>
>
>

プレゼンテーションとは?

プレゼンテーションとは


プレゼンテーションとは?

プレゼンテ―ションとは苦手意識が多い

327-presentation1プレゼンテ―ションは得意ですか?と尋ねたら、はっきりと「得意です」と答えられる人は、少ないでしょう。多くの人は、プレゼンテ―ションに苦手意識を持っていて「人前では緊張して頭が真っ白になる」「言葉が出てこない」などの経験をしている人もいると思います。人前で緊張するのは当然の事ですし、プレゼンテ―ションは何度経験しても苦手意識が取れないものです。

しかし、仕事の場面では「お客様への企画提案」「社内会議の発表」など、プレゼンテ―ションを行うシーンは多くありますから、上手くできなかったとしても苦手意識は克服したいものです。

プレゼンテ―ションとは、特別な人だけが持つ特別なスキルではありません。コツと訓練をすることでだれでも伸ばすことができます。身に付ける事で苦手を克服して、プレゼンテーションを楽しんで行きましょう。

それではまず、プレゼンテ―ションとは何かについて理解していきましょう!

 

プレゼンテ―ションとは?

328-presentation1では、プレゼンテーションとはどういう意味なのでしょうか?プレゼンテ―ションとは「伝えたい情報を提示し、理解・納得・共感を得る事」です。資料や言葉で伝える事で、相手を次のアクションに導くことができて目的達成といえます。

仕事の場面では、大きく分けて3つのプレゼンテ―ションがあります。

1:情報提供のプレゼンテ―ション
お客様や社内スタッフへの「商品の操作説明」、社内プロジェクトでの「日程や作業説明」など、知識や情報収集によって得た情報を適切に整理し、相手に分かりやすく伝える時のプレゼンテ―ションです。

情報提供は、相手が知らない事を伝えたり、誤解していた事を正しく訂正してあげることが目的です。いままでできなかった作業ができるようになったり、こちらが示した通りに作業が進んでいるようなら、理解されたと言えるでしょう

2:納得させるプレゼンテ―ション
ディスカッションやクライアントへの企画提案など、自分の主張に納得をしてもらう時のプレゼンテ―ションです。自分の意見に添った人が多くいればさほど難しい事ではありませんが、意見が異なる人が多い場合も自分の意見に賛同してもらわなければなりませんから、状況によっては高いスキルが必要です。

3:感動させるプレゼンテ―ション
聞いている人を喜ばせたり、悲しませたり、といった感情を引き起こすことを目的とした時のプレゼンテ―ションです。経営者や指導者がメッセージを伝える時、自社商品のブランディングを行う時にも欠かせない要素となっています。示した事に共感し、会社や人物、商品のファンとなってくれれば目的達成といえます。

 

プレゼンテーションとは相手を動かすこと!

プレゼンテ―ションとは、「伝えたい情報を提示し、理解・納得・共感を得る事」です。相手を次のアクションに導く事ができれば、成功と言えるでしょう。つまり、プレゼンテーションによって、相手を動かすことを目指していかなければなりません。

プレゼンテ―ションに苦手意識を持っている人が多くいますが、コツを知り経験する事で誰でも伸ばしていけるスキルです。身に付けてプレゼンテーションを楽しんで行きましょう!

今回はプレゼンテーションとは3つの種類があるということをお伝えしてきました。次回はプレゼンテーションが苦手である原因について考えていきたいと思います。

★プレゼンテーションとは苦手意識が多いもの!
★プレゼンテーションとは情報提示で理解や共感を得ること
★プレゼンテーションとは感動させる側面もある
コミュニケーション講座


プレゼンテーションとは?意味を正しく理解して的確に相手に伝えるスキルを身につけよう!