>
>
>

プレゼンテーションの目的を達成!楽しもう

プレゼンテーション,目的


プレゼンテーションの目的を達成!楽しもう⑤

今回が、プレゼンテーションコラムの最後です。ここまで4回のコラムでお伝えしたことをおさらいします。一緒に確認していきましょう。

プレゼンテーションが苦手な原因

あがり症
支離滅裂な構成
印象に残るプレゼンテーションができない

でしたね。プレゼンテーションに自信がない人は多くいらっしゃいますが、コツを知って訓練することで誰でも伸ばすことのできるスキルです。まずは原因をしっかりと理解しましょう。

 

 苦手意識をなくす3つの対策

コラム②③④では、3つの原因を解決する具体的な方法をご紹介しました。

1:気持ちのあり方を変える
1つ目の原因「あがり症」の対処法です。不安な気持ちを無理に打ち消すのではなく、緊張している自分を受け入れること、そして、プレゼンテーションで完璧を目指さないことが大切でした。

また、身体の緊張をほぐすための「筋弛緩法」というリラックス法をご紹介しました。気持ちのあり方を変えることとセットで、本番前にうまく取り入れてみてください。

 

2:「問題解決型」の構成で情報を整理する
2つ目の原因「支離滅裂な構成」の対処法です。伝わるプレゼンテーションをするために最も大切なことは「構成」です。4つの箱で情報を整理する、「問題解決型」の構成作りをご紹介しました。

1の箱:現状分析
2の箱:問題発見
3の箱:原因追及
4の箱:解決案

この4つの箱の要素をもれなく順番通りに行うことで、相手に伝わりやすく、自分の頭の中も整理できることがわかりましたね。事前にしっかりと準備して、本番はただ構成通りに進めればいいと思うだけでも、気がラクになりますよ。

 

3:印象に残る話し方のコツを身につけよう
3つ目の原因「印象に残るプレゼンテーションができない」の対処法で、コツは3つありました。

・ 豊かな表情で安心感を
・ 内容に合わせた話し方
・ ユーモアで好奇心を刺激

そして3つのコツのポイントは、
・ 聴いている人の好奇心を刺激すること
・ 安心感を与えること
でしたね。これらを意識して取り入れることで、聴き手の印象に残るプレゼンテーションができるようになりますよ。

 

プレゼンテーションを楽しもう!

336-presentation5「プレゼンテーション」コラムでは、プレゼンテーションが苦手で悩んでいる人に、原因やその対処法を詳しくお伝えしてきました。このコラムを読んで、上手にプレゼンテーできるコツを理解し、やってみよう!と思っていただけたら嬉しいです。

伝わるプレゼンテーションを体感し、苦手意識がなくなると、プレゼンテーションがどんどん楽しくなります。そして、自分の思いが伝わる喜び、自分の伝えたことを相手が理解し感動してくれる喜びは、あなたに大きな自信を与えてくれるはずです。

最後に、これまで「プレゼンテーション」コラムにお付き合いしていただき、本当にありがとうございました!プレゼンテーションの楽しさを知って、これからのビジネスライフをより豊かなものにしていってくださいね。

まずは、ご紹介した対処法やコツを理解し、実際のプレゼンテーションの場面で取り入れてみてください。そして、もう少し深く学びたい!という方は、弊社のコミュニケーション講座へ参加してみませんか。弊社では年間500人が参加されるコミュニケーション講座を開催しています。気軽な気持ちで足を運んでみてくださいね、お待ちしております。
地方の方は通信講座で頑張っている方もたくさんいらっしゃいます( ^ ^ )みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑

★話し方を意識することでプレゼンテーション力アップ
★表情やユーモアを使うことがコツ!
★安心感や刺激を大切にした話し方を目指そう!

 

コミュニケーション講座


プレゼンテーションの話し方コツ!プレゼンスキルを磨く方法を紹介♪