>
>
>

自己紹介のコツと例文!女性に好印象な雑談ネタも紹介

自己紹介


自己紹介のコツと例文!合コン男性編「女性に好印象な雑談ネタ・成功の秘訣」

合コンで成功する自己紹介「男性編」

皆さんこんにちは。当コラムは、婚活中の男性向け「自己紹介」です。また当コラムは婚活請負人あっきーが中心となって執筆させて頂きました。また心理学的な解釈を加えるため、社会心理学の専門家である川島が監修をしています。皆さんの婚活がうまく行くように私達から自己紹介のコツをお伝えします。

実体験に基づく婚活成功談!

実は私(あっきー)は最近結婚が決まり、今とても幸せな時間を過ごしています!しかし結婚に至るまでの婚活では大変苦労しました。

元々口下手だったこともあり、合コンが苦手で良い結果が出せませんでした。そのため、コミュニケーション講座に通うなど、自分なりに努力を重ねたことで結婚に至れたと思っています。自分で言うのもなんですが、婚活を通してかなり成長できたと思います。

このコラムは、自分自身の婚活体験を振り返りながらと合コンでの自己紹介について書きあげています。ぜひ参考にしてみてください!

結活男性向け自己紹介

初対面の目標!連絡先の交換

婚活ではお見合いパーティーや合コンで異性と出会う機会がもつ方が多いと思います。しかし、お見合いパーティーや合コンから一気に交際に発展するということは稀です。合コンの後、2人で会う機会を設け(デート)、さらにお互いを知り合って交際に発展していくというのが普通の流れだと思います。

この点から考えると、パーティーや合コン後に女性をデートに誘うことを想定し、初対面では連絡先の交換ができるといいですね。そして合コンでは「この人と2人で出かけてみてもいいかな」というくらいの印象を女性陣に与える必要があるでしょう。自己紹介前に大切な事

合コンの勝負は自己紹介前から!

合コンでは、メンバーが集合し、乾杯し、「では、自己紹介しますか」ということで自己紹介がはじまりますが自己紹介前も、第一印象をアップさせるためにとても大切な時間です。メンバーが集合する場面では、はじめて会った女性には笑顔で「こんばんは」と挨拶し、軽く名乗り、「今日はよろしくお願いします。」くらいのやりとりをしておくとよいでしょう。自己紹介3つのポイント

合コンの自己紹介3つのポイント

さて、乾杯をしたら、いよいよ自己紹介です。女性に好印象を与える自己紹介のポイントを3つ紹介します。

①ノンバーバル(非言語)の要素
自己紹介では、しゃべる内容以外の非言語的要素も大切です。まずは「笑顔」です。笑顔は女性が求める要素の一つである優しさを示すことにもなります。また、好意の返報性の原則からいっても、笑顔で好意的な態度を示すことには意味があります。

そして「明るくハキハキとしゃべる」ことも大切です。これは女性が求める男性の頼り甲斐にも関連します。声が小さすぎたり、ボソボソとしゃべったりしていると、男らしくない印象を与えますので注意が必要です。

②しゃべる分量
パーティーや合コンは、フリータイムや、自己紹介の後にお互いを知り合う時間を持つことができます。合コンでの自己紹介は、他のメンバーの自己紹介もあり、目の前には食事もある状況なので、長すぎるのはよくありません。自己紹介は端的にポイントを押さえたコンパクトなものにしましょう。

③話題の選び方
コンパクトといっても、しゃべらなさすぎるのは相手に消極的な印象を与えてしまいます。最低限の情報として、「名前・住所・職業・趣味」は盛り込み、最後に「今日の合コンを楽しみにしていたこと」を爽やかに伝えましょう。

自分の意見や感情、情報を相手に開示すること(自己開示)は、自己紹介でとても大切です。相手に「この人は心を開いてくれている」と思わせる効果があり、相手との親近感を得るきっかけにもなります。

