>
>
>

上手な断り方を2つのコツと練習問題で身に付けよう

断り方


断り方力UP!感謝とセットで断る法②

断り方のコツ

コラム①では、断ることができない3つの原因と対処法をあげました。上手な断り方のコツは「①感謝とセットで断る」「②代替案を提示する」「③Iメッセージで上手に断る」でしたね。今回は、上手な断り方の1つ目「感謝とセットで断る」についてのコラムです。

上手な断り方と下手な断り方

上手な断り方と下手な断り方仕事・プライベートを問わず、「頼みごとをしたけど断られてしまった」という経験は、誰にでもあるでしょう。その時に、「なんだよ!」と嫌な気持ちになる断り方をする人もいれば、頼んだこちらが「申し訳なかったな」と思ってしまうくらい、上手な断り方をする人もいると思います。さて、この違いは一体何なのでしょうか?

例えば
「できません」
「無理です」
「やりたくありません」
のように、相手の気持ちを無視して一方的に断ってしまう場合です。頼みごとをする人は、どうしても一人ではできなくて、悪いと思いつつ仕方なく頼んでいるのかもしれません。そんな時に「できません」とだけ言われると、相手は自分を拒否されたように感じてしまうでしょう。これでは確かに、印象がよくないですね。

これに対して、断るのがうまい人は、「感謝できる部分をセットで伝える」ことがとてもうまいのです。ただ単に断るのではなく、まずは「ありがとう」「誘ってくれるんだ!」と前向きに伝えてから、うまく断っていきます。

断る力が必要になるケースは大概が、何らかの理由があって、相手が自分を必要しているのです。頼りにしてくれること、必要としてくれること自体には感謝はできると思います。その部分を伝えながら断ると、とてもスマートに断ることができると言えます。

嫌われない断り方

感謝の気持ち+断る法

それでは、「嫌われない断り方」をするには、具体的にどうすればいいのでしょうか。コツは、断る前に感謝の言葉を入れていきます。

「頼りにしてもらってうれしいです!ただ・・・○○さんが大変なのはわかるので、お手伝いしたいのは山々なのですが…」

「え!!私なんかでいいんですか?ありがとうございます。ただ・・・○○さんのお役に立ちたい気持ちはあるのですが…」

このように、感謝できる部分を伝え、その上で、意思を伝えることがポイントです。

 

感謝の気持ちをセットで言えば、断っているにも関わらず、相手を大切に思っている誠実な気持ちが伝わります。言い方は悪いかもしれませんが、とても便利な言葉なので、断る時には意識して使ってみてください。ただし、「嘘」はNGですよ!本当に感謝ができると感じる部分でないと、表情のどこかに違和感が出てしまいます。自問自答してみて、確かにこの部分は感謝できそうだな・・・という部分を大事にして相手に伝えてみてください。

嫌われない断り方

断り方-練習問題

それではここで、先ほどご紹介したコツを意識しながら、練習問題をやってみましょう!

練習問題1
あなたは会社の同僚から仕事を頼まれました。同僚は、あなたから見てもとても忙しく大変そうでした。しかし、あなたも自分の仕事をこなすのに精一杯で、手伝えそうにありません。

あなたならどのように、この仕事を断りますか?

 

解答例
⇒「頼りにしてもらってうれしいです。○○さんの仕事が大変なことは知っているので、お手伝いしたい気持ちはあるのですが、私も仕事が手一杯でお手伝いすることができません。少しでも手が空いたら声をかけますね。」

この場合は、まずは、頼りにしてもらっている部分に感謝をします。そのうえで、最初に仕事が手伝えないことを謝ってしまいます。そして、相手の仕事の大変さへの理解を示してから、自分が手伝えない理由を述べています。

 

練習問題2
あなたは友人から飲み会のお誘いを受けました。行きたい気持ちはあるのですが、その日はどうしても外せない用事があって参加できません。

あなたならどのように、この飲み会を断りますか?

 

解答例
⇒「誘ってくれてありがとう!!ちょっと最近寂しかったので、うれしさ倍増です。でも・・その日はどうしても外せない用事があって参加できないんだ。すごく参加したい気持ちはあるんだけどね。」

この場合は、最初に誘ってくれたことに感謝を表しています。その上で参加できない理由を述べて、最後に自分の気持ちを表しています。

 

思いやりの気持ちを持って断ろう

上手な断り方を身に付ける練習問題はいかがでしたか。感謝を意識することで、断る側も断られる側も、気持ちよく対処できるということが、わかっていただけたのではないでしょうか。

頼む側、誘う側にも、様々な事情があります。そのことを理解してあげるだけでも、相手の気持ちがラクになることもあります。感謝や謝罪の言葉は些細なことに思えますが、受け取る側からすると、その言葉があるとないとでは大きな違いです。

相手を尊重し、相手を思いやる気持ちで対処できれば、断ることは決してマイナスではありません。むしろ、誠実な姿勢が伝わり、あなた自身もストレスから解放され、良い人間関係が持続できるというメリットの方が大きくなります。

ぜひ「感謝」を取り入れてみてくださいね。次回は、上手な断り方の2つ目「代替案を提示する」についてご紹介します。

★「理解・感謝・謝罪」を示して、嫌われない断り方をしよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

人間関係講座



上手な断り方で良い人間関係を築こう