>
>
>
別れる理由が決まったら「伝え方」をマスターしよう②

別れる理由が決まったら「伝え方」をマスターしよう②

コラム①では、別れる理由や時期について概観していきました。一般的には「価値観の違い」で別れることが多かったですね。今回は実践編として、「具体的な場面での伝え方」について例文を交えながら紹介していきます。

感謝でサンドイッチする

別れる気持ちを告げられない人の多くは、相手の反応を過度に気にしてしまいズルズルと関係を続けてしまう傾向があります。すると、自分の気持ちを押し殺して我慢しながら関係を保つのはストレスがかかりますし、相手にとっても迷惑になるかもしれません。

それでは、なるべく円満に別れるためには、どのような伝え方をすればい良いのでしょうか。

・感謝+別れる理由+感謝
別れる理由を伝える「前と後」に感謝の気持ちを伝えることが大切です。

いままで支えてくれてありがとう、
でも、実は他に好きな人ができたんだ。だから別れてほしい。
一緒に居てくれたことを本当に感謝しているよ。

このように、感謝で別れる理由をサンドイッチすることがポイントです。別れる理由の前後に感謝の気持ちを添えることで、プラスの表現で始まり、プラスの表現で終わることができるので印象が悪くなりづらいです。相手を大切に思っている誠実な気持ちが伝わります。別れる時には意識して使ってみてください。

告白の断り方を心理学の専門家が解説

NG!相手を傷づける伝え方

別れる気持ちを切り出すのが難しい…伝え方がわからない…からといって、思いやりのない対応はやらないようにしましょう。具体的には、「中途半端に期待を持たせる」「嘘をつく」「自然消滅を狙う」をしないようにします。

①中途半端に期待を持たせる
「もう別れよう。でも君が本気ならまた戻れるかもしれない」
復縁を期待させるようなニュアンスを伝えると、相手は振られたのか振られていないのかわからなくなってしまいます。その結果、別れを切り出したにも関わらず相手から頻繁に連絡が来たりと、ズルズルと関係が続いてしまいます。

②嘘をつく
「実は海外に転勤になったんだ。だから別れてほしい」
嘘をつくと、いつバレるかわからないという不安がずっと付きまといます。そして、実際にバレた時に、相手をひどく傷つけることになりますので、本当のことを伝えるようにしましょう。

③自然消滅を狙う  
「徐々に連絡を取らないようにする、会う回数を減らす」
何も言われずに、距離を置かれると相手は不安になってしまします。いくつか、相手の不信感が膨らんでトラブルに発展する可能性があります。きっちりと別れる理由を伝えて、お互いがスッキリできるように心がけましょう。

別れる理由の伝え方の具体例

それではここで具体的な例を交えて別れる理由の伝え方を見ていきましょう。

Aさんは、3年間お付き合いしているパートナーがいます。しかし、最近、相手が浮気をしていることに気がつきました。それも、浮気相手との関係は4年間続いています。ショックを受けたAさんは自分から別れる気持ちを切り出すことにしました。

感謝+別れる理由+感謝

OK例
⇒「今まで付き合ってくれて本当にありがとう。だけど、最近君が浮気していることに気がついちゃったんだ。すごく悲しい。こんな気持ちのまま一緒にはいらない別れてほしい。ただ、例えニセの愛情だったとしても今まで一緒に居てくれたことには感謝している。」

NG例
⇒「実は仕事が忙しくなっちゃって、もうあまり会うことができなくなった。だから、もう別れよう。でも、君が本気なら別れるのはやめてもいいって言うかなんていうか…」

ここでのポイント
OK例ではまず、本題に入る前に感謝の気持ちを伝えています。そして、浮気されてすごく悲しいと、素直な気持ちと別れる理由を伝えています。ここで終わってしまうと後味が悪くなってしまうので、最後に「今まで本当にありがとう」と感謝の気持ちを伝えています。

NG例では、別れる理由で嘘をついています。さらに、期待をさせるような表現をしているため、関係を終わらせたいのか、終わらせたくないのかどっちつかずになってしまっています。この伝え方では、ズルズルと関係を続けてしまう可能性があります。感謝の気持ちも言葉にしてないので、真剣度があまり伝わってきません。

このように、感謝でサンドイッチすることで、柔らかい印象になり、相手が受け入れやすい形で伝えることができるのです。

別れを伝えよう

練習問題!伝え方を実践しよう

それでは、ここで練習問題にチャレンジしていきましょう。以下の状況で感謝をサンドイッチしながら、別れを切り出してみてください。

練習問題1
大阪在住の高校3年生のCさんは、1年間お付き合いしている同級生のパートナーがいます。しかし、Cさんは4月になったら大学進学のために、東京に住むことになっています。今のまま関係を維持するとなると、遠距離恋愛になるのですが、そこまで関係を続けたいという気持ちがありません。そこで、高校卒業を機に、別れる気持ち切り出すことにしました。

感謝+断る理由+感謝

 

解答例

感謝+断る理由+感謝
⇒「1年間付き合ってくれてありがとう。でも、ごめん。遠距離恋愛する自信がないんだ。正直そこまで気持ちを持つことができないんだ。中途半端な気持ちでは付き合えない。でも○○との付き合いは、大きな思い出になっている。今まで本当にありがとう。」

 

練習問題2
最後に、伝え方を踏まえて自分自身の状況で考えていきましょう。

感謝+断る理由+感謝

感謝+断る気持ちを伝えてみよう

別れる理由を伝えよう!

別れを伝える時は、どんな感謝な気持ちを伝えたとしても相手を傷つけるかもしれません。しかし、相手の心の傷を最小限にする努力はとても大切です。なるべく、トラブルを避けてお互いが円満に別れられるように「伝え方」にこだわるように心がけましょう。

感謝で別れる理由をサンドイッチしつつ、自分の気持ちを伝えてみてくださいね。

★上手な別れの切り出し方をマスターしよう!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

人間関係講座

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→