自己紹介の例文

合コンでの自己紹介の例文

先ほどご紹介した3つのポイントを踏まえて自己紹介を具体的に考えてみましょう。例えば、「あなたが銀行員の場合」次のような自己紹介が考えられます。

「こんにちは。秋吉健一といいます。友人からはアッキーと呼ばれているので、今日もアッキーと呼んでください。住まいは新宿で、銀行員をやっています。半沢直樹ほどの度胸はないので職場ではおとなしくしています。趣味は、昔から料理漫画が好きなのですが、漫画だけでは物足りなくなり、先月から料理教室に通い始めました。今日は皆さんと話せるのを楽しみにしてきました。よろしくお願いします!」

・必要な情報に親近感をプラス
名前、住所、職業、趣味(関心事)をもれなく盛り込んでおり、ある程度コンパクトにもなっています。また、ニックネームを伝えることは、相手に親近感をもたせることにもつながります。

・アイスブレイクを少し挟む
「銀行員→半沢直樹→度胸はない」というギャップを作りちょっとしたユーモアを演出しています。これは、アイスブレイクとしての意味があるため少し挟むと良いでしょう。アイスブレイクのネタは、誰もがイメージしやすいものを盛り込むようにしましょう。

・イメージしやすい話題を前向きに
趣味についても、料理という誰もがイメージしやすいものを盛り込んでいて、話し手の印象が持ちやすくしています。そして最後に、「今日を楽しみにしてきた」と伝えることが重要です。

具体例のように、自己紹介の内容ができたら、先ほど述べた3つのポイントの1つ「非言語の要素」を意識して実際にしゃべってみましょう。確認方法は色々あると思いますが、自己紹介する自分をスマートフォンで動画撮影し、チェックするのは手軽でオススメです。3つのポイントで自己紹介の準備

合コンの「自己紹介」は準備で決まる

それでは今度はみなさんの番です!合コンでの自己紹介を作ってみましょう

①自己紹介の内容を準備
(名前、住所、職業、趣味)
②スマフォで動画撮影して確認

動画を確認する時は、最低限以下の3点をチェックしましょう

1:適度に笑顔になっているか
2:コンパクトにまとまっているか
3:アイスブレイク要素が入っているか

自己紹介後の雑談の広げ方

 

成功の秘訣!自己紹介の後の雑談

合コンでは、自己紹介が終わった後、いよいよ雑談がはじまります。ここからが合コンの真骨頂です。自己紹介の内容を「てこ」にして会話を楽しみましょう。ここでは、自己紹介後の話題展開について少し考えたいと思います。

自己紹介の後は、自己紹介の内容が広がることが考えられます。話した内容に類似性があれば話が盛り上がりやすいため、具体的に話を広げられるようにしておくとよいでしょう。

①住所について
住まいや職場の場所が共通していれば、ご当地ネタで盛り上がりやすくなります。例えば、住まいについては、どこが魅力か、近くにどんな素敵なお店があるか、どういう景色が好きか、ということです。

②趣味について
趣味が共通していれば趣味ネタで盛り上がれます。例えば、料理が趣味なら、どんなジャンルの料理が得意か、今まで一番うまく作れた料理は何か、料理の失敗談あたりを語れるといいですね。またアウトドアが趣味なら、具体的にどんなところに出かけるのが好きか、印象に残っている場所はどこか、といったことを楽しげに話せると好印象となるでしょう。

③仕事について
社会人の合コンでは、自己紹介で出した要素の中で仕事については盛りあがる可能性は少なくありません。自分の仕事の具体的内容や、仕事の魅力、仕事での面白エピソードは用意しておくとよいでしょう。

④食について
食事ネタは外せません!目の前に食事があるわけですから、それを「てこ」にして、好きな食べ物を語ったり、相手の好きな食べ物を聞いたりするというのは王道です。類似性を見出して、次の機会につなげましょう。その前提として、自分の好きな食べ物や、好きなお店については具体的に語れるようになっておきたいですね。

