>
>
>
エンパワーメントを付けよう

エンパワーメントとは何か-事例でわかりやすく説明③

コラム①では、エンパワーメントについて概観していきました。少しおさらいすると、エンパワーメントとは、「人がその人らしく生きる、つまり自分の持っている能力やスキルを自覚し、社会との関わりの中で継続的に発達・向上させてゆく」という意味でしたね。

今回は、エンパワーメントの事例についてご紹介していきます。

事例で理解を深めよう!

エンパワーメントの具体例を知ることで、どのように相手をエンパワーメントしていけばよいを学ぶことができます。ご自身がサポートする状況を踏まえて、参考にしてみてくださいね。

①不登校で卒業したハルマくん

まずは、不登校のままで卒業したハルマくんの事例をご紹介します。ハルマくんは地域就労支援センターのトモコさんと出会い、エンパワーメントされました。

・エンパワーメントする人
地域就労支援センターのトモコさん

・エンパワーメントされる人
中学を不登校のまま卒業したハルマくん

ある時、ハルマくんは学校での困り事が重っており、中学を不登校のまま卒業しました。家では手先の器用さを生かして、プラモデル作りに励んでいました。

それから1年後、就職することに決めたハルマくんは、いくつかの企業へ面接をしに行きました。しかし、結果はすべて不合格。本人は自分には強みがないから自己PRできない…と落ち込むハルマくん。

ハルマくんは考えた末に地域就労支援センターに通うことにしました。ここで、就労支援者のトモコさんと出会いました。トモコさんは、学校で不登校になってしまったこと、就活に失敗を続けてきたことなど、親身になってハルマくんの状況に耳を傾けました。

そして、ハルマくんは以下の3つの点でエンパワーメントを受けます。

1.就職へのサポート
就職面接や履歴書の書き方の練習を教わり、就活に向けて自信を付けることができました。

2.強みに気づかされる
さらにトモコさんから自分では知らなかった自分の持ち味の良さを繰り返し伝えてくれました。

3.自分の気持ちを代弁
そして、一番心強かったのは、就職面接先にトモコさんが同行して、なかなか言えない自分の気持ちや長所などの特徴を会社に伝えてくれたことです。

エンパワーメントとは

結果的に、ハルマくんは手先の器用さに高い評価を受けて、無事就職することが出来ました。これは、支援者がハルマくんの長所を教えたり、面接に同行したことによるエンパワーメントの結果ですね。

いじめに遭っているハナコさん

続いて、いじめに遭っているハナコさんの事例をご紹介します。ハナコさんは、担任の先生やクラスの親友、部活の仲間にエンパワーメントされたことで、学校に通えるようになりました。

・エンパワーメントする人
クラスの親友、担任の先生、部活の先生、部活の仲間

エンパワーメント やり方

・エンパワーメントされる人
いじめで登校拒否を始めたハナコさん

ハナコさんは男子生徒のからかいが辛く、登校拒否をしてしまいました。すでに母に悩みを打ち明けており、先生方にも、話は伝わっていました。男子生徒のからかいの内容は、「~~に似ている」といったもので、母から見ても、気にしないことで乗り切っていける―と思えるものでした。しかし本人の悩みは深く、学校を休み始めてしまいました。

その後、心配した先生方や親友たちから、以下の3つの点でエンパワーメントを受けます。

1.励ましの電話・メール
担任の先生から、本人への励ましの電話をし、部活の先生からもメールをして頂きました。

2.いじめの取締り強化
また、学校内でも、悩んで欠席をしていることを共有し、関わる先生方へハナコさんへの配慮を依頼しました。また全校集会で、いじめについて取り上げ、生徒全員に考える機会を持たせることに。先生方も、いじめは断固許さない!!という姿勢で挑んだのです。

3.親友・先生の迎え入れ
何日か後にハナコさんが登校すると、クラスの親友は「おかえり!」と嬉しそうに声をかけました。廊下で顔を合わせる先生方も「心配してたよ」と励まし、部活でも仲間がいつも通り迎えてくれました。

ハナコさんは、友人が自分を待ってくれていたこと、先生方も応援してくれていること、自分には仲間が多いことを実感として感じました。

エンパワーメントを高めよう

今回は事例に基づいて、自分らしさを取り戻す方法を解説していきました。このようにエンパワーメントされることによって、本来の自分らしさ、潜在的な力を発揮することができると考えられます。自分の持つ力を発揮できるよう、エンパワーメントを学び、対人関係や日常生活にも生かしていってくださいね。

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「エンパワーメント」コラムにお付き合いしていただき、ありがとうございました!そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション教室への参加をおススメしています。

コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★エンパワーメントを3つの事例で理解!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

 

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

出典・参考文献
臨床心理学における「エンパワーメント」の概念とマクロ・カウンセリングでの位置づけ 井上 孝代・榊原 佐和子 心理学紀要(明治学院大学)第15号35-48 2005