>
>
>

第一印象を良くする声の法則!

第一印象,良くする,法則


第一印象を良くする声の法則!

声の法則に注目した印象を良くする方法

167-daiitiinsyou4前回は表情に注目して、第一印象を良くする方法についてお伝えしました。主に5つの筋肉を鍛えることで、表情が豊かになり第一印象を良くすることができます。

今回は声に注目して第一印象を良くする方法についてお伝えします。ちょうどよい音の法則などもお教えしますので、ぜひ最後まで読んでくださいね♪

 

声が暗いと第一印象が悪い

初対面で声が暗いと、相手に「頼りがいがない」「決断力がない」など、ネガティブな印象を与えてしまいます。初対面は緊張から声が低くなりがちですから、ポジティブな印象の声を意識的に出していく必要があります。

仕事の場面では、電話が初対面となるケースも多くありますから、印象の良い声を身に付ける事で第一印象を効果的に良くすることができます。

それでは、相手に良い印象を持たれる声の法則について確認していきましょう♪

 

「ソ」の音階が印象アップの法則!

168-daiitiinsyou4声の第一印象をアップさせる、ある法則があります。それは、「ソ」音の法則です。この「ソ」音の法則は、音の高さで聞いていて一番心地が良いとされています。では、少し「ソ」音の法則を使って、第一印象を良くする方法を行ってみましょう。

まず「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」と3回言ってみましょう。
「ソ」の音の高さを覚えておいて、「ソ」「ソ」「ソ」と3回言ってみます。
「ソ」の高さを意識したまま、「おはようございます」「こんにちは」と言ってみましょう。

どうでしたか、「ソ」音の高さがつかめたでしょうか?まずは「ソ」音であいさつをしてみるようにします。それができるようになったら、会話でも「ソ」音が使えるようになると、第一印象を良くする声になっていきます。

この「ソ」音の法則を使って、第一印象を良くする方法を身につけていきましょう!

 

「感じの良い声」の法則とは?

明るい声を更に印象良くする法則をご紹介します。
意識して使う事で「感じの良い声」の法則で第一印象を良くすることができます。

1:テンポ
初対面で緊張をすると、早口になりがちです。早口は聞きづらく威圧的な印象もあるため意識してゆっくり話す様にしましょう。一呼吸おいて「こんにちは」を1秒程度で話せるようにすると心地よい印象を与えられます。

2:抑揚
抑揚をつけて声に表情を付けていきましょう。抑揚の無い話し方だと機械的で冷たい印象を与えてしまいます。内容に合わせてコントロールしましょう。

通常は語尾を下げ、疑問系は語尾を上げましょう。単語ひとつひとつを意識して、丁寧に分かりやすく伝えることで感じの良さを印象づけられます。

3:音量
小さな声は、聞きづらく相手にストレスを与えるため聞きとりやすい音量を心掛ける必要があります。小さな声は暗そうな印象になり、大きすぎる声は威圧感があります。場所や相手によって意識して音量を調節するように心がけましょう。

以上のようなポイントを押さえて、第一印象を良くする法則をつかんでいきましょう。

 

声を良くすることで第一印象アップ!

声は意識するだけで飛躍的に良くなります。「ソ」音の法則を意識したり、テンポや抑揚をつけて第一印象を良くする声を身につけていきましょう!

今回は声を良くすることで、第一印象をアップさせる方法についてお伝えしてきました。次回は身だしなみの法則で第一印象を良くする方法についてお伝えしていきたいと思います。

★声も第一印象を良くする要因になる!
★「ソ」音の法則で心地よい発声を目指そう
★感じの良い声の法則で第一印象を良くする!
コミュニケーション講座


第一印象を良くする声の法則!好感の発声で効果的に対策ができる!