合コンで会話が続く!自己紹介後の雑談

それでは、自己紹介の内容から会話を広げる雑談を、以下の4つを抑えて考えてみましょう。ぞれぞれについて、1分程度話せるといいですね。

①住所について
→おいしいお店
→観光名所

②趣味について
→趣味の説明
→面白さ

③仕事について
→知らない人でもわかるような説明
→やりがい

④食について
→好きな食べ物
→好きなお店

ご紹介した4つを抑えた雑談が準備できたら、自己紹介と同様にスマフォで動画撮影して最低限以下の3つはチェックしておきましょう。

1:適度に笑顔になっているか
2:コンパクトにまとまっているか
3:アイスブレイク要素が入っているか

女性への印象を上げるポイント

婚活で必要な心構えを整理

最後に自己紹介からやや発展しますが、女性に好印象を持ってもらうために、考えておきたいことを整理します。

①女性が男性に求める要素
女性が男性に求める要素は、外面的要素と内面的要素に分けられます。

外面的要素は…
何はともあれ清潔感が最重要です。

内面的要素は…
優しさ、頼り甲斐
・面白さ(気さくさ、ユーモア)
・聞き上手

これらの要素、昔から女性に好かれやすいとされています。したがって、このあたりを匂わせる自己紹介や発話が望ましいでしょう。

②人に好かれるためのポイント
次に、男女問わず、人に好かれるためのポイントを押さえておきましょう。4つご紹介します。

1:好意の返報性
好意の返報性とは、自分が好意を示せば相手も好意を返してくれるという心理学の用語です。異性を相手にする場合、最初から強い好意を示すと引かれてしまう危険も強いので注意が必要ですが、柔らかな好意を示す程度なら、プラスに働くことが多いと思います。

2:人は類似性に親近感を抱く
次に、人は類似性に親近感を抱くということを知っておきましょう。例えば、知らない人同士でも、出身地が同じだったり、出身学校が同じだったり、趣味が共通していると、急に親近感が湧きませんか。

類似性は親近感を抱かせる重要なポイントです。また、類似性があれば、次のデートに誘いやすくなります。例えば、食事の好みが同じだった、見たい映画が同じだった場合などを想像してください。合コンでも、積極的に類似性を見出すことは相手との距離をグッと近づける方法になると思います。

3:しゃべる内容以外も大切
人の印象を形作るものとしては、しゃべる内容そのものも大切ですが、それと少なくとも同じくらい、非言語の情報も大切とされています。表情やしぐさ、視線、声の質、話す速さ、声の大きさ、口調などにも気を配ることが大切です。まずは、笑顔で明るくハキハキとしゃべるように心がけるといいですね。

4:アイスブレイクを使う
合コンでは、緊張しているメンバーも多いと思います。このような場面では、アイスブレイクを使うと、メンバーの緊張がほぐれ場を和ませることができます。このような言動は「周囲に気を配れる人だ」という印象を与え、異性からの高評価が期待できます。

③次のデートにつなげる要素に着目
合コンのあとにデートに誘うことを考えた場合、誘うきっかけとなりやすいポイントを押さえて会話をすることが大切です。

誘うきっかけとなりやすいのは、
好きな食事
・趣味(2人で楽しむもの)
です。

いいなと思う女性がいた場合には、話を聞きポイントを覚えておきましょう。

自己紹介で困らないコツ

合コンの自己紹介でもう困らない!

合コンは緊張することが多いため、苦手意識を持つ人も多いと思います。私も最初はすごく苦手でした^^;

しかしコラムでお伝えした内容を意識して合コンを繰り返していくうちに、いつの間にか合コンを楽しめるようになって、女性はもちろん参加するメンバーからも楽しい人だと思ってもらうことができるようになり、結婚にまでこぎつけることができました。

きっと、みなさんも工夫次第で合コンや合コンでの自己紹介への苦手意識を克服できると思います。このコラムがみなさんの婚活の参考となって、素敵な出会いにつなげていただければ嬉しく思います。

★ポイントは3つのコツと心構え!合コンで好印象な自己紹介・雑談を準備しよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

人間関係講座



例文を参考に好印象な自己紹介を