ホーム >
コミュニケーション知恵袋 >
心理学コラム >
コンプレックスを克服する本棚セラピー

日付:

コンプレックスを克服する本棚セラピー

コンプレックスを克服コラム1では、解消する6つの方法を解説してきました。コンプレックスを持っているときは、そのことばかりを考え、視野が狭くなりがちです。このように、1つの情報に意識を向け続けることを「選択的知覚」と言います。

当コラムでは、選択的知覚をほぐして、多角的な視点をふやす、今回は本棚セラピーについて解説していきます。

コンプレックス,視野を広げる

本棚セラピー

本棚セラピーとは

本棚セラピーとは自分の長所や資源に目を向けていくことで自己肯定感を高めていくワークです。

まずは以下のような本棚をイメージします。それぞれのスペースに自分が持っている知識や長所を入れていきます。

コンプレックスを克服する練習

↓本棚を埋めてみる!

コンプレックスを克服する練習

Aさんの例Aさんには、学歴にコンプレックスがあるため社会的地位のところは埋められませんでした。しかし、その他の棚にはたくさん入っています。こうしていくと、意外と自分自身にもステキなところはたくさんある事に気づけます。

本棚セラピーを行うと自分自身にたくさんの価値や知識があることに気が付きます。他の人がうらやむような素敵な何かもきっとあるでしょう。

誰かに埋めてもらう

自分なりに考えて、なかなか埋めることができなかったら、周りの人に、教えてもらうのもOKです。あなたにとっては、コンプレックスでも、他の人にとっては、うらやましいということがあったりします。

例えば、筆者が開催している講座で本棚セラピーを実施していたところ、

私は話し方がゆっくり・・・
頭が悪そうに見える・・・

と悩んでいる生徒さんがいました。その生徒さんは「性格」の欄を埋めることができませんでした。すると同じチームにいた方から

安心感がある話し方!でほっとする
ちょうどいスピードで理解しやすい!
私もゆったり型なので親しみやすい
ゆったり返してくれるので話しやすい

とみんなから褒められたり、羨ましがられていたのです。本人も確かにそうかも!と納得し、空白の部分を埋めることができました。

行き詰ったら周りの方に自分の長所を聞いてみるのも1つの手です。

 

本棚セラピーにチャレンジ

あなたという人を本棚に例えた時に、どんなものが入っていると思いますか?思いつく事を本棚ワークシートに入れてみましょう。それぞれ自分の中に何が入っているか埋めていってみてください。

どんな小さいことでも構いません。できる限り埋めてみましょう。もし聞けそうであれば周りの方にも聞いてみてくださいね。

コンプレックスを克服する練習

コンプレックスを軽減

本棚セラピーはいかがでしたか?きっと自分の良いところを再認識できたと思います。またどんな本棚にするかは、皆さんの自由です♪別の項目でもためしてみましょう。

コンプレックスを強く感じたときなど困った時に、是非ためしてみてくださいね。講座での学習もオススメです。実際に練習をたくさんしたい方は下記の看板からお待ちしています。

 

コミュニケーション講座,心理学のセミナー

 

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科 修了

取材執筆活動など

  • NHKあさイチ出演
  • NHK天才テレビ君出演
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」


YouTube→
Twitter→
元専修大学教授 長田洋和

名前

長田洋和


経歴

  • 元専修大学人間科学部教授
  • 東京大学 博士 (保健学) 取得
  • 臨床心理士
  • 精神保健福祉士

取材執筆活動など

  • 知的能力障害. 精神科臨床評価マニュアル
  • うつ病と予防学的介入プログラム
  • 日本版CU特性スクリーニング尺度開発

臨床心理士 亀井幹子

名前

亀井幹子


経歴

  • 臨床心理士
  • 公認心理師
  • 早稲田大学大学院人間科学研究科 修了
  • 精神科クリニック勤務

取材執筆活動など

  • メディア・研究活動
  • NHK偉人達の健康診断出演
  • マインドフルネスと不眠症状の関連