>
>
>
傾聴力を高める⑨間の取り方

傾聴力を高める⑨「間の取り方」

当コラムでは傾聴トレーニングを体系的に解説しています。

コラム8では「感情質問」を解説しました。相手との親密度が高められる傾聴スキルでしたね。

今回は傾聴の基礎の仕上げ「間の取り方」について紹介します。間のない会話は忙しくなってしまい、自分も相手もすごく疲れます。適切な間の取り方を身につけて、傾聴スキルを伸ばしていきましょう!

 

「間の取り方」とは?

間の取り方

傾聴では、間の取り方が非常に重要です。間の取り方が適切でないと、相手が会話にストレスを感じるため、良好なコミュニケーションが図れません。

間が上手に取れない人は「間」が空くと焦って話しをしてしまうことがあります。たとえば質問をした後、相手がう~んと考えている途中で質問を被せてしまうのです。

間が適切に取れない人(聴き手)
聴き手「好きな旅行先はどこですか?」
  ↓
相 手「う~ん・・・(1秒)」
聴き手「あまり行かないですか?
    では地元はどうですか?」

このような会話では、相手は質問責めにあっているような気持ちになり疲れてしまいます。

一方で、間の取り方が上手な人の場合はこんな感じになります。

間が上手に取れる人(聴き手)
聴き手「好きな旅行先はどこですか?」
  ↓
相 手「う~ん・・・(3秒)」
聴き手「悩んじゃいますよね~(3秒)」
相 手「う~ん・・・(3秒)あ!
    そういえば3年前に温泉に行きました」

このような会話なら、しっかり考えて話ができそうです。

会話をしているときに「間」が空いてしまうと、気まずい気持ちから焦って話をする人もいます。しかし適切な「間」をとることが、傾聴姿勢では非常に大切です。

 

「間」の3つの効果

「間」には、3つの効果があります。

深い理解ができる
適切な「間」が取れると、互いに会話をゆっくり味わえます。相手の発話を落ち着いて考える事ができるため、相手との会話に深い理解ができます。

親密度が高まる
相手にじっくり話を聴いている印象を与えます。特に相手が感情的な話題にれている時には、寄り添うような姿勢を示すと、相手との距離を近づけることができます。

安心できる
適切な間があることで、傾聴姿勢をしっかりと示せます。傾聴してもらえる空気から相手はとっても安心することができます。

傾聴力を間の取り方で伸ばそう

 

 

注意点

「間」には注意点があります。初対面での会話に長い「間」が続く場合は注意が必要です。

会話にゆとりを持たせてくれる「間」ですが、あまり間が空きすぎると、相手に興味が無いよう取られてしまいます。ある程度会話ができるよう話す姿勢を持つことが大切です、

これまでご紹介してきたオウム返しや肯定返し、自己開示などを使いながらたくさん話すことで、会話にボリュームがでて自然と楽しくなってくると思いますよ。

 

傾聴講座のお知らせ

最後に、これまで「傾聴」コラムにお付き合いしていただき、ありがとうございました!まずは、ご紹介した傾聴スキルをトレーニングしてみてください

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく実践練習をしてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。

私たちが講義をしている講座となります。

人間関係講座

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→