>
>
>

妬みや嫉み心理を良いパワーに変えるコツを知ろう!

妬み,嫉み


妬みや嫉みを良いモチベーションに変える②

妬みやすい原因に対処しよう

コラム①では、妬みや嫉みの感情を抱きやすくなる3つの原因と解決策をあげました。具体的な解決策には「①悪い妬み→良い妬み」「②他人と比較するのをやめる」「③妬みをマネジメントする深呼吸法」でしたね。

今回は、妬みや嫉みの感情を改善する方法の1つ目「悪い妬み→良い妬み」についてご紹介します。

妬みに対処!自尊心を理解しよう

コラム①でもお伝えしたように、妬みには「悪い妬み」と「良い妬み」があるということです。妬みに良い面があるなんて、ちょっと意外に感じられるかもしれませんが、妬みの研究においてもそのことが分かっています。

「良い妬み」はポジティブ行動につながる

1972年、フォスター(Foster, G.)の妬みに関する論文では、妬みを感じることで、自分の足りない部分に気付くことができると述べられています。そして、その足りない部分(=自信のないところ)を直そうという心理が自然と働き、頑張るモチベーションが上がるというのです。妬みの感情を抱きやすい人は、そのネガティブな感情をバネにより一層頑張ることが可能だといえます。

「悪い妬み」はネガティブ行動

次に悪い妬みですが、ネガティブ行動に結び付くものが挙げられます。自分よりも優れていると感じる人の足を引っ張るような行動ですね。最近、あるスポーツ選手が、ライバル選手がドーピングで引っかかるように操作をしたというのがニュースになっていました。このように妬みによって、他人の足を引っ張る、攻撃的な言動になる、ギャンブルなどの逃避的な行動に結び付くと、うまく妬みをコントロールできていないと言えます。

妬みをモチベーションに変えよう!

では、どうすれば妬みを善玉の感情に変えることができるのでしょうか?それには以下の4点が重要です。

①他人の優れた点を認める
まずは他人の優れた点を、馬鹿にしたり嫉妬の渦に自分を巻き込むのではなく、「ああ、すごいな、○○さんなりに努力した結果なんだな」と認めることが重要です。

②自分にできることを明確にする
次に他人だけではなく、自分のできる点もしっかり認めましょう。「できること」を知ると、それをさらに伸ばしていくことができます。自尊心の低下も防ぐことができます。

③できないことも明確にする
そして「できないこと」もまた考えましょう。できないことを知ると課題が明確になって、自分の問題に向き合うことができます。できないことに蓋をしてしまうと、目標が定まらずただ他人が羨ましいという気持ちに支配されてしまいます。

④どう成長するか?を考える
最後に、相手の素晴らしい点を認めるつつ、自分がどう成長すればいいか?考えましょう。

妬みを良いエネルギーに

ここで、妬みをモチベーションに変えるために練習問題に取り組んでみましょう。まずは例文で手順を確認しましょう。

例文
AさんとBさんは、同期入社した会社の仲間です。営業成績はさほどかわらないにも関わらず、Bさんだけが昇格し、希望する部署へも異動する事ができました。
Aさんは自信を無くし、Bさんに妬みを感じイライラする感情を抑える事ができません。どのように気持ちを切り替えていけばいいでしょうか。

解答例
①他人の優れた点を認める 
Bくんの○○はくやしいけど素直に凄い!

②自分にできることを明確にする 
自分は△△が得意。Bくんにはない良さも持っている

③できないことも明確にする
自分の短所は××。Bくんから刺激をもらって頑張ろう

④どう成長するか?を考える
具体的には明日から、営業のトーク集を1日1つ書いて、積み重ねていこう

いかがですか。努力次第でBさんに近づけたり、自分の良い部分に気づく事で、自尊心を傷つけず妬みを良いエネルギーにかえる事ができますね。

自分の例で実践練習

それでは、自分の例で取り組んで行きましょう。あなたが妬みを感じている事で考えてみましょう。

①他人の優れた点を素直に認める

②自分にできることを明確にする 

③できないことも明確にする

④どう成長するか?を考える

 

練習問題をやってみていかがでしたか?すぐに自分の課題を見つけ出す事はできないかもしれませんが、少しづつ自信を付けていきましょう。

妬みや嫉みの感情をコントロール!

妬みをモチベーションに変えると自尊心を持てるようになります。他者と関わり、集団の中で生活する私たちにとって、とても大切なことです。妬みの感情をコントロールするために、妬みをポジティブ行動に結び付くようにしましょう。

次回は、妬みや嫉みの感情を改善する方法の2つ目「他人と比較するのをやめる」についてご紹介します。

★ 悪い妬みや嫉みをバネに、良い妬みに変えよう!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

コミュニケーション講座

*出典・参考文献
・Foster, G. (1972). The anatomy of envy: A study in symbolic behavior. Current Anthropology, 13,165-202.



克服するためのコツを確認しよう