>
>
>

ディスカッションの意味とは?

ディスカッション,意味,とは


ディスカッションの意味とは?

討議を意味するディスカッション

314-discussion1ディスカッションという言葉の意味を知っていますか?ディスカッションとは直訳すると、「討議」「議論」といった意味です。ディスカッションは仕事ですと、様々な場面で行われています。例えば、「社内の会議」「チームのミーティング」などです。

ディスカッションの意味、”討議”や”議論”という言葉を聞くと「互いに主張をぶつけあう場」「批判や酷評が飛び交う」など、ネガティブなイメージを持ってしまいがちです。ディスカッションの場はできる事なら参加したくないと思っている人も少なくないのではないしょうか。しかし、ディスカッションとは、本当にネガティブに考えるべき場面でしょうか?

 

ディスカッションは意見交換の場

ディスカッションとはテーマに基づき参加者が、意見や情報を交換し結論を見つけるために協力する議論の場です。意見交換をする場なので、決して互いの主張をぶつけ合う場というわけではありません。ですから、ネガティブに捉えることはありません。

さまざまな、意見がでてくることでより良い結論につながるわけですから、参加者ひとりひとりが自分の意見を伝える事(主張)が大切になります。ディスカッション=意見交換と意味を考えれば何も恐れることはありません。

 

主張するスキルが必要の現代

315-discussion1ディスカッションが意見交換の場面だとわかっても、相手の考え方に反論することに抵抗がある人は多いのではないでしょうか。私たち日本人の中には、同じような気持ちを持っている人が恐らく多いでしょう。それは、日本人がはっきりと発言することが苦手であったり、仲間との和を重んじるといった意識が強いことにあるといわれています。

しかし、最近のビジネス場面においては、グローバル化が進み日本人特有の曖昧さや発言をしないことが、あまり良いとされない傾向になってきています。ディスカッションで自分の意見を適切に主張するスキルは、今後より重要視されていくでしょう。

 

「主張」できないことのデメリット

ディスカッションで主張しない事は、ストレスの原因ともなりかねません。会社や周囲の人があなたの事を適切に理解する事ができないためです。また、主張が無いことは「協調性や積極性が低い」とされ、会社での評価が下がってしまう可能性があります。さらに、本来持っている能力を知ってもらうことができず、適所への配属がされないという可能性も高まります。

ディスカッションで主張ができない事は、自分に適さない職場環境に身を置くきかっけとなり、ストレスや疲労の蓄積など体調不良につながるといった悪循環をつくる可能性もあります。

 

意見交換の場という意味で必要な主張

ディスカッションの本当の意味は、意見交換の場です。その意見交換の場で適切に主張することがスキルとしては求められます。そして、適切な主張によって仕事で不利な状況に陥ってしまうことを防ぐことができます。

今回はディスカッションの意味とはについて考え、必要なスキルについてお伝えしてきました。次回はディスカッションが苦手な原因の意味を理解し、アプローチ方法についてお伝えしていきます。このディスカッションコラムを通して、ディスカッションで主張するスキルをしっかり身に付けていきましょう。

★ディスカッションとは「討議」「議論」という意味
★意見交換の場と意味を捉えることでネガティブを軽減
★ディスカッションは適切に主張できるスキルが必要
コミュニケーション講座


ディスカッションの意味とは?相互の意見交換をする場!