>
>
>

笑顔の作り方-リフレーミングでトラウマを克服しよう

笑顔,作り方


笑顔の作り方-リフレーミングでトラウマを克服②

リフレーミングで笑顔を

コラム①では、笑顔と感情の関わり、トレーニング方法、笑顔と心理面のケアについて解説しました。ご紹介したトレーニングをはじめ、これかも?と思う何かが見つかれば、まずはそこを意識して取り組んでみましょう!

今回は「リフレーミング」という技法をご紹介します。笑顔にまつわるトラウマを克服していきましょう。笑顔を作り方を専門家が解説しています

リフレーミング技法とは?

リフレーミングとは、出来ごとの見方・捉え方(フレーム)を異なるフレームで捉える事です。1つの見方に捉われることなく、多面的な枠で考えられるため、笑顔にまつわるトラウマを克服するために効果的です。

笑顔にまつわる嫌な思い出や失敗がある人は、笑顔に関してマイナス視点で捉える思考のクセがあります。出来ごとを色々な視点からとらえることで、思考のクセを修正していきましょう。

例えば、大切な試験で残り一問になった際、残り時間が10分になりました。あなたならどのように捉えますか?

「あと10分しかない…」
「まだ10分ある!」

状況の捉え方が大きく異なりますね。「あと10分しかない…」と思えば、プレッシャーから冷静な気持ちで試験に挑めないかもしれません。しかし「まだ10分ある!」と思えば、普段通りの力を発揮する事ができるでしょう。

このようにリフレーミングを使う事で、状況をプラスに捉えるなど多角的な見方で考えられるようになります。リフレーミングとは?笑顔を作り方に活用する方法

笑顔のトラウマを克服!ヤマダさんの事例

ここで、笑顔が苦手で、講座に参加してトレーニングをはじめたばかりのヤマダさんについてご紹介します。ヤマダさんは「顔が引きつっている」と友人から何度か言われた経験から、自分の笑顔にネガティブな思いがありました。自分の笑顔はおかしいのでは…という気持ちが強くなり、コミュニケーションは消極的になり下を向いて歩く機会も増えていたそうです。笑顔のトラウマをリフレーミング技法で克服しようヤマダさんは自分の笑顔について

「ひきつった表情でぎこちない」

と思っていました。ヤマダさんはリフレーミングの思考で

「ひきつった表情でぎこちない」
     ↓
「まだ笑顔の練習をはじめたばかりだから、
 ぎこちないのは当たり前。
 自分なりの笑顔でOK

 無表情よりはまし!」

と自分の笑顔に関して違う捉え方をして、気持ちを楽にする事ができるようになりました。その結果、しばらくはぎこちない表情が続いたのですが、だんだんと自然な笑顔の表情を出してコミュニケーションが取れるようになったそうです。笑顔の捉え方にも、多面的な面があります。リフレーミングをしてポジティブに考え直すことも重要です。

リフレーミング技法3つのポイント

ここで、リフレーミングを取り入れる3つのポイントをご紹介します。

①他の人の視点で考える
自分の視点だけでは、新しい捉えかた(フレーム)はなかなか思いつきません。まずは「他の人は、自分の笑顔をどう考えるだろう」と、自分の視点から離れて問いかけてみましょう。客観的に考えると良いでしょう。

②以前より良い状況かも・・・状況リフレーミング
過去に笑顔に関して辛い経験があったとしても、時と場所が変われば良い結果になる事もあります。「今の状況なら、自然な笑顔ができるかもしれない」と考えてみましょう。物事の結果はその時の状況で変わります「状況リフレーミング」の捉え方をとり入れましょう。

③プラスの価値があるのでは?・・・プラス価値リフレーミング
プラスを見出すことで違った捉え方ができる事があります。「プラスの価値があるのでは?」と考えてみましょう。どんなに良くない状況でも、プラスを見出すことで違った見方にできるようになります。「自分の笑顔や表情をプラスに捉える事ができるのでは?」と考える「プラス価値リフレーミング」の捉え方をとり入れてみましょう。
リフレーミングの練習問題で上手な笑顔を作っていこう

練習問題!笑顔を作り方を身に付ける

それでは、先ほどご紹介したポイントを踏まえながらリフレーミングの練習問題を行ってみましょう。

問題
次の3つの言葉を、他の人の視点で考えてリフレーミングしてみましょう。

「空気が読めない」→
「暗い」     →
「えらそう」   →

 

解答例
「空気が読めない」
→マイペース
→自分らしさがある
→動じない強さ

「暗い」
→知的
→落ち着いている
→冷静

「えらそう」
→物知り
→堂々としている
→頼れる

 

3つの言葉を別のフレームで捉える事ができましたか?「他の人ならどう考えるか」という捉え方は、リフレーミングの基礎です。自分の笑顔をポジティブにとらえてしまう時に取り入れてみてくださいね。リフレーミングで学ぶ笑顔の作り方

自分の笑顔に自信を!

リフレーミングの練習問題はいかがでしたか。リフレーミングを意識して練習を繰り返す事で、多面的な枠で考えられるようになります。ご紹介した3つのポイントを参考に、笑顔にまつわるトラウマを克服していきましょう。

次回は、スモールステップ計画表をご紹介します。

★3つのポイントでリフレーミング!笑顔にまつわるトラウマを克服しよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。



3つのポイントでリフレーミングしよう