>
>
>
後悔しない・迷わない!自信をもって決断!損得勘定実行法​

後悔しない生き方・迷わないための方法

コラム①では、後悔しない人生について解説していきました。今回はポジティブな行動を増やす「損得勘定-実行法」について解説をしていきます。

リスク回避思考では行動できない

損をイメージすると行動できない

今まで後悔が多かった…という人は、リスクを考えすぎる傾向があります。

・もし○○だったら…
・万が一〇〇だったら…
・失敗したらどうしよう…

もし…もし…もし…が頭の中をぐるぐる回り、いつまでも行動できないジレンマに陥ります。

プラスの面にも目を向けよう

行動力をつけるには、リスクだけでなく、決断を後押ししてくれるプラスのメリットも考え、比較してみることが大事です。

このメリット,デメリットを比較する姿勢を損得勘定→実行法と私は呼んでいます。この技法では、まず自分の考えや行動のメリットとデメリットをそれぞれ紙に書いていきます。

次に、書き出したプラスとマイナスの比重を数値で表します。最終的にどのような考え方をしたらいいのか整理します。

手順:損得勘定→実行法

それでは、ここから損得勘定→実行法の4つの手順について見ていきましょう。

①決意する

決断できない人は、どうしても不安の感情に流されがちです。

たとえ、メリットの方が多くても「後悔するかも…」と踏みとどまってしまうかもしれません。そこで、損得勘定→実行法に取り組むまえに、

「プラス面が多ければ行動する!」

と心に誓いましょう。自分との約束がなければ、損得勘定の意味がなくなってしまう場合があります。不安があっても上手くできなくても構いません。とにかく行動するだけでOKです。

コイン投げで表が出たら、とりあえずやる!というイメージで最初に決意しましょう。

②メリットとデメリットを書き出す

損得勘定→実行法で扱うテーマを決めます。そもそも自分が何に迷っているのか、同定します。ある決断をするかしないか迷っていても、ここでは、「~する」と肯定文で1文にまとめましょう。


・ダイエットする
・アルバイトを探す
・友達に謝る

そして、テーマの行動をしたときのメリットとデメリットを出来る限り書き出します。些細な考えでも構いません、自分の考えをなるべくたくさん書きましょう。

③点数を付ける

②で書き出したメリット・デメリットに重みづけをします。感覚的にでいいですから、その考えが自分にとってどのくらい重みがあるか、0(大したことではない)~100(非常に重要である)までの数値で表してみましょう。

えいや!で実行

メリットの方が数値が高かった場合、えいや!で実行します。不安や恐怖もあると思います。頭で分かっていても体が動かないかもしれません。

しかし、行動するためには、ある程度思い切りが必要です。①で行った自分との約束を果たすべく、わずかでもいいので実行していきましょう。

損得勘定法-具体例

ここでで後悔しない決断ができた、マナブさんの事例を見ていきましょう。

マナブ

・マナブさんの状況
発表することが小さい頃から苦手
大学の授業で人前で発表する機会を訪れる
後悔したくない…と思い発表するか迷う

マナブさんはしきりに考えても結論が出せませんでした。そこで、学生相談室のカウンセラーに相談を持ち掛けることにします。

カウンセラーは、マナブさんがあまりに迷っていたので、「損得勘定法」を進めることにしました。話し合いながら、マナブさんは次のように損得勘定法を実践します。

①決意する

カウンセラーは損得の比較を始める前に、まずは「決意」することを促しました。

後悔しない生き方のコツ

マナブさんは、しばらく考えこみ、「自分は子供のころから苦手で…」「もし、失敗したら…」と後ろ向きな発言を繰り返します。

それでも、カウンセラーの協力もあって、自分にとってプラスになるならやる!と決意しました。

②メリットとデメリットを書き出す

その後、マナブさんは発表するメリット・デメリットについて以下のように書き出しました。

発表するメリット
・良い経験になりそう
・発表がうまくいけば自信になる
・自分の考えを皆に知ってもらえる
・周囲から意見をもらえるかもしれない

発表するデメリット
・発表が苦手なので失敗するかもしれない
・どうせ失敗して自信をなくしそう
・失敗したら成績が悪くなりそう
・失敗したらこの先立ち直れない

③点数を付ける

次にマナブさんはメリット・デメリットを表に書き写し、点数を付けていきました。

上記にように、発表するメリットの合計点が265点なのに対し、デメリットの合計点は240点と低い結果となっています。

マナブさんは、損得の比較をして最終的に以下のように考えました。

決断しよう

こうして、マナブさんは発表する「プラス面」に意識を向けることができました。

もちろん、マイナスな面も複数あります。ただ、そこだけに焦点を合わせるのではなく、+-の両面から見ることでマナブさんのとらえ方は変化していきました。

④えいや!で実行

後日、先生に発表する旨を伝え、いよいよ、本番です。マナブさんは発表当日まで、何度も辞退することが頭によぎりましたが、その度に①での決意を思い返しました。

後悔しない選択を

最終的に、マナブさんは無事発表を終えることができました。発表する前は、ものすごく不安だったけど、今はすごくスッキリしていると話します。

そして、なにより「発表してよかった」としきりに話していました。このように、人間は感情で自分の行動に蓋をすることが良くあります。

そこで、損得の2つの面を比べることで後悔しない決断ができるのです。

後悔しにくくなる損得勘定法4つの手順

損得勘定→実行法

それではワークを実践してみましょう。

①決意する
→「            」

②メリット・デメリットを書き出す
その行動を行うメリット





その行動を行うデメリット





③点数を付ける
②で書き出した文章の右に、0(大したことではない)~100(非常に重要である)を記入しましょう。

 

④えいや!実行

損得勘定法ワークシート

こちらに損得勘定法ワークシートを作成しました。ご自身で実践する際に、適宜お使いください♪
損得勘定法ワークシート

後悔しない生き方へ

ワークはいかがでしたか。損得勘定→実行法は、迷っていることを数値化して整理する方法でした。+-の両面を照らし合わせると、自信をもって決断することができるようになります。

後悔したくない場合は一度冷静に考えましょう。もちろんデメリットが大きければ無理に行動しなくてもOKです。しかし、プラスが大きそうであれば思い切って行動することがコツです。

たとえ失敗しても後悔はそこまで大きくならないでしょう。

次の後悔コラムでは、後悔しにくくなる方法の3つ目「時間投影イメージ技法」についてご紹介します。

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・引用文献
中西大輔・井川純一・志和資朗(2015)自信があれば後悔しない-意思決定への自信が後悔に与える影響-, 感情心理学研究, 22(3), 118-127.