>
>
>

やる気がでない原因は何故

仕事でやる気がでない原因


やる気がでない原因!仕事を後回しにする心理-精神保健福祉士が解説①

やる気がでないについて専門家が解説

みなさんはじめまして!精神保健福祉士の川島です。現在、精神疾患を抱える方に心理テストとカウンセリングなどの活動を行っています。当コラムは「やる気がでない」をテーマに専門家が解説をしています。

コラム1ではやる気でない状態の理解を、コラム2~5では具体的な対策をお伝えします。しっかりとお伝えしたいので全部で8分程度かかります(^^;ちょっと大変ですが。是非お付き合いください。

やる気がでない「無気力状態」

やる気がでない、ダラダラとなんとなく過ごしてしまうことはありませんか?やるべきことがあってもなかなか手を付けられない、そんな時は自分を責めたくなってしまうかもしれません。

しかし、全く心配する必要はありません。やる気がでないのは怠けているのではなく、人間心理の一つの特徴だからです。やる気がでない状態は、臨床心理学的に「無気力」と呼びます。無気力はアパシーとも呼ばれることも多いです。「無気力な学生」「無気力な労働者」という言葉をよく耳にしませんか。

こういった学生を見ると「意欲がない」「やる気が感じられない」「無関心」といった、ネガティブな意味合いで使われることがほとんどですね。やる気がでない状態である無気力については精神医学や心理学の世界ではるか昔から研究が行われてきました。まずはやる気がでない時を理解するためにいくつか紹介させて頂きます。

・やる気がでない状態と「退却神経症」

1960年代に日本の医師である笠原嘉は「退却神経症」という用語で無気力を説明しました。退却神経症とは、あえて無気力になることで、つらい事柄から退却しようとする症状です。仕事や学業などで追い詰められた時に多く見られます。ある特定の場所のみで無気力になるのが退却神経症の特徴なので、「職場鬱」といった仕事だけに鬱症状が表れる症状に似ているとも言えます

・「こんなに頑張っているのに・・・」の無気力

進学や就職、勉強や仕事、スポーツなどにおいて、精いっぱい全力を尽くしてきたけれど、望み通りの結果が得られなかった場合に起こるやる気がでない心理状態。これを「燃え尽き症候群」と言います。介護職や看護師に多い症状と言われていましたが、教員などの仕事やホテルなどの接客業の人にもバーンアウトが生じます。症状の経過や状態によってうつ病と診断されることもあります。

・やる気がでない時はうつ病のサインかも

うつ病の一つの症状に「やる気がでない」というものがあります。この場合の無気力は、日々の生活全般における意欲のなさ、無関心です。特に自責の念を感じやすく「自分はダメな人間だ」と思い詰めてしまい、悪循環を引き起こします。無気力症候群は本業に対して表れる症状ですが、うつ病の特徴は日常生活全般に対してやる気がでない状態になってしまうことです。

・無力の学習でやる気がでない

セリグマン(Martin E. P. Seligman)は「学習性無力感」という理論を唱えました。学習性無力感とは、努力していてもネガティブな結果が続く場合、「何をやっても失敗するなら、やるだけ無駄だ」という気持ちが芽生えていき、遂には無気力になってしまう心理を指します。学習性無力感がうつ病につながる一つの原因であることをセリグマンは発見しました。学習性無力感の例として、「婚活で頑張っても失恋が続く」「大きな組織でいくら仕事を頑張っても評価されない」といったものがあります。

・やる気がでないものが限定される時

ある特定の物事に対して「やる気がでない状態」で、本人にも自覚がないといった症状を「無気力症候群(アパシーシンドローム)」と言います。スチューデント・アパシーのように学業に対して無関心になる無気力は、それ以外のこと(趣味や家事など)には症状が現れないのが特徴です。うつ病の無気力は生活全般に関わるので比較的気付きやすいのですが、無気力症候群は症状が発見しづらいです。そのため、対処が遅れて、気づかないうちに症状が進行してしまう危険性があります。

・学業だけにやる気がでないのは何故?

