>
>
>

アイコンタクトが苦手!3つのコツで自然なアイコンタクトを

アイコンタクト


アイコンタクトが苦手!自然なアイコンタクト3つのコツで克服しよう②

コラム①では、アイコンタクトへの苦手意識を強めている3つの原因と対処法をあげました。具体的な対処法は「①自然なアイコンタクトを作る」「②過剰な意識を軽減する」「③自己肯定感を高める」でしたね。今回は、アイコンタクトへの苦手意識の対処法「自然なアイコンタクトを作る」についてご紹介します。

自然なアイコンタクトのコツを紹介

不自然なアイコンタクトとは?

「相手を凝視してしまう」「相手を全く見る事ができない」などアイコンタクトの不自然なクセは、相手に不安や不快な想いを抱かせてしまいます。アイコンタクトは、適度で自然な状態で行うのがベストです。3つのコツを意識して身に付けていきましょう。

なお、コラム③でお伝えしますが「アイコンタクトへのこだわりすぎ」は苦手意識を強めてしまいます。また、過剰なトレーニングもNGです。アイコンタクトのトレーニングは「一日5分程度」にしましょう。会話で実践する場合も、「たまに意識する」など楽な気持で取り入れていきましょうね。

3つのコツで自然なアイコンタクトを

それでは、自然なアイコンタクトするためもコツを3つご紹介します。

①5センチずらす
アイコンタクトが苦手な場合、ちょっとしたコツとして、椅子を少しだけずらすと効果的です。本当にわからないぐらいでOKですので、真正面ではなく、気持ち5センチほど相手とずれて座るようにしましょう。それだけでも少し楽になります。

②目の周辺を見る
アイコンタクトが苦手な人は、相手の目を見て話すことに抵抗があると思います。まずは、目の周辺に視線を送るようにしましょう。目に近い、鼻やオデコなら相手には目を見ている印象になります。左右の眉の真ん中あたりの「眉間」はおすすめです。印象が良く相手もはやしやすいと思います。目の周辺をみるのも厳しい場合は、とりあえず顔だけ相手に向けて、あとは顔全体ぼやっと見るぐらいでもOkです。

アイコンタクトのコツ自然な目線

②目線は縦に外す
目線を時々外すと、相手も話しやすい自然なアイコンタクトができます。目線を外す時は「縦に外す」のがポイントです。目線を横に外すと、否定している印象を相手に与えてしまいます。縦に外すことで、自然な印象ができます。

アイコンタクトのコツ目線の外し方

③アイコンタクトは「傾聴重視ー話すときはぼちぼち」
アイコンタクトは基本的には、「傾聴」の際は大事にしましょう。逆に話すときはそこまで相手の目を見てないでもそこまで不自然になることはありません。大切な事を伝える時だけ、アイコンタクトするぐらいでOkです。ここぞという時だけアイコンタクトすると、自分の想いをしっかり伝える事ができます。全体としては3割ぐらいは相手の目を見て、実際に目が合うのは会話の10%ぐらいで充分です。

アイコンタクトのコツ大切な時だけ目線を合わせる

3つのコツを練習してみよう!

それではアイコンタクト3つのコツをスマートフォンを使って練習しましょう。まずは、スマフォの動画機能と人形やアイドルなどポスターを用意してください。

1:撮影準備をする
ポスターの人形(又はアイドル)にスマフォを立てかけ、スマフォで撮影できる位置に移動してスマフォを挟んで人形と向かい合います。

2:ポスターの人形との会話を動画撮影する
会話をしているつもりで話をしてその様子を動画で撮影します。会話は、好きな食べ物は?どこに住んでいますか?など思いつくことを1分程度で進めてみましょう。

3:動画をチェックします
会話の様子を撮影した動画を確認しましょう。ガッツリ相手の目を見るのは30%程度でOkです。「目線が安定しているか」「外す時は上下になっているか」「キョロキョロしていないか」「凝視していないか?」も合わせてチェックしてみてくださいね・

自然なアイコンタクトを目指そう!

アイコンタクト3つのコツと練習はいかがでしたか。アイコンタクトは意識しすぎると、不自然な印象になりやすいため「アイコンタクトは時々でOK♪」くらいの気持ちで取り入れてみてくださいね。繰り返し練習することで、自然なアイコンタクトができるようになります。焦らず練習していきましょう!

次回は、アイコンタクトへの苦手意識を解消する方法の2つ目「過剰な意識を軽減する」についてご紹介します。

★3つのコツで自然なアイコンタクトを目指そう!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

人間関係講座



自然なアイコンタクトを目指そう