>
>
>

アイデンティティの確立。その方法とは?

アイデンティティ,確立


アイデンティティの確立。その方法とは?③

コラム②では、対人関係のあり方を通して、自分自身のメンタライゼーションの重要性をお話してきました。ご紹介したコツを実践してアイデンティティの確立を目指していきましょう。

今回はアイデンティティの確立ができな原因の1つ「人生のできごとを自分なりに整理できていない」の解決策として、自分自身のこれまでの経験を整理していく事についてお話していきたいと思います。

アイデンティティの確立ができている状態とは、自分の人生の体験をうまく整理できている状態です。これまでに起きたいろいろな体験を自分なりに意味を付けられるようになると、自分に自信がついてきますし、気持ちも安定していられます。

今回はアイデンティティの確立に向けて、みなさんそれぞれの人生を振り返ってみましょう。


ライフチャートを使って振り返り

あなたの人生はどんなものですか?少し振り返ってみませんか?振り返りの方法は色々ありますが、今回はライフチャートを使って振り返っていきましょう。

ライフチャートとはこんな感じです。

人生を整理するライフチャート

あなたの人生を振り返って、100%~-100%の数値で表していきます。これには、みなさんそれぞれの人生に対する思いや意味付けが現れます。そこからさまざまな質問などを通して、いろいろ振り返ってみてほしいのです。

【記入例】

人生を整理するライフチャート記入例例えば、33歳の人であれば、こんな感じで途中までで結構です。

自分との対話でアイデンティティの確立を!

ライフチャートを皆さんも紙に書いてやってみてくださいね。

ライフチャートが書けたら、自分で書いてみたこのライフチャートをよく眺めてみてください。既に書いてくださった方は、ライフチャートを書いたところで様々な思いが浮かんだかもしれません。

ここから、色々質問をしますのでライフチャートを確認しながら、自分の中で対話をしてみてください。今回は回答例はあえて設けません。自由に答えてください。あなたが思い浮かんだことすべてに意味があるのではないかと思います。

質問
1.どうしてこのようなグラフを書きましたか?
2.皆さんがこれまでの人生の中で1番誇りを持っていえることや自慢できることなどは何でしょうか?
3.皆さんがこれまでの人生で1番幸せに感じた出来事は何でしょうか?
4.自分の人生を一言で表すなら?

体験を整理してアイデンティティ確立を

質問を元に振りかえってみていかがでしたか。自分の物語を安定して語れるようになるということは、それだけ自分が活き活きと安定した暮らしを送れているということなのです。

これはナラティブ・アプローチという手法をとっています。今回は自分の中で対話していただきましたが、聞き手がいるとまた違ってきます。

相手に話すときに、話しながら自分の体験が自然と整理されていきます。そして相手に感想などをもらうことで、自分自身が新たな気づきを得られることがあります。ぜひ気持ちに余裕が出てきたら、誰かに話しを聞いてもらってみてください。

次回のアイデンティティコラムは、「相手のことをあまり見ていない」の解決策です。次回もお楽しみに!

★自分の体験を整理してアイデンティティの確立を!
★アイデンティティの確立にライフチャートを使ってみよう
★自分と対話をしてアイデンティティの確立を目指そう


ナラティブ・アプローチで自分と対話をしましょう。