無気力症候群において、学生(特に大学生)に多くみられる無気力症状。受験という大きな目標が急になくなってしまったことで、一気にやる気がでない状態に陥ってしまいます。次の目標を見つけ出せずに意欲が落ちて勉強に無関心になります。無気力症候群は、学業や仕事などの特定のこと「本業」に対してやる気がでない状態を示しますが、その学業や仕事内容など無気力の対象、年代によって呼び方が変わります。

やる気がでない診断

それではここで実際に今の状況を知るために、「やる気が出ない診断」をしてみましょう。

やる気がでない診断
全くそう思わない あまり思わない どちらでもない ややそう思う とてもそう思う
1.
やりたいことがない
2.
好奇心が少ない
3.
何をやっても駄目だと思う
4.
失敗するイメージが先行する
5.
人づきあいが面倒である
6.
会話をすると疲れる
7.
身体が重い感覚がある
8.
頭が働かない
あなたの生まれた年は?
あなたの性別は?  
あなたのお住まいは?
診断についての注意

やる気がでない診断について‐注意事項

・当尺度は臨床心理士・精神保健福祉士の監修の元作成しました
・当尺度は医療的な診断を行うものではありません
・当やる気がでない診断は、段階では予備調査の段階となります
・あくまで参考程度にご使用ください

以下はやる気がでない尺度作成についての、手順や趣旨が明示されています。尺度について疑問を持たれた方、専門家の方、興味がある方はご一読ください。

 

尺度作成の趣旨
現代社会では、主にスマートフォンでの検索やアプリが入り口となっており、多くの方がメンタルヘルスに関わる疑問や、問題解決の糸口をWEB検索から模索を始める傾向があります。当該入り口において方向性を誤ると、メンタルヘルスの改善の迷路に迷い込む恐れがあるため、限られた時間の中で、ある程度簡易的に自分の状態を把握するコンテンツや診断が必要と考えています。

そこで弊社では、メンタルヘルスの問題につながりやすい種々の感情に焦点を当て、簡易的な自己判断ができる尺度を作成することとしました。医療行為、学術的な研究を目的とした診断ではなく、予防機能、メンタルヘルスに興味をもって頂くことを趣旨として作成します。

やる気がでない診断作成の条件
尺度を作成するにあたっては以下を意識して作成する。
・電車や喫茶店で簡易的に読める文章を心掛ける
・学術的な表現は控える
・断定はしない あくまでヒントとして診断をする
・尺度の限界を明示する

やる気がでない診断作成手順

・やる気がでないの定義
やる気がでないという言葉は日常的な言葉であり、学術的な世界で研修されることは稀である。近接概念としては、「無気力」「燃え尽き症候群」「モラトリアム」「アパシー」という言葉が、精神医学・心理学の臨床場面において、多く用いられてきた。

 

・やる気がでないに近接する分野についての研究
論文検索サイト「Google Scholar」を用い検索を行った結果、多数の研究が見つかった。一例をあげる。

先行研究①
下山(1992)はモラトリアムの性質を検討した際に尺度の作成を行った。その結果、モラトリアム の下位尺度のなかで、従来の青年期発達論で議論されてきたモラトリアム状態の「拡散」と「模索」に関しては、ほぼ理論通りの結果がみられた。

先行研究②
箭本等(2017)は、大学生の心理的な問題を発見する研究の過程で、大学生102名を対象に、アパシー傾向尺度の検討を行った。その結果、「授業からの退却」「学業・課題からの退却」「学業への積極的姿勢」の3因子が抽出された。

 

① 尺度抽出について
尺度作成においては、このようにやる気がでないに関連する5つの論文と、臨床心理士・精神保健福祉士・社会心理学の大学院を卒業した者が協力し質問項目のブレーンストーミングを行い、質問項目を網羅した。


参考文献
下山晴彦 大学生のモラトリアムの下位分類の研究 ?アイデンティティの発達との関連から- 40,121-129 教育心理学研究 1992

 

箭本, 佳己 鈴木, 由美 大学生のアパシー傾向とUPI 都留文科大学研究紀要 2017

岸可奈子・諸井克英 無気力感尺度の再検討 同志社女子大学生活科学 44 1-5 2010

狩野武道・津川律子 大学生における無気力の分類の試み ?スチューデント・アパシーと抑うつの観点から- こころの健康 23 1-10 2008

下山晴彦 男子大学生の無気力の研究 教育心理学研究 43 145-155 1995

 

