>
>
>

心理的な問題を解決して共感力をアップしよう

共感,力


心理的な問題を解決して共感力をアップしよう②

前回のコラムでは共感性が不足してしまう原因についてお話しました。原因は「①心理的な問題」「②相手の気持ちやコミュニケーションをイメージできない」「③同感したり同調し過ぎてしまう」の3点でした。今回のコラムでは「心理的な問題」から共感性が低くなってしまうことへの対処方法をお伝えします。

 

心理的な問題とは…?

前回のコラムで少しお話しましたが、人は子供の頃から成長し自我を確立していく間に

「自分は特別だ」
「自分の欲のためには人を騙したっていい」
などの価値観が備わると他人を見下したり、共感性が低くなることがあります。

自分が特別だと感じたりすることを、自己愛性パーソナリティ障害、自分の欲のために人に共感的になれずルールを守れないなどの行動は反社会性パーソナリティ障害という精神的な疾患に当てはまることがあります。

 

パーソナリティ障害ってどんな病気?

パーソナリティ障害とは、周囲の大多数の人に比べ大きく逸れた行動をすることで本人や周囲の人が苦痛を抱える精神的な疾患です。

パーソナリティ障害の人は行動や気分に非常に波があるので、周囲の人は振り回され疲れ切ってしまうことがあります。パーソナリティ障害は精神的な疾患ですが、その人の気質にとても関係をしているともいえます。小さい頃からの成長の仕方、性格のつくられ方にも影響していると考えられています。では、先ほど挙げた自己愛性パーソナリティ障害、反社会性パーソナリティ障害とはどのような疾患かご説明します。

 

自己愛性パーソナリティ障害とは
自己愛性パーソナリティ障害は、「自分は特別だ」「自分は他人よりも優れている」などと自分のことを認識し自分のことを過大評価することで人間関係の難しさ、本人の生きづらさを引き起こす疾患です。自分のことにばかり関心があり、人を見下し人へ共感を示すことができません。なんでも自分の思う通りにいかないことに我慢できず、時には自分のためになら人もを騙すことも…診断の基準は細かくご紹介しませんが、日常に「ナルシスト」「自己中心的」などパーソナリティ障害でなくても自己愛が強い人は多くいるでしょう。

自己愛とはその字の通り「自分を愛する」ということですが、自己愛性パーソナリティ障害の人は適度に自分を愛することができず、過大評価しているといえます。自分を愛し過ぎているともいえますし、その反対の本当は自分に自信がなく、自分を愛していないという人もいます。このような価値観は親や親しい人などからの養育やしつけなどから生まれると考えられています。そのためカウンセリングでは、「そのまま、ありのまま」の自分を受け入れるために幼い頃の養育にさかのぼることもあります。また「自分は特別で周囲より優れている」という認識を修正する認知行動療法という技法などが使われます。

反社会性パーソナリティ障害とは
反社会性パーソナリティ障害とは、社会の規範やルールが守れず、自分の欲や利益のために人を騙したり犯罪を犯すなど反社会的な行動が目立つ疾患です。人の心や体の痛みなど共感性が低く、衝動的で残忍な行動をすることも多くあります。本人が困っていないことが多く、カウンセリングなどの支援や治療が難しいこともあります。

 

共感力をつけるワークを実践してみよう!

少し専門的な解説でみなさん疲れていませんか?ここからは「自己愛が強い」という心理的な問題が原因で低くなった共感力に対処するワークをご紹介します。リラックスして取り組んでくださいね。

自己愛が強い人は「自分は特別だ」「自分は周囲より優れている」という認識(認知)から共感性の低い言動を引き起こします。その認知を「自分も人も価値は同じ」と修正することで、共感的な言葉がけと良好な人間関係を導くことを目標にします。

仕事に厳しすぎるAさん
Aさんは会社員です。仕事は素早く丁寧ですが、周囲からの信頼度はイマイチ…。自分がミスは無視をして、周囲の人のミスは共感できません。
「こんな簡単なこともできないの?」
「俺(私)だったらこんなミスしないよ」
と相手を見下したような発言をします。

Aさんはどうすれば共感的な言葉がけができるでしょうか?
Aさんのそれぞれの発言から、
① Aさんの自分に対する認知②「自分も他人と同じ」と認知を修正する③共感的な言葉がけ
の3つについて考えてみましょう。

① Aさんの自分に対する認知

② 「自分も他人と同じ」と認知を修正する

③ 共感的な言葉がけ

 

解答例
① Aさんの自分に対する認知
・自分は人より優れているからこれくらいの仕事は簡単だ。
・自分は人より優れているから何でもできる。

② 「自分も他人と同じ」と認知を修正する
・他人と同じなら、自分もわからないことがあるかもしれない。
・他人と同じなら、自分も失敗することがあるかもしれない。

③ 共感的な言葉がけ
・「〜がわからなかったんだね。自分や他の人にもあるかもしれないよ。」
・「失敗は誰にでもあるよ。」

いかがでしたか。強い自己愛という認識をすぐに修正し共感的な言葉がけをするのには一朝一夕ではできません。人の気持ちを察することや共感を示すには地道な努力が必要です。また、もしかして自己愛が強過ぎて人間関係が築きづらいのでは…と心配な方は医療機関やカウンセリングの施設を訪ねてみましょう。

次回の共感コラムは、共感できない原因の1つ「相手の気持ちやコミュニケーションをイメージできない」の対処法です。次回もお楽しみに!

★ 強い自己愛が共感力の低さを招くことがある
★ 自己愛的な認知を修正することが共感力をあげるヒントに

 

出典
・『パーソナリティ障害とむきあう―社会・文化現象と精神科臨床』林 直樹,日本評論社(2007)
・『人格障害の臨床評価と治療』林直樹,金剛出版(2002)
・共感性と他者意識に関する研究 矯正協会附属中央研究所紀要第15号

コミュニケーション講座


練習問題で気持ちを察するトレーニングを!