>
>
>

会社の飲み会の断り方の前に!3つのコツで対処

会社の飲み会,断り方


会社の飲み会の断り方の前に!3つのコツで苦手に対処③

コラム②では、会社の飲み会を苦手だと感じてしまう原因の1つ、「会話が弾む話題がない」の対策を考えました。3つの話題を提供することと、聴き上手になることで、会社の飲み会をチャンスに変えてください。

今回のコラムでは、会社の飲み会を苦手だと感じてしまう原因の2つ目「大人数での会話が苦手」について解説します。会話に困るという点では、コラム②の内容と似ているようにも思いますが、今回は特に「大人数」というところがポイントです。

1対1の会話は嫌いではないのに、大人数になると自分の立ち位置がわからなくなる、疲れてしまう、と感じる人は意外と多いようです。それでは、なぜそのように感じてしまうのでしょうか。

 

「大人数が苦手」になりやすい考え方の癖

大人数での会話が苦手だと感じる人は、以下のような気持ちを持っている場合が多いです。

・話題の中心にならなければいけない
・大人数と話をしなければいけない
・自分の意見を言うのはわがままだ

「大人数での会話はこうしなければいけない」という強い思いは、自分の発言を制限してしまうことにつながります。周囲を意識しすぎた会話は、必要以上に多くの人からの影響を受けるので、疲れてしまいます。その結果、「大人数での会話は嫌い!苦手!」と、なるのです。

この「飲み会が嫌いになりやすい考え方の癖」は、どのように対策するとよいのでしょうか。

 

自分が安定すると感じる方へ方向転換

考え方の癖で自分に過度なプレッシャーをかける前に、自分の気持ちが安定する方法を見つけて、気軽に会社の飲み会に参加できるといいですね。それでは次の問題で練習をしてみましょう!

問題
以下の文章を、自分の気持ちが安定する考え方に変えてみましょう。

1. 大人数を相手に話をしなければいけない

気持ちが安定する考え方

【解答例】
・テーブル周りの4〜6人と会話をしよう
・無理して話をしなくてもいい
・今回は食事を楽しもう

2. 話題の中心になって話をしなければいけない

気持ちが安定する考え方

【解答例】
・話題を作ってくれる人の話を楽しもう!
・話題がなくても、焦らず話題を探そう!
・お酒の力を借りて楽しもう!

いかかですか?気持ちの変え方はいろいろあります。「自分の気持ちが安定するになる方」というところに重点をおいてやってみましょう。

 

飲み会と上手に付き合う3つのコツ

練習問題はいかがでしたか。思い込みをすぐに切り替える事は難しいと思いますが、意識することで気持ちを安定する状態にしていきましょう。

自分の気持ちを安定する方法が分かったら、次は飲み会での居心地をもっと良くするため「大人数の飲み会で心地よく過ごすためのコツ
を確認していきましょう。

1. 自分の役割を作る
自分から役割を作って存在感を出していきましょう。「お酒、何にしますか?」「サラダ取りましょうか?」など、気が利く印象をアピールするのもおすすめです。自分の役割があるだけで、飲み会に対する意識が変わるはずです。

2. 居心地のよい場所を作る
座った席の居心地が悪いようであれば、機をみて場所移動をしましょう。お酒の席では、空いた席に自由に座っても誰も文句を言いません。話しやすい相手を見つけて、自分から居心地のいい場所を作っていきましょう!

3. 話題を用意する
コラム②でお伝えしたように、飲み会前に話題を2〜3個用意しておくと安心です。話題が広がれば、「聞き上手の立場を確保」ですよ!

 

会社の飲み会と上手に付き合おう!

会社の飲み会は、仕事の一環だと考えることもできますが、会議などの固い場所ではありません。自分にプレッシャーをかけることなく、上手に付き合うコツを参考に、気軽な気持ちで参加してみてはいかがでしょうか。会社の飲み会に対する考え方が変わるかもしれませんよ。

次回のコラムは、会社の飲み会を苦手だと感じてしまう3つ目の原因「お酒が苦手で居心地悪い」についての対処法です。次回もお楽しみに!

★「大人数の会話が苦手」は思い込み!
★自分の気持ちが安定するな方へ、考え方を変えよう!
★3つのコツで、会社の飲み会と上手に付き合おう!


嫌いを解決するコツでまずは参加してみよう!