② KJ法でグルーピング

⇒意味のまとまりを考慮し、4因子に分類し、質問項目をそれぞれ2問用意した。
 *通常であれば予備調査で説明変数から多い順に
   採用するが今回は弊社の判断で選択した


・目標の喪失
やりたいことがない
好奇心が少ない

・自己統制感の欠如
何をやっても駄目だと思う
失敗するイメージが先行する

・人間関係への不安
人づきあいが面倒である
会話をすると疲れる

・身体不全
身体が重い感覚がある
頭が働かない


以上に分類された。


③ 診断結果については、因子ごとの評価は行わず
  総合点について4段階で注意事項を200文字程度で作成した

  ・5件法
  ・33~40 やる気がでない‐かなり強い
  ・29~32  やる気がでない‐強い
  ・24~28 やる気がでない‐やや
  ・8~23  やる気がでない‐ない~少なく
  

の4段階とする。やる気がでない感の強さを示す尺度となっているため、一般的に得点が低い方が精神的に健康的とされている。結果については、長所と短所の2つの側面から記述し、読者が参考になるような記述を心掛ける。その一方で診断結果については提案程度にとどめ、自己理解のきっかけとなるような結果を提供する。


診断結果
33~40 やる気がでない‐かなり強い
*長所  
あなたのやる気がでない気持ちがかなり強い状態です。もし「モラトリアム期間」であるならば、これから人生を送る上で重要なタイミングと言えるでしょう。モラトリアム期間とは、自分と向き合ったり、人生の目標を模索している時期です。一時的に気持ちが落ちたり、考えごとにふける時期です。周りからはやる気がでないように見られがちですが、目標や生き方を見つけるために日々自分との戦っているといえます。やる気がでない状態が一時的であれば、特に問題ないと言えるでしょう。

 

*注意
短期的であれば問題ないですが、長期的にやる気がでない気持ちが強い場合は注意が必要です。特にかなり強いに該当するため、日々の中で充実感を感じられていないところがあるのではないでしょうか。やる気がでない状態が長続きしている場合は、ひきこもりやうつ病にかかるなど精神的な健康に悪影響をもたらす可能性があります。以下のコラムで対処法をご紹介しますので参考にしてみてください。また消えてなくなりたい・・・という感覚がある方は、心療内科や精神科の受診を視野に入れてください。

・29~32  やる気がでない‐強い
*長所  
あなたのやる気がでない気持ちが強い状態です。もし「モラトリアム期間」であるならば、これから人生を送る上で重要なタイミングと言えるでしょう。モラトリアム期間とは、自分と向き合ったり、人生の目標を模索している時期です。一時的に気持ちが落ちたり、考えごとにふける時期です。周りからはやる気がでないように見られがちですが、目標や生き方を見つけるために日々自分との戦っているといえます。やる気がでない状態が一時的であれば、特に問題ないと言えるでしょう。

 

*注意
短期的であれば問題ないですが、長期的にやる気がでない気持ちが強い場合は注意が必要です。特にかなり強いに該当するため、日々の中で充実感を感じられていないところがあるのではないでしょうか。やる気がでない状態が長続きしている場合は、ひきこもりやうつ病にかかるなど精神的な健康に悪影響をもたらす可能性があります。以下のコラムで対処法をご紹介しますので参考にしてみてください。

 

24~28 やる気がでない‐ややある

*長所  
あなたのやる気がでない気持ちがある状態です。もし「モラトリアム期間」であるならば、これから人生を送る上で重要なタイミングと言えるでしょう。モラトリアム期間とは、自分と向き合ったり、人生の目標を模索している時期です。一時的に気持ちが落ちたり、考えごとにふける時期です。周りからはやる気がでないように見られがちですが、目標や生き方を見つけるために日々自分との戦っているといえます。やる気がでない状態が一時的であれば、特に問題ないと言えるでしょう。

 

