>
>
>

ディスカッションの進め方。まずは十分な事前準備を

ディスカッション,進め方


ディスカッションの進め方。まずは十分な事前準備を③

コラム②では、ディスカッションを苦手にしている原因の1つ「論理的な主張ができない」の対処法を考えました。進め方は、論理力をつくる「結論・目的・根拠」という3つの要素で整理し、わかりやすく伝える5つのコツを意識することでしたね。焦らず自分のペースで論理的思考を身につけていってくださいね。

今回は、ディスカッションを苦手にしている原因の2つめ「緊張が強すぎる」について考えます。人前で発言するのは、誰でも緊張するものです。しかし、緊張しすぎると、自分の主張が伝わらないばかりか、思ってもいない発言をしてしまい、誤解を招くことにもつながりかねません。しっかりと対策していきましょう。

 

ディスカッションの緊張対策とは?

平常心でディスカッションに参加するためには、事前の準備がとても大切です。事前にしっかりと準備することで自信が生まれ、緊張しすぎることなく平常心で臨むことができるのです。では、具体的にはどのように進めると良いのでしょうか。事前準備に役立つ3つのポイントをご紹介します。


1:「モレなくダブりなく」情報整理

MECE(ミーシー)という言葉をご存知ですか。「Mutually Exclusive、Collecticely Exhaustive」の頭文字をとったもので、日本語で「モレなくダブりなく」という意味です。MECEは「正しく全体を捉えて整理する」ことに役立つため、複雑な情報を整理するときに便利です。例えば、自社の顧客の構造を考えた場合、

○ 顧客を「新規のお客様」「昨年購入のお客様」の2つに分けると漏れが出ます。
○ 顧客を「30代」「40代」と年齢別に分けて、さらに「主婦」「会社員」といった別の分け方もしてしまうと重なり(ダブり)が出ます。

ポイントは「どんな視点で分けるか」です。あまり複雑にしてしまうと、情報に漏れや重なりが発生してしまい、正しい結論に至りません。ディスカッションに参加する前に、「モレなくダブりなく」を意識しながら、自分の主張を正しく整理してみてください。

2:基本的な知識の収集
ディスカッションには必ずテーマがあります。テーマを想定(または確認)して、事前に情報収集することが大切です。情報収集の進め方は主に、Web、新聞、書籍などを使って行い、必要に応じて学術書なども活用すると良いでしょう。

「情報だけあっても役に立たない」と思っている方も、実際ディスカッションに参加してみると、情報が多いに越したことはないと気付くはずです。情報の引き出しがなければ、主張も反論もできません。多くの情報を持ってディスカッションに臨むことで、自分の考えをスムーズに口にすることができるようになります。

3:反論への準備
ディスカッションは意見交換の場ですから、当然、自分の主張に対して反論が出ることもあります。そのため、自分の主張を整理するだけでなく、周囲からどんな反論が出るかディスカッションの場面想定して準備をしておくことが大切です。
「周囲がこう主張してきたらこうやって切り返そう」
「反論されたらこの考えを言ってみよう」
など、事前に進め方のシュミレーションしておくと安心ですね。安心感は緊張の緩和につながりますよ。

 

ディスカッションは事前準備で決まる!

ディスカッションの事前準備の進め方に役立つ3つのポイントはいかがでしたか。本番で失敗しないポイントは、とっさの判断で発言してしまわないことです。準備もしていない、緊張もしている、という状態では、とんでもない進め方をしてしまう可能性だってあります。本心ではない、場当たり的な発言で後悔しないために、そして何より自分の主張をしっかりと伝えられるように、ディスカッションの事前準備を徹底してくださいね。

「自分の主張に穴がないか」
「どんな反論が出るか」
をあらかじめ考えておくだけでも、安心してディスカッションに参加できるはずです。

ディスカッションは事前準備で決まるといっても過言ではありません。また、「ディスカッションは緊張するから苦手…」という方には自信と安心を与え緊張をほぐしてくれる重要な作業です。自分が自信を持ってディスカッションの場に臨めるまでしっかりと事前準備し、自分の主張を正しく伝えられるように、平常心で参加してくださいね。

次回のディスカッションコラムは、ディスカッションが苦手な原因の3つ目「ディスカッションのテーマを理解していない」についてです。テーマに沿ってディスカッションを進めていく進め方7つのコツをご紹介します。次回もお楽しみに!

★ ディスカションの緊張への対策は「事前準備」
★ 事前準備をする進め方のポイントは3つある
★ 情報の整理と収集、反論へのシュミレーションを
コミュニケーション講座


事前準備で緊張に対処していきましょう