ホーム > コミュニケーション知恵袋 >

マズローの欲求5階層・5段階を詳しく解説;自己実現コラム

マズロー,欲求,5階層,5段階,自己実現


承認欲求コラム②~マズロー・欲求の5段階~

 

承認欲求とコミュニケーション②~認められることの重要性~

 前回のコラムでは、人に認められないと社会的孤立を招き、精神的にも悪影響を及ぼすということをお伝えしました。今回は承認欲求を心理学的な理論と照らし合わせて考えてみていきましょう。

 

・欲求の基本的理論

 人間心理学には人間の動機ないし欲求に力点をおいた、マズローの自己実現理論というものがあります。この理論には5つの欲求段階があるとされています。

1、生理的欲求
2、安全欲求
3、所属と愛情欲求
4、自尊欲求
5、自己実現欲求

 この自己実現理論は、前の欲求が満たされて、はじめて次の欲求が満たされるということになっています。この中で、承認欲求というのはどの段階あるでしょうか?

1、生理的欲求は基本的な食欲、性欲、睡眠欲などの欲求ですので、承認欲求はこれより上位にあると考えられます。

 2、安全欲求は居住の確保、生活環境の充足などが連想できるでしょう。これも基本的な生存欲求と考えられるので、承認欲求はさらに上の段階に位置しそうです。

 

・日本人の社会は承認欲求が不可欠

3、所属と愛情欲求、4、自尊欲求、5、自己実現欲求はどれも承認欲求と関連がありそうです。所属や愛情は仲間や恋人に認められてはじめて得られるものですし、自尊欲求も基本的に他人に認められるから、自尊感情が芽生えるものです。つまり、承認欲求は生理的欲求や安全欲求などの基本的生存欲求よりも、より高度な段階にある欲求であると考えられます。

 現代の日本人は、不景気といえどもご飯に困ることはありません。また世界的には安全な社会で生きています。必然的に、3,4,5の欲求を求める社会になっている言えます。

 

・所属と愛情欲求を満たすには?

 自己実現理論の中で、承認欲求が特に深く関わっていそうなものが、”所属と愛情欲求”です。人は集団に所属したり、他者に好かれたい欲求を持っています。社会的な動物である私たち人間にとって、これらの欲求は必要不可欠です。

 では所属と愛情欲求を満たすにはどうすれば良いのでしょうか?この欲求を満たすには、様々な形でお互いを承認する行為が必要になります。所属をしていると実感をするには、組織からの承認が必要になりますし、愛されているなあと感じるには、相手からの承認が必要になるからです。

 さらに言えば、承認の仕方には実は様々な種類があります。自分の中で承認のバリエーションをたくさん持っていると、相手の気持ちを満たすことができますし、自分自身もあいてから認められていると実感する手段をたくせん持つことができます。

 次回からはさらに焦点を絞って、承認についての種類・バリエーションについて考えていきたいと思います。

 

  • 承認欲求は所属や愛情欲求と深く関わる
  • 特に身近な人からの承認が大事である!

次のコラムへ


 



会話が続かないのはなぜ?改善法を学ぼう,デート,術 人間関係を楽しもう♪