>
>
>

リーダーシップの定義とは?

リーダーシップ,定義,とは


リーダーシップの定義とは?

リーダーシップがある人とは?

「リーダーシップがある人」と聞いてどのような人を思い浮かべるでしょうか?

例えば
・チームをまとめ、引っ張る力がある人
・チームの意見をまとめて、適切な判断ができる人
・メンバーの力を最大限引きだせる人
・目標を明確に提示できる人
・知識や経験が豊富で行動ができる人

どの答えも納得できますよね。あなたの周りにもこのような人はいるでしょうか?

 

リーダーシップの定義はバラバラ

リーダーシップがある人は、様々な要素でメンバーに影響を与えるため、一言では表現がしずらいものです。

そのため、仕事でリーダーを任された時、
「みんなをまとめる事ができるだろうか…」
「知識は足りているだろうか…」
「成果をだせるだろうか…」

など不安要素が多く、自信を持てない人が多いのかしれません。一言でリーダーシップといっても、様々な定義があるため、どういったリーダーシップを取っていけばよいのか戸惑ってしまう人が多いのでしょう。

リーダーシップは誰でも伸ばせる能力

リーダーは様々な要素でメンバーに影響を与えるため、特殊な能力やカリスマ性など持ってうまれた能力を活かしている人もいます。しかし、リーダーシップはうまれもった才能だけが影響するものではありません。今リーダーシップが取れていないからといって、「リーダーシップの能力が無いのでは?」と落ち込んだり、「リーダーには向いていない…」とあきらめる必要はありません。

リーダーシップは、経験を重ねたり成果につながるテクニックを身に付ける事で、誰でも伸ばすことができる仕事術です。身構える必要は決してありません。

 

リーダーシップにはさまざまなカタチがある

仕事におけるリーダーは、メンバーを率いて成果を出していかなければなりません。そのため、リーダーはメンバーや関わる多くの人から「信頼を得て影響力を与えられる」存在でなければなりません。

例えば
統率力が長けている、経験や知識が豊富など、リーダーが持っているスキルや得意な分野があるなら、それらのスキルを活かして「自分らしくメンバーと関わっていく」ことで信頼を得て影響力を与えることができるでしょう。

例えば、
メンバーの年齢や得意分野、仕事のスキルなどを把握していれば「相手の状況に応じて関わっていく」ことで信頼を得て影響力を与えることもできます。

「信頼の得方」「影響力の与える方」は、リーダーとメンバーの状況によって変わるため、リーダーシップには様々なカタチが存在します。見本となるカタチや今実践しているカタチにこだわるのではなく、状況に応じて柔軟に対応していくことが大切です。

まずリーダーシップが上手くいかない原因を整理して、あなたのおかれている状況に最適なカタチを見つけていきましょう!

 

リーダーシップは誰でも伸ばしていける!

リーダーシップが上手い人は、様々な要素をもってメンバーに影響を与えています。特殊能力やカリスマ性など、生まれもった能力が活きているケースもありますが、それだけではありません。ですから、リーダーシップは、経験とテクニックを知る事で誰でも伸ばしていけるスキルです。

リーダーシップは、リーダーとメンバーの状況に影響されるため、状況に応じて柔軟に対応することが大切です。状況をしっかり理解し、あなたらしくリーダーシップが発揮できるようしていきましょう!

今回はリーダーシップで戸惑う人が多いということと、リーダーシップには様々な形があることをお伝えしました。次回はリーダシップがうまくとれない原因についてお伝えしたいと思います。

★リーダーシップの定義はさまざま
★リーダーシップで悩む人は多い
★柔軟に対応してリーダーシップを発揮
コミュニケーション講座


リーダーシップの定義とは?部下の指導に必須のスキルを身に着けて対処!