>
>
>

アイデンティティ確立に欠かせない要素とは

アイデンティティ,確立,とは


アイデンティティ確立に欠かせない要素とは④

コラム③では、アイデンティティを確立できない原因の1つ、自分の物語を振り返れていないの解決策でした。ご紹介したライフチャートを活用して、整理してみてくださいね。

今回は、アイデンティティが確立できない原因の1つ目「相手はどう考えるか」の解決策についてお話していきたいと思います。

アイデンティティ確立に欠かせない要素

みなさんはアイデンティティとは?と聞かれると「自分が確立していること・・」「ぶれない自分を持っていること・・」など、自分に対するイメージを答えられる方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、相手を知ることも大変重要です。なぜなら自分一人で確立したアイデンティティは独りよがりになりやすく、不健康なアイデンティティの確立につながりやすいのです。

例えば、「人は損得だけで生きている」というゆがんだアイデンティティを確立してしまうと、利用し、利用されるという関係性のみを求める殺伐とした世界観を持つことになります。もちろんそういった側面もあると思いますが、それのみでアイデンティティを確立してしまうと、健康的な人間関係を築くことはできないでしょう。

なぜなら「人は損得だけで生きている」と考える人と心から付き合いたい人は少数派だからです。アイデンティティの確立はある意味で自由にできるものではあるのですが、やはり健康的なアイデンティティを築くには社会的に認められる価値観であったほうが、自分自身が生きやすなると言えます。

アイデンティティ確立に欠かせない要素

では「相手の考える知る」ためにはどうしたらよいのでしょうか。実はさほど難しいことではありません。コラム②でもご紹介した心理学のメンタライゼ―ションという考え方が活用できます。

メンタライゼーションとは「行動の背景を読み取る能力である」とされおり、相手に対するものと自分自身に対するものがあります。今回は相手に対するメンタライゼーションについてお話していきます。

相手に対するメンタライゼーションとは、簡単に言うとみなさんが体験している様々な状況において、相手はどう考えるだろうか?という視点を持つことです。。

練習問題で確立を目指そう!

ここで、少し練習してみましょう。皆さんは、初めて参加したサークルで、飲み会に誘われました。しかし以下の状況になってしまったとします。

自分の状況

自分は話がうまくない。すぐ緊張してしまって、いつもうまく喋れなかった。失敗している気がする。相手は次回もきてくださいと言ってくれたが、なんだかもやもやする。初回でうまく話せなかったのだからもう参加しないほうがいいかも。

相手はそんな自分をどう思うか?

箇条書きでかまいませんので、思いつく限り色々書いてみてください。

みなさん書き出せましたか?どうでしょうか?

解答例
「初回なんだからうまくはなせないのは当たり前。徐々に溶け込めばよいと考えてくれそう」
「相手は緊張しているから嫌いになるような人ではなかった」

と、こんな感じでしょうか。ここでのポイントは、初回でうまく話せなかったのだからもう参加しないほうがいいかもという自分目線の考えを、一度相手目線からとらえなおして、考え方を修正している点にあります。このように、時分だけでなく、相手はどう思うかも参考にしながら、アイデンティティを確立していくと、健康的なアイデンティティに繋がりやすくなるのです。

メリットとは?アイデンティの確立を!

相手の立場を意識すると自分に対して相手がどう考えているかという視点が入ってきます。これは想像でかまいません。

新しい視点が入ってくるとアイデンティティについて考える材料を手に入れることができるため、アイデンティティ確立がバランスよくなってきます。

皆さんも自分について困った時は、自分のメンタライゼーションと相手の考えを想像するメンタライゼーションはワンセットで感があえて行くとアイデンティティ確立の糸口が見つかることがあります。どうぞやってみてください。

次回のアイデンティティコラムは、これまで紹介してきた内容のまとめです。一緒に確認しましょう!

★ アイデンティティ確立には欠かせない要素を知ろう
★「相手の視点」を知るメリットとは?確認しよう
★ メリットと方法を確認してアイデンティティを確立しよう
★ 練習問題でアイデンティティ確立を目指そう!


心理学の考え方を使って対処していきましょう。