*注意
現時点では健康的なレベルですが、今後やる気がでない気持ちが強くなってきた場合は注意が必要です。やる気がでない状態が長続きする場合は、ひきこもりやうつ病にかかるなど精神的な健康に悪影響をもたらす可能性があります。以下のコラムで対処法をご紹介しますので、予防として参考にしてみてください。

 

8~23・やる気がでない‐ない~少ない 

*長所
あなたのやる気がでない気持ちは、ない~少ない状態です。現在バランスの良い活き活きとした生活を送れているのではないでしょうか。気力がみなぎり目標を持って課題をこなしているのではないでしょうか。ぜひこれからもその調子で、毎日を過ごされてみてください。


*注意
ここに該当したあなたはほとんど問題はありません。しかし、ふとした環境の変化やあなた自身の考え方・価値観の変化でやる気がでない気持ち強くなることがあります。精神的な健康面を維持する意味でも、やる気がでない感をためないようにこれからも気を付けてみてください。以下のコラムで予防的な対策をお伝えしますので参考にしてみてください。

⑤ 今後の予定

  →回答数が充分集まった段階で

   因子分析と他の尺度との関連を精査し、

   精度を高めていく予定である

やる気がでない(MAX 40)

やる気がでない(MIN 8)

あなたのライン

男性
女性

点数が高いほど、やる気がでない‐かなり強いことを示しています。以下の基準を参考にしてください。

  ・33~40  やる気がでない‐かなり強い
  ・29~32   やる気がでない‐強い
  ・24~28   やる気がでない‐ややある
  ・8~23  やる気がでない‐ない~少なく

やる気がでない(MAX 40)

やる気がでない(MIN 8)

あなたのライン

年代別の比較となります。ご自身の年代と比較してみましょう。

あなたが所属する群

以下の3群に当てはまった方は注意しましょう。

  ・33~40  やる気がでない‐かなり強い
  ・29~32   やる気がでない‐強い
  ・24~28   やる気がでない‐ややある

  • 総合

    順位 都道府県 平均値 回答数
    1 愛知県 38.5 2
    2 奈良県 38 1
    2 和歌山県 38 1
    4 長崎県 35 1
    5 神奈川県 34.14 7
    6 鳥取県 33 1
    6 山形県 33 1
    8 埼玉県 32.6 5
    9 広島県 31 1
    9 徳島県 31 1
    9 千葉県 31 1
    9 秋田県 31 1
    9 岐阜県 31 2
    14 東京都 30.38 8
    15 岡山県 30 1
    16 岩手県 29 1
    16 沖縄県 29 1
    18 大阪府 28.5 4
    18 茨城県 28.5 2
    20 熊本県 28 1
    21 兵庫県 26 3
    22 宮城県 21 1
    23 静岡県 20 1
  • 男性

    順位 都道府県 平均値 回答数
    1 愛知県 38.5 2
    2 神奈川県 37.5 4
    3 埼玉県 33.67 3
    4 山形県 33 1
    4 鳥取県 33 1
    6 秋田県 31 1
    6 千葉県 31 1
    8 東京都 30.8 5
    9 岡山県 30 1
    10 岩手県 29 1
    11 茨城県 28.5 2
    11 大阪府 28.5 4
    13 兵庫県 26 3
    14 静岡県 20 1
  • 女性

    順位 都道府県 平均値 回答数
    1 和歌山県 38 1
    1 奈良県 38 1
    3 長崎県 35 1
    4 徳島県 31 1
    4 埼玉県 31 2
    4 広島県 31 1
    4 岐阜県 31 2
    8 東京都 29.67 3
    9 沖縄県 29 1
    10 熊本県 28 1
    11 神奈川県 27.5 2
    12 宮城県 21 1

2018年8月6日から調査を開始しています。現在集計中です。

*長所  
あなたのやる気がでない気持ちがかなり強い状態です。もし「モラトリアム期間」であるならば、これから人生を送る上で重要なタイミングと言えるでしょう。モラトリアム期間とは、自分と向き合ったり、人生の目標を模索している時期です。一時的に気持ちが落ちたり、考えごとにふける時期です。

