ホーム > コミュニケーション知恵袋 >

マズローの欲求5階層・5段階を詳しく解説;自己実現コラム

マズロー,欲求,5階層,5段階,自己実現


承認欲求コラム②~承認欲求を満たす、基本的な3つの習慣~

 

承認欲求とコミュニケーション②~認められることの重要性~

コラム①では、認められない事で引きおこされる問題点についてお伝えしました。また、マズローの自己実現理論では、5つの欲求をご紹介し承認欲求は基本的な生存欲求よりも上の段階にあるとわかりましたね。

今回のコラムでは、承認欲求を満たすにはどうすればいいのかを考えるために承認の種類について理解を深めて行きましょう。

 

認知は親和・集団・社会の3種類

山竹(2011)は承認について3種類あるとしています。

① 親和的承認
家族、恋人、親しい友人など、愛情と信頼の関係にある他者から、無条件に受け入れられている実感を伴う承認。
「無条件」というのがキーワードで、どんなことがあっても自分を愛してくれるという感覚です。

② 集団的承認
学校、サークル、職場など、自分が所属する集団の中で、その集団にとって価値ある行動をとった時に得られる承認。
例えばサッカーでゴールを決めて、チームメイトが喜んでかけよって来ることも、集団的承認の一つです。

③ 一般的承認
社会全般にわたって価値があるとみなされるような行為をした時に得られる承認。
例えば過去にボランティア体験があり、それが就職時に評価してもらえたということも、一般的承認の一つです。

 

あなたの承認欲求は?

先ほどご紹介した3種類の承認が満たされると、承認欲求が満たされているということになります。
みなさんは、どのくらい承認欲求が満たされていると感じますか?

・ 身近な人から愛されていると感じる
・ 自分を認めてくれる仕事仲間や友人がいる
・ 社会的に評価される仕事や活動をしている

これらの問いかけに、「YES!」とはっきり答えられる人は、おそらく人間関係もスムーズで、自己肯定感を持っているでしょう。逆に、疑問や不安を感じる人は、どこか満たされない日々を送っているのかもしれません。
では、どうすれば承認欲求は満たされるのでしょうか。

 

コミュニケーションのあり方を見直そう

人から承認を得るためには、相手が自分のことを認めてくれるようなコミュニケーションが必要です。そのため、コミュニケーションのあり方は、人から承認を得る上で重要なポイントといえます。

例えば、あなたが人の悪口ばかり言っていたとしたらどうでしょう。また、相手を責めてばかりいたら、どう思われるでしょう。
答えは言うまでもありません。自分がなかなか認められないと感じる場合は、一度自分の言動に問題がなかったかを見直してみましょう。

心理学の研究の中には「相互性」という法則があります。
相互性とは、自分が行った行為は、相手も行いやすいという原則です。
例えば、自分が笑顔で接すると、相手も自然と笑顔になります。自分が相手を攻撃すれば、相手も自分に対して攻撃的になってしまいます。

このように考えていくと、自分が認めてもらえないのは、自分が相手を認めていないからかもしれないと気付くはずです。
周りから承認されやすい人は、自ら積極的にコミュニケーションをとり、相手を認めるという特徴があります。周りを認めるからこそ、自分の居場所ができていくのですね。
あなたが人間関係に悩んでいるのなら、「まず自分が相手を認める」ということが、上手くいくための最大の近道となるでしょう。

 

3つの基本で習慣を身につける

相手を認めればいいとわかっても、実際にどうやってコミュニケーションをとればいいのか、悩んでしまいますよね。
具体的にどうすればいいのか、3つの基本をご紹介します。

基本① ありがとう!と感謝しよう
感謝の気持ちは、相手への大きな承認となります。
どんなに小さなことでも、一つ一つ丁寧に認めて「ありがとう」と言う習慣をつけましょう。
ありがとうの場面は日常にいくらでもころがっています。

コンビニで店員さんに「ありがとう!」
エレベーターで開くボタンを押してくれた人に「ありがとう!」

日常生活で予想以上に、たくさんの人に助けられていると感じるはずです。

基本② 明るく挨拶をしよう
感謝の気持ちと同様、明るく挨拶することも、相手を承認していることにつながります。
挨拶は、
「あなたを認めています」
「あなたとの人間関係を前向きに考えています」
ということを示すサインです。
そして、人間関係を築くための入り口であり、バロメーターでもあります。
明るく笑顔で挨拶することを心がけてみてください、相手もきっと同じように返してくれるはずですよ。

基本③ 相手の長所を探そう
あなたは人を褒めることができていますか?もしもできていないとしたら、それは大きな問題です。
なぜなら、相手の長所を探してしっかり褒めるという行為は、人間関係で最も大切なことだからです。

特に、その人の人間性、つまり、人柄、雰囲気、言動の素晴らしい点などを肯定するということが大切です。
相手の長所を積極的に認め、口に出して褒めることができるようになりましょう。 

今回は、承認欲求が満たされる基本ともいえる方法をごしょうかいしました。
次回は、もう少し発展的な承認について考えていきましょう。
次回の承認欲求コラムもお楽しみに!

 

  • 承認には3種類ある
  • 相手を認めることが必要
  • 承認欲求を満たす習慣を身につけよう

次のコラムへ


 



会話が続かないのはなぜ?改善法を学ぼう,デート,術 人間関係を楽しもう♪