>
>
>
別れるは辛い!周囲のサポートで立ち直る方法

別れる事が辛い!周囲のサポートで立ち直る方法④

コラム③では、別れる状況を克服する方法として「認知行動療法」について解説しました。ショックが強い時には、認知の偏りがないかを確認して気持ちを整理していきましょう。

今回は別れをうまく克服できない原因の1つ「一人で悲しみを抱え込む」の解決法として「ソーシャルサポートの活用」について解説していきます。

抱え込みをソーシャルサポートで解決

ソーシャルサポートとは、簡単に説明すると「あなたの周りにある、あなたをサポートしてくれる物や人たち」のことを意味します。

こういったソーシャルサポートを活用していくことで、一人では考えつかなかったことを、多角的に考えることができて、問題を解決することができます。

別れる状況を経験をした時には、適切なソーシャルサポートを活用してみましょう。一人で抱え込まず、多角的に考えて時には悲しみを一緒に背負ってもらいましょう。

別れの辛い気持ちの改善してくれる

これまで、心理学の世界では、ソーシャルサポートとその効果についてさまざまな研究がなされてきました。

その中で、福岡(2008)は日常のストレス経験の自己開示と友人からのソーシャルサポートが気分状態の改善に及ぼす影響について以下のように報告しています。

結果から
「友人からのサポートは自己開示と気分状態の改善と同じくらいポジティブな気分を上げることができる」
ということがわかりました。

つまり、ソーシャルサポートを活用することで、別れる事による悲しみを一人で物事を抱え込むことなく、気分を改善していくことができるということです。

ソーシャルサポートの種類・活用方法

具体的なソーシャルサポートの種類を3つご紹介します。ご紹介するサポートを、その出来事に応じて使い分けていきましょう。

▼ソーシャルサポート3つの種類

ソーシャルサポートの種類と別れの対処法について解説

自分にあったソーシャルサポートを活用していくことで、一人で抱え込まずに多角的に問題を解決することができます。自分にあったサポートを選んで、別れを克服していきましょう。

実践!「別れる」を克服しよう

先ほどご紹介した3つの種類を踏まえながら練習問題を進めていきましょう。

以下に「別れの場面」を挙げますので、ご紹介したソーシャルサポートの3つを踏まえてそれぞれに当て考えてみましょう。

練習問題
事例:花子さん(女性)
・1年間交際していた太郎さんがいた
・太郎さんから別れることを切り出された
・花子さんは人に別れについて話すのが恥ずかしいと思っている
・花子さんは一人で抱え込んでしまう癖がある

<出来事>
花子さんと太郎さんは交際をして1年の月日が経ちました。しかし、些細なことがキッカケで喧嘩をしてしまい、太郎さんから別れを告げられてしまいました。花子さんは抱え込んでしまう癖がある上に、別れについて誰かに話すと笑われるかもしれないと思い、相談することができません。そのため、別れを克服できずに、一人で考え込んでしまい、思うようにいきません。

一人では考えても考えても別れを克服できそうにありません。どのようにソーシャルサポートを活用すればよいのでしょうか。「情緒的サポート・情報的サポート・道具的サポート」のそれぞれについて考えてみましょう。

情報的サポート
⇒「              」

情緒的サポート
⇒「              」

道具的サポート
⇒「              」

 

解答例
情報的サポート
⇒「インターネットで失恋や別れる事について検索し、克服方法を探してみる。自分に合ったものがあれば実践する」
*もちろん、インターネットに書いてあることが全てではありませんので、あくまで「参考にする」といった程度で考えましょう。

情緒的サポート
⇒「友人に、『自分の事ではないけれど』と前置きを置いてから話を聞いてもらう。できるようであればカウンセリングを受けて気持ちの切り替えをしていく」
*『自分の事ではないけれど』と前置きを置くことで、間接的に自分の事を話せます。「人に話すのが恥ずかしい」、「一人で抱え込んでしまう」というタイプの人でもハードルを下げることができます。別れを話したことについて笑うような人とは話はせず、「この人なら話せる」と思う人に話しましょう。また、失恋や別れをキッカケにカウンセリングを受ける人も多くいます。安心して受けてください。

道具的サポート
⇒「自分が没頭できる物を買って、気持ちを切り替える。心残りになってしまうようなものは捨てて、新しいものを買う。美容室に行って髪形などを変えてみる」
*大金は注意が必要ですが、いつもより少し奮発してもいいのではないでしょうか。環境や物が変わると気持ちも変わります。

ソーシャルサポートを利用して別れを克服する方法

周囲のサポートで「別れる」を克服!

練習問題はいかがでしたか。別れを克服できないと感じてしまった時には、こういったソーシャルサポートを活用していきましょう。

ご紹介したソーシャルサポートの3つの種類を意識して練習を繰り返す事で、別れをうまく克服できない特徴の「一人で悲しみを抱え込む」状態を改善できます。

この特徴を改善できると、悲しみを抱え込んでしまうことなく、別れをうまく克服できるようになっていきます。

次回は、別れるコラムのまとめとしてお伝えしておきたいポイントをご紹介していきます。別れを克服する方法を一緒に確認していきましょう!

★一人で抱え込まない!サポートを活用して別れの克服を!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

人間関係講座

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
福岡 欣治 2008 日常ストレス状況での友人への自己開示とソーシャ ル・サポート(3) : 開示に対する友人からのサポー トと気分状態の改善 静岡文化芸術大学研究紀要 8. 25-30.