>
>
>

うまい断り方で仕事のスキルを伸ばそう!

断り方,仕事


断り方③ うまい断り方で仕事のスキルを伸ばそう!

仕事で役立つ断り方のスキルを伸ばそう!

303-how-to-refuse3前回は、断れない原因について解説していきました。仕事やプライベートでうまい断り方ができない人の共通点として①他者評価を気にしすぎる、②断り方がわからない、③自己犠牲精神が強いの3つを挙げましたね。断れない原因を知ることは、うまく断り方を身に付ける第一歩となります。仕事でもプライベートも役立つ断り方のスキルを伸ばしていきましょう!

今回のコラムでは、うまく断り方の一つとして「相手の立場に立った断り方」について解説していきたいと思います。

 

うまい断り方とは?2つのコツ

仕事・プライベート問わず、これまで頼み事をした時に断られた経験は誰しも必ずあるでしょう。断られて「なんだよ!」と嫌な気持ちになる断り方をする人もいれば、頼んだこちらが「申し訳ないな」と思ってしまうくらいうまい断り方をする人もいます。さて、この違いは何なのでしょうか?

嫌な気持ちになる断り方としては「できません」「やりたくありません」という発言や無視をするといったことが挙げられます。これらの言動は相手を思いやってはいませんよね。頼み事をする人は自分1人ではどうしてもやれないからしょうがなく頼んでいるのかもしれません。そうした場合に「できません」だけ言われると、相手は自分を拒否されたように感じるでしょう。

 

【うまい断り方①-相手の気持ちを察する】
上記ような時にうまい断り方ができる人は、相手の気持ちを察した上での発言をしているのです。

例えば、
「○○さんが大変なのはわかるので、仕事をお手伝いしたいのは山々なのですが…」
「○○さんのお役に立ちたい気持ちはあるのですが…」
という言葉を断る言葉の前に入れると良いです。

相手の状況を理解していることや自分ができれば手伝いたいという気持ちを伝えるのがポイントです。

 

【うまい断り方②-感謝や謝罪の気持ちを述べる】
また、断る前に申し訳ない気持ちや誘ってくれたことに対する感謝の気持ちを述べることも大切です。

例えば、
「大変申し訳ないのですが」
「誘っていただきとても嬉しいのですが」
という言葉を最初に言うと断りやすくなると共に相手も受け入れやすくなります。

とても便利(言い方は悪いかもしれませんが)なので、断る時には意識して使うと良いと思います。

 

うまい断り方の知ろう!練習問題

それでは練習問題をやってみましょう。下の事例を読んであなたならどのように断るか考えてみてください。ポイントとしては、先ほど解説したように断りの最初に感謝や謝罪の言葉を加えるのと、相手の状況を察する言葉を加えてみることです。

304-how-to-refuse3①あなたは会社の同僚から仕事を頼まれました。同僚はあなたから見ても仕事がとても忙しく大変そうでした。しかし、あなたも自分の仕事が精いっぱいで手伝うことは難しいです。

 あなたならどのように、この仕事を断りますか?

②あなたは友人から飲み会の誘いを受けました。行きたい気持ちはあるのですが、その日はどうしても外せない用事があり参加できません。

 あなたならどのように、この飲み会を断りますか?

 

うまい断り方の知ろう!練習問題の解説

練習問題はやってみてどうでしたか?このコラムの最初に解説した内容をよく読んで取り組めば比較的わかりやすかったかと思います。以下に、それぞれの問題の解説を載せますのでご覧ください。

<①の解説>
305-how-to-refuse3解答例:大変申し訳ありません。あなたが仕事で大変なことは知っているので、仕事をお手伝いしたい気持ちはありますが、私も仕事が手一杯でお手伝いすることができません。

ここでは、最初に仕事が手伝えないことを謝ってしまいます。そして、相手の仕事の大変さの理解を示し、自分が手伝えない理由を述べています。

<②の解説>
解答例:誘ってくれてありがとう。でも、その日はどうしても外せない用事があって参加できないんだ。私としてはとても参加したい気持ちはあるんだけどね。

この問題では、最初に誘ってくれたことに感謝を表しています。そして、参加できない理由を述べて、最後に自分の気持ちを表しています。

 

うまい断り方のコツがわかりましたか?

今回の練習問題では、相手の気持ちや立場に立った断り方について考えてもらいました。少しは理解してもらえたでしょうか?

仕事でもプライベートどちらの場面でも、頼み事をしたり誘う側にも色々な状況があります。そのことを理解してあげるだけでも相手は少し気持ちが楽になることもあります。感謝や謝罪の言葉はちょっとしたものですが、受け取る側からするとその言葉があるとないとでは大きな違いに感じるでしょう。

次回のコラムでは、自分の気持ちや思いをのせた断り方を解説していきたいと思います。

★ 言われて気持ちいい断り方をしよう
★ うまい断り方のコツで練習しよう
★ 断る時に感謝や謝罪の言葉をちょっと添えることが大事
コミュニケーション講座


うまい断り方には2つのコツがあります。身に付けて仕事のスキルを伸ばしていきましょう。