>
>
>
信頼関係を築く方法「自己開示」⑤

信頼関係を築く方法「自己開示」⑤

コラム①では、信頼関係について概観していきました。コラム③からは具体的な構築法を解説していきます。軽くおさらいすると、「①裏切られるまで信じる法」「②無条件の肯定的ストローク」「③自己開示を大事にしよう」の3つでしたね。

今回は、信頼関係を築く方法「③自己開示を大事にしよう」について解説していきます。

自己開示と信頼関係

信頼関係を築いていくには、自己開示がとてもに重要になってきます。最近巷では「聞き上手になる!」という本が人気を博しているように聞き役ひなることも確かに大事ですが、それと同等ぐらい発話は大切です。以下の図は「マルトマンとテイラーの社会的浸透理論ー六分円」と言われる図です。

話し方

六分円の円は話題を表しています。外側 が「表面的な話題」中間が「やや踏み込んだ話題」そして、内側 は「人に言えないような深い話」です。矢印 は「自己開示の深さ」を意味しています。

図から、関係の段階に対応して自己開示の深さが変わるのが分かると思います。まずは、浅い自己開示からはじめて、少しずつ深くしていくことで、信頼関係が構築されていきます。ポイントは「お互いの自己開示の比率」です。

信頼関係には、お互いの自己開示がキーポイントになってくるため、自分の話をする力を身につけておくことが大切です。

信頼関係 自己開示

自己開示を促進するワーク

それでは、1つワークに挑戦してみましょう。信頼関係を構築する上でまず大切なのが、1問1答の癖を直しておくことです。1問1答とは、下記のような会話です。

「好きな旅行先はありますか」

「沖縄です・・・」

こんな感じで相手から質問に対してひとことで終わってしまう方は注意が必要です。話すのが苦手な方は、応急処置として、ひとことで終わらせず

「て」「で」「(そんでもって)」

を使って、最低2文以上は続けて話してみてください。

例えば
「好きなお菓子はなんですか?」

と聞かれたら

「そうですね~トッポです・・・」
はNGです。

最低でも
・「そうですね~トッポが好き「で」、バックに常備しています笑」
・「そうですね~トッポを毎日食べてい「て」、売店でいつも買ってます」
・「そうですね~トッポが好き!(そんでもって)2歳の頃から好きです。」

と言う感覚で話を膨らませてみましょう。短文で言い切りにせずに、「て」「で」「(そんでもって)」を使うと自己開示量を増やせるので是非活かしてみてください!!

人を信じて、信頼関係を築こう

ワークはいかがでしたでしょうか。徐々に自己開示をすることで、信頼関係も構築されやすくなります。日常的に自分の話をすることが少ない人は、急に発話量を増やすのは難しいかもしれませんが、ぜひ「で」を活用して少しずつ自己開示を増やしてみてくださいね。

専門家の講義を受けたい方へ

信頼関係・協力関係はあなたの心と体を健康にしてくれます。そしてそれは、心理的な意味でも経済的な意味でも、広い意味での「利益」につながります。親密な関係性や望ましい物事を得られる機会が増え、幸福を感じられるようになりますよ。まずは、ご紹介した対処法を意識、実践してみてください。

今回紹介させていただいたスキルや知識はほんの一部です。専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション教室への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★信頼関係を築くために、まずは相手を信頼することから始めてみよう

コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

目次

①信頼関係を築く方法
②診断とチェック
③裏切られるまで信じる法
④「無条件の肯定が基本」
⑤「自己開示」の重要性

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→