信頼関係」コラムでは、なかなか人との信頼関係を築くことができない方向けに、正しい知識を解説してきました。

コラムを読み終えて、「他人を信頼する勇気が出そう!」と思っていただけたら嬉しいです。また、ご紹介した「信頼する習慣がない」「信頼するための知識不足」「信頼される振る舞い方ができていない」が少しずつ解消され、徐々に相手と信頼関係を築けるようになった自分を実感していただけたら幸いです。

 

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「信頼関係」コラムにお付き合いしていただき、ありがとうございました!信頼関係・協力関係はあなたの心と体を健康にしてくれます。そしてそれは、心理的な意味でも経済的な意味でも、広い意味での「利益」につながります。親密な関係性や望ましい物事を得られる機会が増え、幸福を感じられるようになりますよ。まずは、ご紹介した対処法を意識、実践してみてください。

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★上手に信頼関係が築けることは、心理的・経済的なメリットが大きい



3つの方法で上手に築こう