>
>
>

笑顔の作り方を臨床心理士が解説!原因と対処法

笑顔,作り方


笑顔の作り方を臨床心理士が解説!3つの原因と具体的な対処法②

笑顔上手を目指して目標づくり

コラム①では、笑顔になれない3つの原因をあげました。具体的には「①コミュニケーションが少ない」「②失敗し、傷ついた経験がある」「③なにかと愚痴が多い」でしたね。

自分にぴったりな原因がすぐに見つかる方は、そう多くはないと思います。これかも?と思う何かが見つかれば、まずはそこを意識して取り組んでみましょう!

今回は、笑顔づくりに欠かせない「目標を立てる」ことについてご紹介します。この「目標を立てる」という方法は、笑顔になれない3つの原因全てに対処できる方法です。詳しく見ていきましょう!

目標を立てる3つのポイント

笑顔づくり3つのポイント笑顔づくりの目標を立てるときは、次の3点を心がけるとうまくいきます。

①現実的
②具体的
③段階的

これらのポイントは、他のテーマのコラムでもよくお話していますね。目標を立てる時の簡単な例として、私のダイエット宣言の話をします。
 
だめな目標
とにかくやせる!

いい目標
①現実的
 1ヶ月に500g痩せる
②具体的
 最終目標は誕生日までに3kg痩せる
③段階的
 1ヶ月目は500g減
 2ヶ月目は700g減
 3ヶ月目は1kg減

このような目標なら、無理がなく、現実的で具体的です。さらに、段階的なプランも立っています。(…ということで、頑張りますね。苦笑)

 

笑顔の作り方のコツ!原因別で目標を

それでは、笑顔のあるコミュニケーションを目指して、笑顔になれない3つの原因別に目標づくりのポイントと具体例をご紹介しましょう。

原因の1つ目
「コミュニケーションが少ない」の場合

目標づくりで笑顔を作る機会を増やそう
コミュニケーションが苦手な人にとっては、「機会を増やす」と言われても、簡単なことではないですよね。意識してコミュニケーションの場を作る目標を立ててみましょう。

例1
①現実的
 職場内で雑談できる人を作る
②具体的
 毎日5人以上と話す、1人5分以上話す
③段階的
 テレビの出演者に話しかける
 ↓
 家族と会話する
 ↓
 同期と会話する
 ↓
 上司と会話する

例2
①現実的
 月2回ダイコミュの講座に通う
②具体的
 講座で隣の座った人と3分以上話す
 連絡先を交換する
③段階的
 講座参加
 ↓
 講座後のお茶会にも参加
 ↓
 講座のない日のイベントにも参加

 

原因の2つ目
「失敗し、傷ついた経験がある」の場合

成功体験で笑顔づくり成功経験をしよう
笑顔の良さに改めて気付くことができるように、日常生活の中で笑顔を作ることを意識して、目標を立ててみましょう。

例1
①現実的
 毎日、他の人の表情を見る
 テレビやポスターの中の人でもOK!
②具体的
 笑顔の人がいたら自分も笑顔を作る
③段階的
 笑顔を探す範囲を
 ポスター、雑誌の中
 ↓
 テレビの中
 ↓
 家族
 ↓
 職場
 …と、広げていく

例2
①現実的
 笑顔になる機会を多くする
②具体的
 家を出る前に鏡の前で笑顔を作る
③段階的
 家で明かりのスイッチを押すとき笑顔
 ↓
 トイレの中では必ず笑顔
 ↓
 人と挨拶する時は笑顔

 

原因の3つ目
「なにかと愚痴が多い」の場合

笑顔づくりのコツいいところを見つけよう
「愚痴を言わないようにしよう」と思っても、そんなこと簡単にはできません。愚痴が多くなってしまうあなたは、いいところへの気付きが少ないのかもしれません。意識して相手のいいところ探しができる目標を立ててみましょう。

例1
①現実的
 愚痴の数を減らす
②具体的
 愚痴を口に出す前に5秒数える
③段階的
 愚痴を言う数を、
 1日10個以内にする
 ↓
 愚痴を8個
 ↓
 愚痴を5個
 ↓
 愚痴を1個
 …と、減らしていく

例2
①現実的
 いいところを少し見つけてみる
②具体的
 嫌な事は口に出さず紙に書いてみる
③段階的
 寝る前に、
 今日の嬉しかったことを1つ考える
 ↓
 午前中に1つ、午後に1つ、
 嬉しかったことを考える

 

笑顔づくりは自分のペースでOK

笑顔の作り方は自分のペースで3つのポイントで考える目標づくりはいかがでしたか。ご紹介した目標例を参考に、あなたなりの笑顔づくりの目標を立ててみてください。

目標は意識することが必要ですが、あまり無理しすぎないことも大切です。笑顔づくりの目標達成は、ゆっくり、自分のペースで大丈夫です♪

そして、目標に取り組む時は、人と比べずにやっていきましょう。比べるとしたら、「自分と」だけです。「人と比べて自分はまだまだダメだ」ではなくて、「ちょっと前の自分よりも少しずつ笑顔が出来るようになっている!」と、これでOKなのです。

次回は、良い笑顔の作り方・トレーニング方法をご紹介します。

★笑顔づくりの目標は、現実的、具体的、段階的がポイント!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

人間関係講座



目標づくりで対処しよう