>
>
>
安心感のある人になる方法,与える男性,女性

安心感のある人になる方法,与える男性,女性

はじめまして!公認心理師の川島です。私たちは現在、初学者向け心理学講座の講師をしています。
今回のテーマは
「安心感のある人になる」
です。


対象となるお悩み
・冷たい人と思われる
・相手が居心地悪そうにしている
・殺伐とした雰囲気になりやすい

全体の目次
・はじめに
・無条件の肯定ストローク
・自己肯定感を高める
・暖かいコミュニティに所属
・笑顔トレーニング
・傾聴力をつけよう
・助け合い掲示板

はじめに

安心感のない人

安心感がない人は人生において損をする場面がたくさん出てきます。例えば、恋愛の場面で一緒にいる人が、

・イライラしている
・貧乏ゆすりをしている
・絶えずあせってる
・早口でまくし立ててくる

こんな状態が相手に伝わると、一緒にいたいという気持ちも少なくなってしまうでしょう。そして自分自身もそんな状態では、落ち着いて愛を育むことができません。

安心感のある,男性,女性

安心感を高めるコツ

では安心感の人、与える人になるにはどうすればいいのでしょうか?やり方は複数ありますが、今回は重要な心理学の知識やトレーニング法をお伝えできればと思います。具体的には以下の5つを解説していきます。

① 無条件の肯定ストローク
② 自己肯定感を高める
③ 暖かいコミュニティに所属
④ 笑顔力をつける
⑤ 傾聴力をつける
この5つを心がけるだけでかなり安心感を与える人に近づくと思います♪ぜひチャレンジしてみてください。

簡易診断

トレーニングの成果を把握するために、定期的にこちらの診断でのチェックをおすすめします。

①無条件の肯定

安心感のある人は、無条件の肯定ストロークを多用しています。

ストロークとは何か?

ストローク(stroke)には以下のような意味があります。

人の存在や価値を認める言動や働きかけ 褒める・励ます・許す・労う・ほほえむ などがあてはまる

心理療法家のエリックバーンは、人は日々さまざまなストロークを受取ることで、いまここにいる自分の存在を確認し、安心して生きていけると主張しています。

条件をつけない

ここで大事なことは「ストローク」に
「条件」
をつけ過ぎないことです。条件付き肯定ストローとは、

〇〇だから・・
△△だから・・・

など条件をつけた相手への言葉がけです。

例えば、
・約束を守ったから相手を褒めた
・成績が良かったから部下を褒めた
・大手の会社だから好きと伝えた

これらはすべて「条件付き」ストロークです。条件付きの場合

「その条件がなくなる」
     ↓
「×肯定してもらえない」

という心理状態になります。条件付きばかりの言葉では相手は不安になるのです。

安心感には無条件の肯定が必要

安定した安心感を得るには
「無条件」
の肯定的ストロークがポイントとなります。

例えば、
・直感的に好きとおもった!
・一緒にいると居心地がいいよ
・理由はどうあれ話をきくよ…

こんな発言はとても相手に安心感を与えます。は「どんな時でも あなたと私は肯定されている」という感覚です。どんな時でもがポイントです。

無条件に「人と自分は同じく愛される存在だ」という気持ちが安心感を育むために大切なのです。もしあなたが、損得勘定する、肩書を重視する、結果を求めるタイプの場合、無条件の肯定が不足している可能性があります。後程以下のコラムを参考にしてみてください。

ストロークコラム-無条件の肯定力UP

②自己肯定感を高める

もしあなたに安心感を与える雰囲気がないとしたら、かなりの自己肯定感が不足している可能性がかなり高いです。

自己肯定感と思いやり

アメリカのカーネギーメロン大学で実施された実験で見ていきましょう。Emily K. Lindsayら(2014)は、大学生を対象に、自己肯定感と社会的行動との関係を調べました。

その結果、自己肯定感が高まると思いやりが持てることが分かりました。

安心感と自己肯定感

たとえば、お腹が空いている時といっぱいの時では、気持ちが違うと思います。

自己肯定感と思いやりの関係自己肯定感も同じように考える事ができます。

自己肯定感がある状態は、心が満たされているような状態です。そのため周囲に対して思いやりを持つ余裕ができるのです。

自己嫌悪は攻撃性につながる

一方で、他人に対して優しくなれない人は自己肯定感が不足している可能性が高いです。心理学の研究では、自己嫌悪は、他者嫌悪、攻撃性に結びつくことがわかっています。

もしあなたが、目の前にいる人を嫌いになりやすく、他人にイライラしやすかったら、その原因は自分を嫌いなことが影響しているかもしれません。

思い当たるな…と感じる方は後程こちらのコラムを参照ください。自己肯定感を高める肯定は長期戦となりますが、じっくり取り組んでみてください。

自己肯定感を高める方法

③暖かいコミュニティに所属

もしあなたが、孤独感、疎外感がある生活をしていたら、安心感を持つのは難しいかもしれません。孤独な生活は確かに気は楽ですが、屈託のないやり取りがなく、心の交流ができないからです。