周りからはやる気がでないように見られがちですが、目標や生き方を見つけるために日々自分との戦っているといえます。やる気がでない状態が一時的であれば、特に問題ないと言えるでしょう。

*注意点
短期的であれば問題ないですが、長期的にやる気がでない気持ちが強い場合は注意が必要です。特にかなり強いに該当するため、日々の中で充実感を感じられていないところがあるのではないでしょうか。やる気がでない状態が長続きしている場合は、ひきこもりやうつ病にかかるなど精神的な健康に悪影響をもたらす可能性があります。

以下のコラムで対処法をご紹介しますので参考にしてみてください。また消えてなくなりたい・・・という感覚がある方は、心療内科や精神科の受診を視野に入れてください。

*長所  
あなたのやる気がでない気持ちが強い状態です。もし「モラトリアム期間」であるならば、これから人生を送る上で重要なタイミングと言えるでしょう。モラトリアム期間とは、自分と向き合ったり、人生の目標を模索している時期です。一時的に気持ちが落ちたり、考えごとにふける時期です。

周りからはやる気がでないように見られがちですが、目標や生き方を見つけるために日々自分との戦っているといえます。やる気がでない状態が一時的であれば、特に問題ないと言えるでしょう。

*注意点
短期的であれば問題ないですが、長期的にやる気がでない気持ちが強い場合は注意が必要です。強いに該当するため、日々の中で充実感を感じられていないところがあるのではないでしょうか。やる気がでない状態が長続きしている場合は、ひきこもりやうつ病にかかるなど精神的な健康に悪影響をもたらす可能性があります。以下のコラムで対処法をご紹介しますので参考にしてみてください。

*長所  
あなたのやる気がでない気持ちがある状態です。もし「モラトリアム期間」であるならば、これから人生を送る上で重要なタイミングと言えるでしょう。モラトリアム期間とは、自分と向き合ったり、人生の目標を模索している時期です。一時的に気持ちが落ちたり、考えごとにふける時期です。

周りからはやる気がでないように見られがちですが、目標や生き方を見つけるために日々自分との戦っているといえます。やる気がでない状態が一時的であれば、特に問題ないと言えるでしょう。

*注意点
現時点では健康的なレベルですが、今後やる気がでない気持ちが強くなってきた場合は注意が必要です。やる気がでない状態が長続きする場合は、ひきこもりやうつ病にかかるなど精神的な健康に悪影響をもたらす可能性があります。以下のコラムで対処法をご紹介しますので、予防として参考にしてみてください。

*長所
あなたのやる気がでない気持ちは、ない~少ない状態です。現在バランスの良い活き活きとした生活を送れている方が多いでしょう。気力がみなぎり目標を持って課題をこなしているのではないでしょうか。ぜひこれからもその調子で、毎日を過ごされてみてください。


*注意点
ここに該当したあなたはほとんど問題はありません。しかし、ふとした環境の変化やあなた自身の考え方・価値観の変化でやる気がでない気持ち強くなることがあります。精神的な健康面を維持する意味でも、やる気がでない感をためないようにこれからも気を付けてみてください。以下のコラムで予防的な対策をお伝えしますので参考にしてみてください。

この診断を友達に伝える


あなたの診断結果

コミュニケーション講座について♪

コラム1は折り返し地点です!ここで少しだけお知らせをさせてください♪ 私たち臨床心理士・精神保健福祉士は、暖かい人間関係のある社会を創ることを目的として、コミュニケーション講座を開催しています。

心理療法やソーシャルスキルの練習を勉強したい方はぜひお待ちしています。1人で抱え込まずに、専門家やたくさんの仲間と相談しながら進めていくと、心強いと思います。もしコラムを読んでみて、もっと心理学を学習したいと感じたら、こちらのコミュニケーション能力講座のページを参照ください。それでは先に進みましょう!

