>
>
>

共感力を高めよう!心理学のプロも使う4つのコツで

共感力


共感力を伸ばそう!心理学のプロが教える4つのコツ③

コラム②では、共感力を高める方法の1つ「相手視点の考え方を身に付ける」について考えました。「いったん相手になってみる」ことで、少しずつでもいいので、考え方を変えることが大切でしたね。

今回は、共感力を高める方法の2つ目「プロが使う共感スキル」について解説します。

共感的理解をする4つのポイント

コラム①でもお伝えしたように、私たち臨床心理士は、大学院で徹底的に共感についての訓練を受けます。共感的理解ができない臨床心理士は、一人前として仕事ができないからです。

この訓練が厳しくて厳しくて…という愚痴は置いておいて。今回は、共感的理解のスキルとして、4つのポイントをご紹介します。

共感力を高める4つの方法

①表情をしっかりみる
共感の基本は、相手の表情をよく見ることです。

・楽しそう?
・喜んでいる?
・不満そう?
・怒っている?
・つまらなくみえる?
・納得いかないみたい?

などなど、相手の気持ちを意識して表情を見るようにしてください。「言葉はポジティブなのに、怒った顔をしている」「嬉しいはずの話なのに、悲しそうな顔をしている」など、話の内容と表情にズレがある時は、特に注意が必要です。

言葉だけを受け取って返すと、共感の欠けたコミュニケーションになってしまいます。話の内容だけでなく、表情をしっかり確認するということを意識しましょう。

②相手と表情を合わせる
嬉しい話をしているときは、相手も嬉しそうな顔になっていてほしいですよね。つらくて泣きながら話しているときに、相手も悲しい顔になっていると、「わかってもらえたのかも」という気持ちになります。

専門家は、相手の表情と自分の表情が同じになるように心がけています。実はこれは、ちょっと高度なスキルです。慣れていないと演技っぽくなってしまうので、注意しなければなりません。過剰に意識せず、「自然にできる範囲で表情を合わせる」くらいに考えてみてください。

③質問をしてみる
「表情を見てもよくわからない」
「想像するにも限界がある…」

そんな時は、思い切って相手の気持ちを聞いてみましょう!質問の仕方やタイミングは、時と場合、聞く相手によって様々です。積極的な質問は、共感力UPのカギになりますよ。質問の仕方を、このあとの練習問題で考えてみましょう。

④言葉にして伝える
共感を具体的に伝える方法の1つに、「相手の言葉を繰り返す」というシンプルな方法があります。共感を伝えるための必須条件となりますから、しっかり身に付けていきましょう。

例えば、相手が「悲しい」と言ったら、自分も「それは悲しいよね」と、相手の感情をくり返します。「あなたの気持ち、わかりますよ。」という共感を言葉にして返すことが大切です。

共感力を伸ばす練習問題

それではここで、先ほどご紹介した4つのポイントを踏まえながら、共感的理解の練習問題に取り組んでいきましょう。

練習問題1
友人が「実はいま、職場でいじめられていて、すごくつらい」ともらしました。友人にとって、AとB、どちらの方が嬉しいでしょう。

A:安心してほしくて微笑みながら聞く

B:悲しい顔で真剣に聞く

⇒考えてみよう!

 

 

解答例
Bの方が共感を伝えることができます。「つらい話」に対して「悲しい」表情で応えてもらえると、それだけで自分のことをわかってくれていると感じるものです。

共感的理解のポイント②「相手と表情を合わせる」というスキルですね。同じスキルを使った問題をもう一問やってみましょう。

練習問題2
同僚が、「最近、昇進したんだ。頑張らないと(^^)」と話しています。AとB、どちらの方が嬉しいでしょう。

A:「そうかあ~勉強しないとな!」
  と真剣な表情で受け止める

B:笑顔で喜ぶ(^^)

⇒考えてみよう!

 

 

 

解答例
こちらもBの方が共感を伝えることができますね。相手は、喜びを笑顔で受け止めてもらえると、「一緒に喜んでくれている」と感じることができます。このように、「共感」を伝えるには、相手の表情とシンクロすることが重要なポイントだとわかりますね。自然にできることが前提になりますが、できる範囲で表情合わせを心がけてみてください。

練習問題3
あなたはには初めての後輩ができました。後輩はご両親の介護をしているようです。通例ですと新人さんが来た場合は、親睦を深めるため飲み会を企画しています。

しかし、今回はその前に忙しそうな後輩に飲み会に行きたいか聞いみました。後輩は「飲み会ですか。なるほど。」と無表情で解答しました。

後輩は普段からクールでいまいち真意を測りかねたあなたは、質問をすることにしました。どんな質問をするといいでしょうか。

⇒考えてみよう!

 

 

解答例

感情表現が苦手な方との会話の場合、共感するものは難しいものです。そんなときは思い切って質問をしてしまうのも1つの対策となります。ただし同じ質問でもNGとOKがありますので解説します。

NGな質問

・ご両親の介護って大変?
・ぶっちゃけめんどう?
・いつだったらいける?
このような質問はあまりよろしくありません。最初からマイナスの前提で傾聴する癖をつけると、相手がそもそもネガティブな考えを持っていると自分が予想していることの裏返しになってしまうからです。

相手としては、この人は私の状況をネガティブに考えていると意識させてしまうことになります。いつだったらいける?という質問もやや強制力のある質問なので信頼関係ができない段階ではおすすめできません。

OKな質問

・飲み会って参加するほう?
・お酒どれぐらい飲むの?
・親睦会開催してもしなくてもOkなんだけど、どうかな?

こんな感じの中間的な質問がいいでしょう。真意がわかりかねる場合は質問を何度かしてみて、些細な感情の抑揚や言葉からヒントをもらうことになります。このケースではやや難易度が高いですが、1回で真意がわからない場合はコミュニケーションの量を増やしながら考えていきましょう。

練習問題4
友人が「実はいま、職場でいじめられていて、すごくつらい」ともらしました。AとB、どちらの返答が嬉しいでしょう。

A:「いじめられるとつらいよね。」

B:「それは落ち込んでしまうね。」

⇒考えてみよう!

 

 

解答例
今回はひっかけ問題です。解答としてはどちらもOKです。ただし、1は友人の言葉をただ短く繰り返しただけなので、初心者向けです。プロの場合はBを使うことが多いです。少し言い替えてオウム返しをするのですね。より自然な返し方になりますので参考にしてみてください。それでは最期にもう一問!

共感力は努力で改善する

共感的理解の練習問題はいかがでしたか。共感力が低いと周りから言われたり、人間関係でトラブルが多い方は、適度にチャレンジしてみてください。

今回のコラムでは、共感を伝えるためのスキルについて解説しました。注意点として覚えておいていただきたいのは、これらの訓練は、本来プロが行うものです。

過剰に意識すると演技っぽくなってしまったり、ストレスを抱える一因にもなります。気楽にできる範囲内で、努力してみてくださいね。

次回は、共感力を高める方法の3つ目「「感情」と「考え方」を分けて共感」についてご紹介します。

★共感的理解のスキルを適度に取り入れて共感力を高めよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。



4つのコツを活用しよう