心の交流ができない環境ではあなた自身が愛情をもらう機会がなく、暖かく満たされた心を育む機会を得られないないのです。

もし以下のような状況にある方は以下のコラムを参考にしてみてください。

・話し相手がいない
・休日一言も話さない終わる
・屈託のない会話をしない
・業務内容に会話が不要

暖かいコミュニティに所属する方法

孤独感の原因

④笑顔力をつけよう

コラムが長くなっているので改めて復習しましょう。安心感のある人,与える人になるには、以下の5つが大事です。

① 無条件の肯定ストローク
② 自己肯定感を高める
③ 暖かいコミュニティに所属
④ 笑顔力をつける
⑤ 傾聴力をつける

ここでは④笑顔力を解説します。

笑顔は人間関係の王様

笑顔は人間関係で極めて重要な意味を持ちます。梅野(2015)は非言語コミュニケーションと好感の関係について、大学生230名に対して調査を行いました。

その結果、笑顔は印象形成において一番大事であることが分かったのです。

安心感のある笑顔

グラフを見てみると、笑顔が突出しているのがわかります。もしあなたに笑顔がないとしたら、相手が安心感を得ることはかなり難しくなるでしょう。

心を笑顔にする

笑顔を増やすには大きく分けて2つあります。1つは心が笑っている状態にすることです。楽しい、うれしい、面白い、好きというポジティブな感情を日々増やしていけば自然と笑顔は増えていくでしょう。

先程の自己肯定感コラム、無条件の肯定ストロークなどを参考にしてみてください。

笑顔のトレーニング

もう1つは、何はさておき笑顔の練習をしていくということです。心が笑えない状態でも、とりあえず表情をほぐしていくのも1つの立派なやり方です。

笑顔が増えると、相手の笑顔が返ってきて、本当に心から笑えることも充分あります。笑顔のトレーニングはこれまでにたくさん開発されてきています(^^)以下のコラムをぜひ参考にしてみてください。

笑顔トレーニングコラム

⑤傾聴力をつけよう

最後に傾聴力について解説します。私たちはコミュニケーションをするときに、しっかりと話を聴いてくれる人は信頼して、安心感を持つことができます。

例えば
「昨日、ドトールでコーヒーを飲んだんだ♪」
と相手が言ったとします。

この時皆さんはどのように返しますでしょうか?少し考えてみましょう。

コーヒー,ほっとする

解答例
・「へ~」
これは最悪ですね…(汗)相手は話す気がなくなってしまいます。。

・「え?どこのドトール?」
これもいまいちです。いきなり質問を返すと忙しい会話になってしまい、安心感のある会話にはなりません。

・「コーヒーかあ!」
これは合格点です!相手の話をしっかり前向きに受け止めて、「!」マークで興味がある旨を相手にアピールできています。

・「コーヒーかあ~ドトールは手軽な料金でおいしいよね~」
これぐらい返せたらかなり傾聴力がある証拠です♪

相手の発言を受け止める
   +
肯定的に返す

という2つのスキルを使っています。相手は安心してもっと話したいなという気持ちになれます。もし傾聴力がないな~と感じる場合は下記のコラムを参照ください。

傾聴力トレーニングコラム

傾聴力,安心感

まとめ+おしらせ

まとめ

安心感はこのように、心のあり方、技術を総合的に組み合わさることで醸し出すことができます。1つ1つ丁寧に取り組んで、ぜひ暖かい心を育んで、安心感のある人間関係を築いてくださいね♪

おしらせ

心理療法を独学で学ぶことに不安がある場合は、専門家の元でしっかり学ぶこともお勧めしています。 独学に限界を感じた方、体系的に勉強されたい方のご参加をぜひお待ちしています。

執筆者も講師をしています(^^)
 ・安定した心になる認知療法
 ・アイデンティティ確立と安心感
 ・リラックスした人間関係を築く練習
初学者向け心理学教教室を開催しています

助け合い掲示板

1件のコメント

コメントを残す

    • べり
    • 2019年3月9日 4:52 PM

    安心感の定義に当てはめると、私は安心感が非常に低いようです。
    (診断はiPadからの入力だからか、診断ボタンが押せません。)

    安心感は大人になってからも持つことはできるとありましたが、友達(サポートをしてくれる人?)がいない場合はどうなるのでしょう(笑)無条件のストロークを自分に対して投げてあげればいいんですね。

    無条件のストロークを考えるのは難しいです。だって自分は不安定で語彙不足なんです。
    練習問題の数が多いとわかりやすいと思いました。

    返信する

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
Bowlby, J. (2008). Attachment. Basic books. 
Erikson, E. H., & 小此木啓吾訳. (1973). 自我同一性アイデンティティとライフサイクル. 
岩瀬貴子, & 野嶋佐由美. (2013). 安心の概念分析. 高知女子大学看護学会誌, 39(1), 2-16.
中学生におけるソーシャルサポートと自他への肯定感に関する研究 細田 絢,田嶌 誠一 2009 年 57 巻 3 号 p. 309-323
Speckens, A. E. M., Spinhoven, P., Van Hemert, A. M., & Bolk, J. H. (2000). The Reassurance Questionnaire (RQ): psychometric properties of a self-report questionnaire to assess reassurability. Psychological medicine, 30(4), 841-847.
豊廣隼人, & 渡辺弘純. (2007). 対自的対他的安心感は希望に肯定的な影響を与える.