>
>
>

アイデンティティの意味も!解決法を分かりやすく解説

アイデンティティ,意味


アイデンティティの意味や使い方、確立するための方法を分かりやすい解説②

「やりたい事が分からない…」方は必読

コラム①ではアイデンティティの意味や持てない事での問題、アイデンティティが確立できない原因をご紹介しました。原因は「①自分のことをあまり知らない」「②人生のできごとを自分なりに整理できていない」「③相手のことをあまり見ていない」の3つでしたね。

今回は、アイデンティティが確立できない原因の1つ目「自分のことをあまり知らない」の解決策として「自分へのメンタライゼーション」についてごく簡単にお話していきます。

「自分のやりたいことが見つからない・・・」「何をしていいかわからない・・・」などアイデンティティが拡散していると感じる方は参考にしてみてください。

 

メンタライゼーションとは?

メンタライゼ―ションを簡単に解説

「自分のやりたいことを見つける」「自分なりの価値観を創っていく」ためにはどうしたらよいのでしょうか。

実はさほど難しいことではありません。

心理学ではメンタライゼーションという考え方があります。メンタライゼーションとは、1990年代にイギリスの精神分析家であるフォーナギーが提唱した概念です。

メンタライゼーションとは
「① 自分の身の周りに起こったできごとや行動に対して、②心理的な背景を読み取る能力である」
とされています。少しわかりにくい概念ですが、アイデンティティを確立する上で非常に重要な概念です。

メンタライゼ―ションの具体例で説明したいと思います。

①猛烈に仕事をした後、何日か疲れがたまっていたとします。この時、かなり無理をしていたのかもしれない気が付く。これがメンタライゼーションです。

②顔をしかめて仕事をしている相手がいたとします。この時、疲れているのかなぁ・・読み取ることがありますよね。これは他者の心理に気が付いています。これもメンライゼーションになります。

このように「①行動に対して②自分や他人に考えていること・感じていることがあるという認識を持つこと」が、メンタライゼーションという考え方なのです。

アイデンティティとの関係

カウンセリングの場面では、近藤ら(2013)がメンタライゼーションの視点を通してアイデンティティを形成できたという事例報告もなされています。

人間関係で行き詰まった時などに、「自分がどう考えていたのか?どう感じていたのか?」ということを明確に言葉で話せるようになるとアイデンティティを確立しやすいのです。

「自分がどう感じているか?どう考えているか?」という点を明確化するプロセスはアイデンティティ形成ではとても重要な役割を果たします。

アイデンティティ形成とは、自分の価値観を確立することでもありますから、そもそもの自分の考えに気がついていないととどうにもなりませんね。なのでメンタライゼーションの視点がとても重要な役割なのです。

自分の心に目を向けよう

もし皆さんがアイデンティティを拡散していると感じていたとしたら、

・日々の生活に追われている
・自分の心と向き合うことが少ない
・周りの環境に流されてしまう
・相手の意向に沿おうとし過ぎる

このような傾向があるかもしれません。自分のことを把握していないので、「自分がどんな人ですか?」「どんなことを大事にしていますか?」というアイデンティティに関することが分からないのです。

今回は「自分へのメンタライゼーション」ですので、自分自身について、そして日常のできごとについてのあなた自身が考えたり・感じたりしていることを気づいたり、明確にしていきましょう。それがアイデンティティ形成の第1歩です。

 

メンタライゼーションにチャレンジ

アイデンティティと関係

アイデンティティを見つめ直すコツとしては具体的には、皆さんが何気なく体験している様々な状況について、自分の考えや感情に焦点をあてて、その時「自分はどう思っていたのか?」「どう感じていたのか?」という点を思い返してみるということになります。

例えば、飲み会で孤立して、溶け込めないとき、なんだかもやもやして、寂しい気持ちになったとします。このとき、なぜもやもやしたのか?という点を言葉で説明する(言語化)できるようになるという作業が非常に意味があります。

