>
>
>
第二次反抗期の対応・接し方「小学生・中学生編」

第二次反抗期の対応・接し方「小学生・中学生編」②

コラム①では、反抗期の意味や定義、年齢、具体的な乗り越え方など心理学の研究を交えながら解説しました。反抗期には第一次反抗期と第二次反抗期がありましたね。

今回は「第二次反抗期の子どもへの接し方」を紹介します。

第二次反抗期とは?

第二次反抗期はいつ?

一般的には小学校高学年から中学生くらいまでの思春期です。はじまりの時期や反抗期の長さには個人差があります。中にはめだった反抗的な態度がない(見せない)子どももいます。

第一次反抗期の特徴

第二次反抗期は、脳が大人に近づく発達時期です。ただし、コントロール機能はまだ未熟なため、衝動性が強く先の見通しも持ちにくいため失敗が多くなりがちです。

思春期は、身体的にも目覚ましい成長を遂げるため、不安やストレスを抱くことも多く、周囲への反抗的態度が強く表れることもあります。

第二次反抗期の反発的な態度は、不安やストレスなどさまざまな要素による「やり場のない思い」が要因となっているケースが多い考えられています。

第二次反抗期の特徴

第二次反抗期:子どもへの関り方 

男女の違いを知る

第二次反抗期の子どもへの関り方は、男女で少し異なってきます。思春期の男の子と女の子の特徴は、以下の通りです。

・男の子の特徴
身体やホルモンの関係でコントロール機能が弱く衝動的、感情的になりやすい。

・女の子の特徴
男の子より早熟で学校での人間関係の問題が深刻になりやすく、自己評価が下がりやすい。家でストレスを発散することが多くなる子もいる。

思春期の女の子と男の子の違い子どもに愛情をもってしっかり関わることは男女共通ですが、第二次反抗期は、性別による特徴に応じた接し方をすることが大切です。

反抗期の男の子・息子への接し方

<事例>
中学生のAくんは、ゲームは22時までというルールがあります。しかし約束を破り、23時まで起きてゲームで遊んでいました。

翌日親が注意すると「20時まで塾に行っているのに22時までだと遊べない」と言う理由で反抗してきました。

このとき親の接し方としては、
①高圧的な態度や言葉で子どもを説得する
②しっかりと子どもと親との間でルールを決める
どちらがいいでしょうか。

反抗期の息子への対処法

×①高圧的な態度や言葉で子どもを説得する
NGな接し方です。大人の高圧的な態度が状況を悪化させてしまう可能性が高いです。

お互いが感情的になりそうになったら、一旦その場を離れ、クールダウンするといい関わり方ができるでしょう。

〇② しっかりと子どもと親との間でルールを決める
適切な接し方です。Aくんの主張を聞き、もう一度ゲームの時間について話し合うようにしましょう。

ルールが守れているか見守り、破ったときにはペナルティを与えることも必要です。日常のルールを守る中で、セルフコントロール力を付けることができます。

反抗期の女の子・娘への接し方

<事例>
中学生のB美さんは、学校での友達関係に悩むことが多くなりストレスをためています。近頃は親を馬鹿にする発言を繰り返します。

このとき親の接し方としては、
①友達のような距離感で関わる
②断固として抗議する
どちらがいいでしょうか。反抗期の親子

×①友達のような距離感で関わる
NGな接し方です。ストレスがあるからといって親に八つ当たりすることは良くありません。

親は「いいことはいい」「だめなことはだめ」と毅然とした態度で言い切ることも必要です

〇②断固として抗議する
適切な接し方です。馬鹿にした態度や言葉には断固として抗議してください。

「そんなことを言われたくない。二度と言わないでちょうだい!」などきちんと主張しましょう。横暴で自己中心的な振る舞いや考え方は、子どものためになりません。

時には親が子どもを突き放すことで、子供は自分の考えで行動できるようになります。複雑な思いを言葉にしていくことで少しずつ気持ちも落ち着いてくるはずです。

そして「学校で困っていること、嫌だと思うことを聞くよ」という言葉をかけるようにしましょう。

特徴を理解して上手に関わろう

今回は第二次反抗期の時期や特徴、子どもとの関わり方をご紹介しました。

思春期ならではの特徴や性別による違いを理解して、子どもの気持ちと上手に関わってみてください。

講座のお知らせ

最後に、これまで「反抗期」コラムにお付き合いしていただき、ありがとうございました!まずは、ご紹介した方法を実践してみてくださいね。

心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。

みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

人間関係講座

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→