>
>
>

傾聴スキル「自己開示」の習得のコツを解説

傾聴


傾聴で深まる人間関係「自己開示」はある程度わがままでOK!⑦

コラム⑥は、「①言葉を使った傾聴スキル」から、感情の明確化をご紹介しました。相手の漠然とした気持ちを言語化するための働きかけをする傾聴スキルでしたね。相手の気持ちを知ろうとする姿勢が信頼感も築いてくれますので、日常生活に取り入れてみてくださいね。

「①言葉を使った傾聴スキル」の6回目となる今回は「自己開示」を解説していきます。

信頼を高める傾聴スキル

ここで、自己開示のメリットを改めて確認しましょう。自己開示は、互いの親密度や信頼を高める効果があります。また、ある程度自分勝手に自己開示をすることで、傾聴による気疲れも緩和してくれるので積極的に取り入れたい傾聴スキルです。

自己開示とは?

自己開示とは、自分の考え、経験や感情を相手に返す傾聴スキルです。例えば、次のように相手が自己紹介をしたとします。

「私は、滋賀県の出身です。北陸地域に近い自然豊かな地域なので、冬はウィンタースポーツ、夏には湖畔浴やキャンプを楽しむ人が多いですね。ソールフードといえば「サバそうめん」かな。サバの煮汁でゆでたそうめんはもちっとして、甘味もあるんです。独特の風味だけどすごくおいしいです!」

この自己紹介に対して、2つの回答を見てみましょう。

1つ目「Aさんの回答」
「私は、愛知県名古屋市の出身です。車やビルが多い市内の中心部で育ったので自然豊かな場所には憧れがあります。名古屋らしいなーと思うのは、喫茶店文化でしょうか。週末は喫茶店のモーニングサービスが朝食になっています。」

2つ目「Bさんの回答」
「出身は、ちょうど○○のあたりですね。」

いかがですか。1つ目のAさんのように、自己開示を交えながら回答してくれれば、会話も弾みますよね。逆に、2つ目のBさんの場合、とても残念な気持ちになります。上手な会話の組み立てには、相手の発話を参考に自己開示(=自分の事)を織り交ぜながら話すことが大切です。

自己紹介と自己開示

自己開示と聞くと、「自分の事を話すのは抵抗がある…」と思う方もみえると思います。しかし自己開示は、人間関係を築くには欠かせない要素ですから、ある程度自分勝手でOK!積極的に自己開示をして会話を膨らませていきましょう。

事例をチェック!自己開示の例

もう少し、自己開示の例を見ていきましょう。

例1
「最近、会社仲間の中で楽器経験がある人が集まってバンドを作ったんだ。まずは週1ではじめたんだけだけど、結構楽しくて自宅でも練習が欠かせなくなっているんだ」
   ↓
「バンドをやっているんですね。私は、学生時代ブラスバンド部に入っていたので、楽器は演奏するのも聴くのも好きですね。ただ、演奏については最近全くやっていないので久しぶりに演奏できたら楽しそうだな。ちなみに、〇〇さんが担当する楽器はなんですか?」

例2
「私は、ラーメンがとても好きです。新しい店や人気のお店、気になるお店があれば必ず足を運んで食べるようにしています。SNSにも写真付きで感想を紹介しているので、よかったら見てください。お店選びの参考になると思いますよ!」
   ↓
「ラーメンですか。いろいろなお店の味があるので、味調べは楽しそうですね。私も麺類が大好きなので、お店を探すときには参考にしますね。」

相手の発言に対して「事実+感情」を織り交ぜる事で、親近感を持ってもらうことができますよ。そして、自己開示については、気遣いはそこそこでOK!自分勝手を大事にして会話に取り入れてみてくださいね。傾聴スキル自己開示について解説

自己開示の練習問題

ここまで、自己開示の特徴やメリット、例文を見てきましたが自己開示の取り入れ方はイメージできましたか。ここからは、練習問題に取り組んでいきましょう。

練習問題
次のテーマについて、相手がお話してくれました。軽く自己開示をしてみましょう。

①私が好きな場所は海です!毎年10日ぐらいは海に行っています。魚を釣ったり、泳いだりするとストレスが解消できます。

②私はすしネタで言いますとエンガワが好きです。適度に脂がのったエンガワは歯ごたえがあるのでよく食べています。

③私は看護師をしています。勤続8年目で一通りできるようになってきました。毎日大変ですがやりがいがありますよ。

 

 

考えてみてくださいね!

 

 

出ましたか??

信頼感を深める傾聴スキル

解答例
①私が好きな場所は海です!毎年10日ぐらいは海に行っています。魚を釣ったり、泳いだりするとストレスが解消できます。
  ↓
私も海がとても好きです。夏のビーチで日焼けしたり海に入って元気に遊ぶのは最高に楽しいですし、夜の波音はとてもロマンチックで、心を撫でてくれるような気持ちになり癒されます。夜空や遠くに見える船をなんとなく眺めているのも気持ちが安らぎます。

②私はすしネタで言いますとエンガワが好きです。適度に脂がのったエンガワは歯ごたえがあるのでよく食べています。
   ↓
私は「いくら」が大好きです。お寿司屋では2皿以上必ず食べます。プチっとした食感がたまりませんね。北海道旅行で食べたいくら山盛りの丼がいまだに想い出の味になっています。また食べに行きたいです!

③私は看護師をしています。勤続8年目で一通りできるようになってきました。毎日大変ですがやりがいがありますよ。
   ↓
私はWEBデザイナーをしています。昔からイラストを描くことが好きで、いつかデザインの仕事をしたい!と思ったのがこの仕事についたきかっけです。とても楽しい仕事で自分に向いていると思っていますが、進歩が早い業界なので、日々勉強が欠かせませんね。

自己開示の練習問題

自己開示の注意点!傾聴姿勢は大切に

自己開示は、人間関係を構築してくれる優秀な傾聴スキルの1つですが、注意点もあります。これまで、自己開示は、ある程度わがままでOK!とお伝えしましたが、話を奪いすぎないという点ももちろん大事です。

自己開示はあくまでも傾聴スキルです。そのため、傾聴姿勢は大切にしてくださいね。

次は、「①言葉を使った傾聴スキル」から「名詞的肯定返し」を解説していきます。お楽しみに!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく実践練習をしてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

人間関係講座



ある程度自分勝手に取り入れてみよう!