具体的には
①できごとを客観的に書きだす
②自分の行動や振る舞い方を書きだす
③どんなことを考えていたか・感じていたか?を書きだす
という、3つのステップで考えていきます。

まずは、メンタライゼ―ションの例を見ていきましょう。

例文
Aさんは対人関係で頑張ってしまう方です。職場の同僚Bさんと飲みに行きました。Bさんは、とても積極的な同僚で、おしゃべりです。食事なども「Aさん、次の注文は、これがいいですよね」とどんどん仕切ってくれます。必死にその場についていきました。終わってみるとよくわかりませんが、何となく巻き込まれた感じで、帰りの電車の中でどっと疲れが出てきました。毎回そんな感じです。

①できごとを客観的に書きだす
⇒おしゃべりなBさんと飲みに行った。Bさんのペースでわーっとしゃべって、Bさんがどんどん注文する。いつも早い。これは毎回のパターンだ。

②自分の行動や振る舞い方を書きだす
⇒何とか必死についていくような感じ。終わった後疲れた。

③どう考えていたか・どう感じていたかを書きだす
⇒本当は食べたいものがあったのに、何か言えなかったな。自分も色々Bさんに聞いてほしいこともあったんだけどな。言えないと溜まってしまうな。もっとゆっくり食事したかったのだけどな・・。

という様にこんな感じで結構です。この回では、あくまで自分がどう考えているか、どう感じているかという点をしっかりと明確にしていくということだけを意識してください。そこからの対処はまた次のコラムでお話しますね。

以下の下書きを元に自分の価値観や思いに気が付いて、それを一度確認したり、考え直してみたりしましょう。

①できごとを客観的に書きだす
②行動や振る舞い方を書きだす
③どんなことを考えていたか・感じていたか?を書きだす

 

 自分を大切にアイデンティティ確立

自分を大切にアイデンティティを確立普段の生活では困ったことに対して意外と目をつぶってしまいがちです。どうしても忙しい現代社会では自分の気持ちと向き合い暇がなく、後回しになってしまいがちですね。

しかし、いつも自分の気持ちに蓋をする癖をつけると、どっと疲れが出てきたり、もっと悪い状況になるとメンタル面での不調、アイデンティティ拡散につながる場合もあります。よくカウンセリング場面では、「親の言うことばかり聞いてきた」とお話しされる人がいますが、まさに自分がどう考えているか、どう感じているかという点を今まで意識してこなかった方、あるいはそうした機会が少なかった方が多い印象があります。

必ず私たちそれぞれがしている行動の背景には、私たちの心が存在します。ここでの心とは、あなた自身が持つ考えや感情のことです。その私たちの心の声によく耳を傾けてもらえると、自分についての気づきが得られることがあります。そこで気づいたことがアイデンティティを形成していく第1歩となるのです。

次回は、アイデンティティを持てない原因の2つ目「人生のできごとを自分なりに整理できていない」の対処法として、自分の経験を整理していくという作業を行います。

★ アイデンティティ・クライシスが起きる状況の1つを知ろう
★ 自分のアイデンティティも大切にしましょう
★ 相手との関係性から自分のアイデンティティを見つめ直そう
★ アイデンティティ・クライシスから自分のアイデンティティを見つめ直そう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

コミュニケーション講座

*出典・参考文献
J.G.Allen&P.Fonagy(2011)メンタライゼーション・ハンドブック MBTの基礎と臨床 岩崎学術出版社上地雄一郎(2015)メンタライジング・アプローチ入門 愛着理論を生かす心理療法 北大路書房近藤直司・小林真理子・宮沢久江(2013)ひきこもりを伴う自閉症スペクトラム障害とメンタライゼーションに焦点をあてた精神療法 (特集 メンタライゼーション)  精神分析研究 57(1), 22-29, 2013-02



自分へのメンタライゼーションを実践しよう