ホーム > コミュニケーション知恵袋 >

承認欲求が強いとは?徹底解説!褒められたい心理・恋愛・克服

承認欲求,自己,強い,恋愛,の克服,褒められたい


承認欲求コラム① 認められたい!という気持ちとの向き合い方

 

承認欲求とコミュニケーション ① 

・承認欲求が満たされないと精神疾患に?

  突然ですが、皆さんは「認められたい」という感覚があるでしょうか?心理学的には認められたいという気持ちを承認欲求と呼びます。承認欲求は人間の根本的な欲求です。睡眠欲や食欲と同じように基本的な欲求なので、この欲求が満たされないと精神疾患になってしまう恐れすらあります。

 

・認められないと仕事が嫌になる

 例えば、仕事で考えてみましょう。職場に行くと上司にいつも無視される、同僚に挨拶をしてくれない、自分だけ誘われない飲み会が介されている・・・もしも職場がそんな環境になってしまったら誰でも仕事に行きたくないでしょう。

 職場のストレスの半分以上は仕事そのものよりも、人間関係にあると統計的に明らかになっています。そして人間関係のストレスの大半がお互いを認め合えることができないことからはじまるのです。

 

・自信は家庭で認められることが基礎

 家庭であれば、小さな頃に親が自分に関心がないと、その後の性格に悪影響を及ぼすことが分かっています。赤ちゃんは母親からの承認をしっかりと受けることで「この世の中に生まれてよかった」「私はしっかりと肯定されている」と感じることができます。そういった根本的な自信がその後のコミュニケーションに影響を及ぼしていきます。

 

・承認欲求を理解すると人間関係がわかる

  わたしたちが他者と関わっていくためには、自分と他者をお互いに認め合っていく必要があるのです。相手のことを認めなければ、仕事も恋愛も遊びも成り立たないでしょう。このコラムでは、そうしたお互いを認め合う、つまり“承認欲求”について考えていきます。このコラムでは以下の3つを目標として承認欲求について解説をしていきます。

 

・承認欲求と正しく付き合えるようになる

・承認欲求を人間関係に役立てる

認められたいという気持ちとうまく付き合う

 

 承認欲求を正しく理解できると、人間関係が暖かく豊かになっていきます。その結果、自分自身の心の健康度もずっと良くなるでしょう。次回は承認欲求を理解する上で重要なマズローの5段階仮設について考えていきます。 

 

  • 人間は認められたいといつも願っている
  • 承認欲求は人生の幸せに深く関わる

 

 

次のコラムへ

 

 



会話が続かないのはなぜ?改善法を学ぼう,デート,術 人間関係を楽しもう♪