>
>
>

プレゼンテーションのコツ!原因のテーマを克服!

プレゼンテーション,コツ,テーマ


プレゼンテーションのコツ!原因のテーマを克服!

まずは苦手意識を克服しよう!

329-presentation2プレゼンテ―ションが苦手意識と感じている人の中には「頭が真っ白になる」「言葉がでない」など、苦い経験を繰り返している人も多いのではないでしょうか。人前で話すのは誰でも緊張しますし、何度経験しても上手くいかない事もありますよね。

しかし、プレゼンテーションは仕事の場面で日常的に使うスキルですから、上手くできなかったとしても苦手意識は克服したいものです。

まずはプレゼンテーションの苦手意識をつくる原因を確認して、苦手意識を克服していきましょう!

 

プレゼンテ―ションが苦手!3つの原因

プレゼンテ―ションが苦手と感じる原因は、以下の3つです。

1:あがり症
2:支離滅裂な構成
3:記憶に残らない印象

それぞれ詳しく説明していきましょう。

1:あがり症
330-presentation2プレゼンテ―ションをする時、緊張のあまり「心臓がバクバクする」「冷や汗をかく」「言葉が出てこない」など、『あがり』の症状が出てしまった事はありませんか。

人前で話をする時はだれでも緊張しますし、仕事の場面では結果を求められることが多いため、より緊張感が高まり『あがり』の症状がおこるのも当然です。

平常心でいようとおもえば思うほど、人は不安が多くなり緊張が高まるもの。『あがり』はだれでも起こる正常反応ですから心配することはありません。キモチのあり方を変えるだけで、随分の緩和されるものです。

2:支離滅裂な構成
プレゼンテ―ションを効果的に行う上で重要なのが「構成」です。テーマが無く、まとまりの無い構成で伝えてしまうと、頼りない印象のプレゼンテーションになってしまいます。

テーマや構成は、プレゼンテ―ションはもちろん、事前に用意する資料でも大切になります。緊張する本番でも伝わる構成で話ができるよう、資料にも気配りをする事が大切です。頭に入りやすいシンプルな構成にすることで、伝わるプレゼンテ―ションが目指せます。

3:記憶に残らない印象
・プレゼンテーションのテーマが弱い
・プレゼンテーションの内容が理解できない
・緊張のあまりうまく話が伝わらない

などといったことは、印象に残らないプレゼンテ―ションになってしまいます。テーマをはっきり持って、自分の話に興味をもつような状況をつくり、記憶に残るような話し方をする事が大切です。

自分の伝えたいことを、聴いている人がイメージしやすいよう表現し、印象に残るプレゼンテーションをすることが必要です。

 

プレゼンテ―ションに対処する3つのコツ

それでは、先に述べた3つの原因を個々に解決するコツを紹介します。コツを身につけることで、プレゼンテ―ションのスキルを伸ばしていきましょう!

1:精神交互作業を理解する
2:8割でOK!問題解決型プレゼン
3:記憶に残るプレゼン3つのコツ!

これらのコツを身に付ける事で、プレゼンテ―ションの苦手意識を克服することはもちろん、プレゼンテ―ションを楽しむ基礎にもなります。自分のテーマに多くの人が耳をかたむけ、理解や納得を得られたら時は嬉しいものです。プレゼンテ―ションのスキルを伸ばして、そんな体験を目指しましょう!

今回はプレゼンテーションが苦手である原因についてと、プレゼンテーションを3つのコツで対処していくことについてお伝えしてきました。次回は「本番であがらないコツについて」というテーマで、プレゼンテーションの対処法についてお伝えします。おたのしみに♪

★プレゼンテーションの苦手意識はあがってしまうことから
★テーマや構成が弱いとうまく伝わらない
★プレゼンテーション克服のコツは3つの視点から!

 

コミュニケーション講座


プレゼンテーションのコツ!テーマに合わせて苦手意識を克服!原因を解明していきます!