>
>
>

優柔不断な人には自信が必要!決断する方法を身に付けよう

優柔不断


優柔不断な人は自信を持って決断する方法を知ろう②

優柔不断は3つの原因に対処しよう

コラム①では、「決められない」「優柔不断」と言われる人の原因と解決策をご紹介しました。具体的な解決策は「①決断納期法」「②100%の決断はない!を意識する」「③主体性をもって決断する」という3つでしたね。今回は、優柔不断を改善する方法の1つ「決断納期法」について考えていきたいと思います。優柔不断な人の特徴

やらなかった後悔>やった後悔

優柔不断な人は、あらゆるリスクを想定し、なかなか一歩前に出ることができません。しかし、時間をかけて散々悩んだからといって、後悔しない決断ができるとは限りません。完全にノーリスクの決断など世の中存在しないからです。

ならば、不正確な未来予測に時間を割いて苦慮するよりも、早く決断して、いざ何か問題が発生したら軌道修正する、とした方がはるかに効率的です。

Gilovich & edvec(1995)の研究や上市・ 橋見(2004)の場面想定実験でも、人は「やった」ことへの後悔よりも「やらなかった」ことに対する後悔の方が強く感じる、という実証データもあります。

何はともあれ、「まずは行動をしてみる!」というのが、優柔不断を解決する近道のようです。毎日は小さな選択の連続です。その一つ一つの選択を、できるだけ早くやることで「決断瞬発力」を付けていきましょう。

優柔不断に納期を作ろう

優柔不断な方は以下の4つのステップを意識してみてください。
①選択肢を絞る
まずは選択肢の絞込みを行います。多ければ迷ってしまうので、明らかに見劣りする選択肢は早めに削ってしまいましょう

②決断納期を決める
「1分以内に決める」や「この日までに決める」など、時間を区切るようにしましょう。優柔不断な人、決められない人、というのは、時間をかけて迷うことがくせになってしまっていたりもします。「時間をかけずに決める」というルールを自分に課すのです。

③エイや!で実行
さて、それではさっそくここで何か決めてみましょう!ここで例題にチャレンジしましょう!

④後悔しない!
実際に実行してみて、全てがうまくいくわけではありません。しかし、早めに決断をしたことで軌道修正はしやすいものです。思い切って決断できた自分を褒めましょう!

練習問題①

あなたはお昼休みにいつもメニューを決めるのに時間がかかっています。時間ギリギリまで悩んでしまうので仕事に遅れそうになってしまいます。もう少し早く決断したいと考えているとします。今日は会社の食堂にきました。さて4つのステップで早く決断してみましょう。頭の中でイメージしてみてくださいね。

①選択肢を絞る
②決断納期を決める
③エイや!で実行
④後悔しない!

 

 

↓解答例

①選択肢を絞る
温まりたいので、パンはなし!うどんかラーメンにしよう
②決断納期を決める
あと1分で決めよう
③エイや!で実行
うどんもラーメンも悩むところだが、今日はラーメンで!!
④後悔しない!
今日は早く決められた。時間ができたので有意義に過ごそう


練習問題②

あなたはには職場に好きな人がいます。告白しようかいつも迷い、勇気がなくて自分の思いを伝えられません。毎日顔を合わせてはいます。最近あなたの好きな人が、10日後に合コンに行くという噂を耳にしました。

①選択肢を絞る
②決断納期を決める
③エイや!で実行
④後悔しない!

 

 

↓解答例

①選択肢を絞る
金曜の夜の会社帰りに声をかけ喫茶店で告白
友達から間接的に告白してもらい様子を見る
②決断納期を決める
7日以内に決める
③エイや!で実行
「○○さん、よかったらお伝えしたことがあります
 少しだけ喫茶店でお話しませんか?」
④後悔しない!
告白成功
→勇気を出してよかった!これから大事に付き合おう
告白失敗
→勇気を出せた自分を褒めよう。少し落ち込むけど、
 結果がわかった。次の恋に進もう

小さな成功体験が優柔不断を改善


自信のある決断は後悔がない!

このようにして「決断瞬発力」が高まってくると、それが成功体験となり、自分の決断への信頼感につながります。さらに、中西・井上・志和(2015)の研究によると、「後悔は、意思決定時の自信の強さに依存し、自信が強いほどネガティブな結果が得られた場合の後悔が少ない」のだそうです。

仮に、良くない方向や結果となったとしても、その時に自信を持って決断ができれば、後悔の度合いも低くなるということです。そして、その経験は必ず、次の前向きな決断や行動に活きてくるはずです。

「自分が決めた事」をやりきる習慣は、実績と自信を育ててくれます。それが積み重なると、「自分ならできる」と認識できるようになり、自然と決断力になっていくのです。日々の小さな決断の積み重ねから、是非とも、自信と決断力を身につけてください。

次回は、優柔不断を改善する方法の2つ目「100%の決断はない!を意識する」についてご紹介します。

★優柔不断な人は、小さな成功体験で 自信をつけよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

コミュニケーション講座

*出典・参考文献
杉浦義典・杉浦知子・丹野義彦(2007)「日本版不決断傾向尺度の信頼性と妥当性の検討」人文科学論集・人間情報学科編中西大輔・志和資朗・井川純一広(2015)「自信があれば後悔しない一意思決定への自信が後悔に与える影響」日本感情心理学会福田市朗(2003)「意思決定理論における心理学的なアプローチ」経営情報研究 : 摂南大学経営情報学部論集浦上昌則(1995)「学生の進路選択における自己効力に関する研究」名古屋大學教育學部紀要. 教育心理学科 内藤誼人(2004)「なぜあなたは後悔ばかりしているのか」ソフトバンクパブリッシングマリリー・G・アダムス(2014)「 新版 すべては『前向き質問』でうまくいく 質問思考の技術/クエスチョン・シンキング 」ディスカヴァー・トゥエンティワン和田秀樹(2011)大切なところで迷わない「1分間決断力」新講社



小さな決断で成功体験を増やそう