① 「失敗は当たり前!60%を目指そう」

やる気がでない原因は「完璧主義」
意外かもしれませんが、「完璧主義者」な人はやる気を失いやすいことが分かっています。1994年の桜井・大谷は、完全主義と無気力の因果関係を研究しました。結果としては、失敗を恐れる完全主義傾向が強い人はは無気力な傾向があることが明らかになったのです。完璧主義の人は常に100パーセント以上の力で物事に取り組みます。しかし、必要以上にエネルギーを使ってしまい、やる気がでない状態になってしまうのです。

  完璧主義
    ↓
  必ず成功しなくては・・・
    ↓
  エネルギーを使いすぎる
    ↓
  燃料切れで無気力になる

という悪循環になりやすくなります。

「腹6分目」の感覚を身に付けよう
やる気がでない原因として完璧主義が当てはまる人は、60~70%ほどの力でこなしていく感覚を身に付ける事が大切です。特に、失敗への恐怖感が強い人は要注意です。「肩の力を抜いた方が実力を発揮できる」と気づき、「腹6分目」の感覚を身に付けることが大切です。失敗するとすごく気にしてしまう…そんな方はコラム②がおススメです。

②「自分」を確立!とやる気がでない自分とお別れ

周りの期待に応えよう!で無気力に
他人に「どう思われるか」を必要以上に気にする方、必ず期待に応えなきゃ!と感じる方は無気力になりやすい傾向にあります。みなさんはいかがでしょうか?特に幼稚園~高校時代など振り返って見てください。「両親の期待を背負っていた」という感覚が強い方は要注意です。「いい子でいないと」と頑張ってきた人は、やる気がでない状態に陥りやすいことが分かっています。

自分らしさを考えよう
人は自分で決めたことに対してはモチベーションが上がるという性質があるのです。やる気がでない状態の逆の理論として「自己決定理論」という言葉があります。これは感覚的にもわかりやすいかと思います。他人から「仕事をしろ!」と言われると強制された感じがしてやる気がでないですが、自分から「この仕事がやりたい!」と思ったものは自然とやる気がでてきますよね。

では、どうすれば私たちは自分の意思で物事を決めることができるのでしょうか?一つの手がかりとしてアイデンティティ(自分らしさ)の確立がカギになると思います。やりたいことがない、自分で決断することができない…という方はコラム③がおススメです。

③健康がやる気を高める

やる気をでないのは「脳」が影響?
睡眠が不規則、身体の不調、食生活の乱れがあるとモチベーションが上がりにくいと言われています。例えば、充分に睡眠によって様々な脳内物質が分泌されます。

その脳内物質の中には、やる気と深く関わっている「セロトニン」「ドーパミン」「アドレナリン」などが含まれているため、寝不足や不規則な睡眠によって3つの脳内物質が分泌されにくい状態が続くと、日中に無気力になってしまうというメカニズムが完成します。仕事が不規則な人は要注意ですね。

体調を万全にしよう
まずは食生活や睡眠から見直すことが大切です。コラム3では、やる気がでない状態から抜け出す身体の面からのアプローチについて解説していきます。最近体がだるくてやる気がでない…、不規則な生活が続いている…という方は、コラム④を確認してみてください。

やる気がでない!は改善できます

ここまで、やる気がでない原因と解決策をご紹介しました。やる気がでない原因としては「完璧主義者」「自分らしさの欠如」「体の不調」の3つでしたね。

これからご紹介する改善方法を知ることで、無気力状態から抜け出し、やる気と自信に満たされた生活を目指しましょう。きっと毎日が楽しくなりますよ。1日では難しいと思うのでブックマークしてゆっくり取り組んでみてくださいね(^^)

次回は、やる気がだすための1つ目の方法「失敗は当たり前!60%を目指そう」についてご紹介します。お楽しみに!(もう少し下に次のコラムボタンがあります)

★ やる気がでない場合は頑張りすぎず、自分の意思で決断!そして健康的な生活を

*出典・参考文献
・対人援助職従事者におけるバーンアウトと感情労働の関係性について 49 事例分析を通した検討
・桜井茂男・大谷住子 完全主義は無気力を予測できるのか 奈良教育大学教育研究所紀要 1995,31, 171–175. 
・認知行動療法を学ぶ(2011,下山晴彦編 金剛出版)
・認知行動療法(1995,坂野雄二 日本評論社)
・川島書店 山口 創著  よくわかる臨床心理学



やる気がでない原因を解説