>
>
>
イライラする原因「女性特有の問題」②

イライラする原因「女性特有の問題」②

イライラは自分の心に問題があると考えられがちですが、実際には身体的な問題が原因であることも感がられます。たとえば、女性であれば生理前から生理中に欠けて気分の浮き沈みが激しくなります。また、男性であっても規則正しい生活が送れていないと、イライラが起こりやすいです。

身体的な機能が不安定

身体的な機能によってイライラする1つとしてホルモンバランスの崩れが挙げられています。例えば女性ホルモンの1つであるエストロゲンは、エストロゲンは気持ちを高めるセロトニンという脳内物質と関連するホルモンであり、エストロゲンの不足はうつ状態を引き起こす原因になります(野田、2018)。

エストロゲンが不足すると、イライラや不安といった心の不調として現れるのです(黒住・佐田、2016)。

イライラする人

図のように女性は生理前や更年期になるとエストロゲンが減少します。特に月のはじめ、半ば、中旬にイライラする気持ちがある人は生理を疑ってみると良いかもしれません。

ホルモンバランスが崩れている時期は、環境の変化やストレスが無くても情緒不安定になりやすく、日常生活に支障が出ることもあります。

★イライラは女性特有の問題が原因かも!

コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

目次

①原因と解消法!診断もあります ​
②イライラの原因「女性特有の問題」
③「心理的な問題」とは
④性格の関係!怒りっぽい人の特徴
⑤イライラは「精神疾患」が原因?
⑥「怒りの火種」を見つけよう
⑦論理療法「ABCシェマ」で改善
⑧原因の解消法!「簡易瞑想法」
⑨イライラする原因「投影」の解消法
⑩イライラ診断!怒りっぽさをチェック

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→