>
>
>

第一印象を良くする方法とは?

第一印象を良くする


第一印象を良くする方法とは?

表情に注目した第一印象を良くする方法!

165-daiitiinsyou3前回は第一印象で視覚や聴覚からの情報が重要であることをお伝えしました。見た目を変えることで第一印象を良くする方法があるということでした。今回は表情に注目して、表情の筋肉を鍛えることで第一印象を良くする方法についてお伝えしたいと思います。

第一印象に自信が持てない人の中には、「表情が硬い」「目つきが悪い」「眉間にしわを寄せているよ」など自分の表情にネガティブな事を言われた経験がある人も…。周囲からの言葉で自信をなくしてしまい、表情が一層硬くなってしまうといった悪循環に陥る事もあります。

表情の印象は、表情筋を鍛える事で良くすることができます。柔らかな印象の良い表情づくりにつながる「表情筋トレーニング」で第一印象を良くする方法を身に着けていきましょう。

 

5つの表情筋で効率的に鍛える

166-daiitiinsyou3顔には約20種類の表情筋があります。そのうち、日常的に使われているのはそのうちの約30%程度と言われています。ですから、少し鍛えるだけでも随分と印象を変えることができます。

筋肉が柔軟に動くことで、第一印象の良い表情を作ることができます。次の5つの筋肉をトレーニングする事で、表情筋を柔軟にして効率的に第一印象を良くする方法を身に付けて行きましょう。

1:口輪筋(こうりんきん)
口周りの複雑な動きに必要な筋肉です。表情筋の約7割と繋がっているため、表情全体に影響を与えています。

【トレーニング】
前歯を見せながら「いぃー」と発声し、唇をすぼめて「うぅー」と発声する

2:小頬骨筋(しょうきょうこつきん)
頬を上げる働きをする筋肉です。口元を斜めに引き上げてくれる笑顔づくりに大切な筋肉です。この筋肉が衰えるとほうれい線ができやすくなり疲れた印象の表情になります。

【トレーニング】
右半分の口角だけ引き上げ、右目をにっこりと閉じ5~10秒程止める。その後、自然な表情に戻す。これを、左右交互に行います。

3:大頬骨筋(だいきょうこつきん)
口角を上げる時に使う筋肉です。活き活きとした表情や、ダイナミックな笑顔を作ってくれます。

【トレーニング】
口を大きくあけ、そのまま口角を上にします。前歯がみえないように上唇をかぶせたままで5秒程保つ。その後自然な表情に戻します。

4:頬筋(きょうきん)
口角を外側に動かすときに使う筋肉です。あごの骨と口輪筋につながっていて、フェイスラインをシャープにしています。

【トレーニング】
頬の高い部分を意識しながら笑顔をつくり、次に口角を思い切り横にひく動作を繰り返します。

5:笑筋(しょうきん)
口元を横にひっぱり笑顔づくりに欠かせない筋肉です。口角の皮膚やあごの皮膚ともつながっています。

【トレーニング】
上下の前歯を軽くかみ合わせ、自然な形で口を閉じ5秒程保ったあと、両方の口角をゆっくりと外側にひき5秒程保つ。その後ゆっくりと元の表情にもとして行きます。

いずれの運動もゆっくり数回繰り返して行いましょう。
最初は思った以上に、疲れますが繰返し行う事が大切です。

 

表情が豊かになることが第一印象を良くする方法!

第一印象を良くする方法として「表情筋トレーニング」についてご説明しました、いかがでしたか。トレーニングをすると、思った以上に筋肉の疲れを感じますが、繰返し行う事が大切です。無理をせず続けて、豊かな表情を作っていきましょう。印象の良い表情で、第一印象に強くなっていきましょう!

今回は表情筋を鍛えることで第一印象を良くする方法について解説をしてきました。次回は声に注目した第一印象を良くする方法についてお伝えしていきたいと思います。

★表情筋を鍛えることが第一印象を良くする方法!
★5つの表情筋がポイント
★第一印象を良くする方法は豊かな表情にあり!
コミュニケーション講座


第一印象を良くする方法とは?顔のトレーニングで笑顔を改善♪